ひまつぶし系記事

スポンサーリンク
ひまつぶし系記事

【PC・スマホでプチ旅行 3】国歌と共に雄大な北米南米を映像巡り

西欧編、東欧北欧編に次ぐ人気シリーズ第三弾! 北米と南米の計10カ国(グリーンランド、カナダ、アメリカ、メキシコ、キューバ、コロンビア、ブラジル、ペルー、チリ、アルゼンチン)を縦断するコースです。国歌と共に雄大な国々の映像巡りをぜひご堪能下さい。
ひまつぶし系記事

【PC・スマホでプチ旅行 2】国歌と共に美しい東欧北欧を映像巡り

第一弾の西欧編に次ぐ第二弾です。ギリシャを起点に東欧(ブルガリア・ルーマニア・ハンガリー・スロバキア・チェコ・ポーランド)、次いで北欧(デンマーク・ノルウェー・スウェーデン・フィンランド)を巡り終着国はロシア。新たな疑似旅行をぜひお楽しみ下さい。
ひまつぶし系記事

【PC・スマホでプチ旅行 1】国歌と共に美しい西欧諸国を映像巡り

国歌とともに美しき西欧諸国をバーチャル旅行! 訪れるのは、イタリア、スイス、オーストリア、ドイツ、オランダ、ベルギー、ルクセンブルク、イギリス、フランス、スペイン、の10カ国です。大人気の旧ソ連国歌もオマケで登場! 暇潰しや旅行のご参考にぜひ! 
スポンサーリンク
ひまつぶし系記事

昭和日本を代表する有名な船、宗谷 南極観測船以外の歴史や活躍とは

日本の初代南極観測船として有名な「宗谷」。戦前より、商船、海軍特務艦、復員船、引揚船、灯台補給船、とそれ以外の活躍も多数あり、数々の修羅場を潜り抜けた奇跡の船としても有名です。今回は昭和日本を代表する船「宗谷」の南極観測船以外の顔をご紹介。
ひまつぶし系記事

過酷な勤務地と生活実態 観音埼に始まり女島に終わった日本の灯台守

人の寄り付かない険しい島や岬の先端などで船の安全を見守り続ける灯台。それを住み込みで保全管理する人々が灯台守です。過酷な自然と孤独な環境を余儀なくされ、適応できずに発狂死する者も。今回は灯台の起源や歴史と併せ、今は無き日本の灯台守についてもご紹介。
ひまつぶし系記事

家族の死後に必要な手続きと流れ 自殺等の異状死体は検視検案解剖に

病死の他、事件や事故や災害等による様々な死。医師の管理下にない異状死には死亡診断書ではなく死体検案書が必要とされます。その場合、検視や検案といった特殊な経緯を経て状況次第では解剖も。今回は日本国内で死を迎え、荼毘に付されるまでの一般的な流れをご紹介。
ひまつぶし系記事

【小倉百人一首】完全一覧!現代語訳と読み札画像付で歌番号順に掲載

歌がるたや坊主めくりなど家族みんなで楽しめる小倉百人一首。元は鎌倉時代に編集された歌撰で、藤原定家が100人の歌人の優秀な和歌を一首ずつ色紙にしたためたものがその原型です。今回はその歌番号100番までの全てを現代語訳とともに読み札画像付でご紹介。
ひまつぶし系記事

元日本兵小野田少尉も出身 旧陸軍極秘のスパイ養成機関中野学校とは

太平洋戦争直前、諜報謀略防諜の必要性から日本にスパイ養成機関が誕生。映画化もされましたが、旧日本兵がフィリピンルバング島のジャングルで発見され一躍有名に。彼はその姉妹校の出身でした。今回は小野田寛郎元少尉の人物像と併せ陸軍中野学校をご紹介。
ひまつぶし系記事

地球は小さな点 セーガンが最後に撮らせたボイジャーの有名写真とは

地球から最も遠い人工物ボイジャー1号。木星や土星を調査したNASAの宇宙探査機です。彼の撮影した有名な写真がほぼ見えない地球「ペイル・ブルー・ドット」。故カールセーガン氏の平和への想いがこの1枚に凝縮しています。偉大なるボイジャー兄弟と併せご紹介。
ひまつぶし系記事

暗殺で有名なイスラエルのスパイ組織 世界最強の諜報機関モサドとは

米国のCIAやNSA、英国のMI6をも上回る世界最強の対外諜報機関がモサド(イスラエル諜報特務庁)です。情報収集や元ナチス戦犯の逮捕、敵対国への攻撃や要人の暗殺等が主な任務でユダヤ人社会の平和と存続のために設立されました。果たしてその実態やいかに!
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました