忍者熊 “オソ” はその後どうなった?北海道牧牛連続殺傷事件の全容や結末とは

〖ひまつぶし系記事〗
忍者熊 OSO 18 神出鬼没のお騒がせヒグマ 4年間で襲った牛は 66 頭 最後は人間様の胃袋に
〖ひまつぶし系記事〗
〚記事内に広告含む〛
スポンサーリンク

【はじめに】

駆除直後の “忍者熊” こと「OSO18」 提供:釧路総合振興局

2023 年 7 月 30 日、北海道釧路(くしろ)のとある牧草地で 1 頭の大きなヒグマが 1 人の役場職員によって射殺されました。

同じ場所で複数回目撃され、ヒトへの警戒心も薄そうなことから “危険熊” と判断されての結果です。

「OSO18」の肉料理 東スポチャンネル より

仕留められたは即座に解体業者へと引き渡され、通常通り各部位ごとにの塊へと姿を変え、地元や都会のジビエ料理専門店等へと売りさばかれました。

が、なんと射殺後3週間近くも経過してからその“ヤツ”だったことが判明。

東京の某ジビエ料理店の店主曰く、仕入れた熊肉“ヤツ”だと知らされたその瞬間、ちょうどそのを焼いている真っ最中だった、とか。(下に動画あり)

“ヤツ” とは、約 4 年間、北海道東部の標茶(しべちゃ)厚岸(あっけし)で次から次へと牧牛を襲いまくり、地元やメディア等を存分に賑わせてきた大型の雄ヒグマ「OSO18(オソじゅうはち)のことです。

痕跡をほとんど残さず、なかなかその姿を捉えられぬことから「忍者熊」との異名も。

…にもかかわらず、何とこれまで一切被害報告のなかった釧路の地にて “寝耳に水” の急展開を見せ、事件は突如として終結に。

4 年間もの大騒ぎは一体なんだったんだ???

てなわけで今回は、この “モサドエージェント” さながらのコードネームを持つ、北海道東部地域における牧牛連続殺傷犯「OSO18」 の実像やその末路、& 事件の経緯や全容等を詳しくご紹介。

「OSO18」なるコードネームは、最初の事件現場、標茶町「オソツベツ」地区の頭の2文字 “オソ(OSO) と、現場に残されていた足跡(前足)の幅 18㎝ を合体させてそう命名されたものですが、のちの発表では足幅は 16㎝ ~ 17㎝ 程度であろう、と修正がなされています。
が、駆除後の実測ではなんと 20㎝ あったとか…
なお、「OSO」とはスペイン語で「熊」の意味だそうですが、これは単なる偶然の一致だそうです。

“ヒト” への被害こそなかったこの事件ですが、被害に遭われた酪農家さん曰く、
『高い時で乳牛 1 頭あたり 100 万円位の値が付くため、救済金で支払われる約 20 万円を差し引いた分の約 80 万円が赤字になります』
とのことなので、乳牛を何頭も殺された農家さんの痛手はかなりのものです。



Hulu

【参考動画】 東スポチャンネル

〖【OSO18】牛 66 頭襲撃のヒグマ「OSO18」を食べてみた! 駆除後に人形町でジビエ料理になっていた!〗

約 6 分半
スポンサーリンク

忍者熊「OSO18」の概要

無人カメラが捉えた「OSO18」 提供:北海道標茶町

被害拡大を食い止めるため、行政により対策本部が設けられ、何度も作戦会議が繰り返され、猛者ぞろいのハンターチームまで組織されて厳重なる警戒網が敷かれていましたが、それをあざ笑うかのようにどんなワナをも巧みにすり抜け、姿を直接目撃した者はほぼなく無人カメラに捉えられたのもほんの数枚、という恐るべし忍者熊「OSO18」
「OSO18」だと気付いてないだけで実際は多くの人に目撃されているのでは、との見方も)

足跡など、通常は残ってて然るべき痕跡もほとんど残さず、ヒグマ特有のエサへの執着(普通はしつこく食べ続けたり、食べ残しがあれば再び現場へ戻ってくる)もほぼ見せず、プロのハンター達を何年ものあいだ翻弄させ続けてきた、まさに “忍者”

猟銃使用の禁止時間帯や禁猟区域などを把握しているかのような出没をも繰り返していたことから、『「鳥獣保護法」すらも熟知しているのでは』、などとも言われ不気味がられていました。

が、前述のごとく、事件は 2023 年 7 月 30 日に釧路町の牧草地にて急展開。

“人に姿を見せない” と騒がれた忍者熊の最期は、皮肉にも “人に何度も姿を見せた” ことが原因で、しかも、“普通の役場職員(ハンター有資格者)” の方“普通のヒグマ” だと思われ “普通に駆除” されたという、何だか拍子抜けとも思える突然の幕引きを迎えたのでした。

「OSO18」だと判明したのは、

『まさかとは思ったけど、そこそこ大きかったことから後で何となく気になって念のため鑑定に回した』

ことによるたまたまの結果なんだとか。

つまりは、この役場職員の方が “何となく気に” ならなかったなら、あわや “迷宮入り” になっていたとこで、周辺地域の人々はこの後何年にも渡って忍者熊に怯えながらの生活を余儀なくされたに違いありません。

釧路町長さん、冬のボーナスは弾んであげて下さい。

スポンサーリンク

「OSO18」の外見的特徴

無人カメラに捉えられた「OSO18」のカラー写真 提供:標茶町

“スゴい熊” といったイメージが持たれていますが、特別巨大でも賢いわけでもない、ごく普通の雄ヒグマですよ』

と、地元対策班のリーダーの方がいつぞやどこかの報道番組でおっしゃってましたが、もしこの “イメージ” と “実物” に大きなギャップがあったとしたならば、情報提供等の弊害になっていた可能性は大いに考えられます。

ただ、以下混乱を生じさせるような記事等もあって、“普通のヒグマ” だったのかどうなのかはかなり玉虫色です。

「OSO18」が駆除されたのは 7 月末。
その時点で 330 キロもあったとなると、冬眠前の 12 月ごろには 500 キロ近くに達していた可能性がある。
それほど巨大なオスのヒグマだった。

PRESIDENT Online

2022 年 7 月の襲撃例では、殺した牛の内臓をその場で食べ、翌朝に約 100m 離れた沢まで引きずって行って肉も食べるなど、餌に執着するヒグマならではの習性も見てとれる一方、2023 年では牛のロースのみを食べる偏食パターンも見せ、混乱を生んでいた。
また、罠を回避して餌を摂食することから高度な知能を持つこと、食べ残した肉を放置することから殺戮を楽しんでいることも噂された。

Wikipedia

スポンサーリンク

駆除前の推定値 等

STV NEWS より
無人カメラに捉えられた「OSO18」
無人カメラに捉えられた「OSO18」

提供:標茶町

駆除後の実測値 等

体重計測中の「OSO18」 HTB NEWS より
  • 年齢不明
  • 体長 210 ㎝(実測値)
  • 体重 330 ㎏(推定値)
  • 前足幅 20 ㎝(実測値)
  • 顔に 4 か所の傷
  • 手足に皮膚病
  • やせていた

釧路総合振興局会見にて

“年齢不明” なのは年齢を割り出すために必要とされる下あごの歯がすでに失われていたため。
“体重が推定値” なのは計測された時点ですでに内臓が取り除かれていたため。

【参考動画】 HTB 北海道ニュース
スポンサーリンク

即完売した「OSO18」の通販肉

「釧路丹頂商店」ネット通販画面

なお、解体された「OSO18」は各料理店等へ卸された他、地元の商店より【oso18 忍者ヒグマ】なる商品名で各部位ごとにインターネット販売もなされたようですが、あっという間に売切れとなったそうです。(写真参照)

ちなみに、

熊の肉にはトリヒナという寄生虫が存在し、感染すると死に至るケースもある。熊肉の調理には注意が必要だ』

とおっしゃっている方(ノンフィクション作家の《中山 茂大》氏)もおられますので、“熊肉” に興味を持たれている方は十分にご注意あれ。

【超巨大ヒグマ 参考写真】

430㎏ の超巨大ヒグマ(2013 年 1 月撮影) 提供:NHK
写真は「OSO18」の対策メンバーの一人であり、猟銃歴 50 年以上 & ヒグマハンターの “神” 的存在でもある《赤石 正男》(写真の人物)が、2013 年 1 月に仕留めたとされる 430㎏ もの超巨大ヒグマ
「OSO18」が、もし冬眠前に 500㎏ 近くもあったとしたらこれよりもっとデカかったことに…
山中でいきなり出くわしたらと考えるとゾッとします。
「釧路総合振興局」の会見によれば、「OSO18」を仕留めた役場職員の方の顔や名前等の詳しい情報は本人の意向などもあって伏せられているということです。
とりあえず “鹿” の駆除を目的として一人で出向き、たまたまこのような結果になってしまったんだとか。
何発発砲したのかは不明ですが、一発が首に、二発が頭部に命中したとのことです。
スポンサーリンク

事件発生から結末までの大まかな流れ

 2019 年 7 月 16 日、北海道標茶町での被害を皮切りに近辺で次から次へと乳牛が襲われる。

「OSO18」に襲われた乳牛一例(NHK より)

2019 年だけでも 28 頭が襲われ、2021 年以降は隣の厚岸町にまで被害が拡大。
事件開始から事件終了直前の 2023 年 6 月までに襲われた牛は両町あわせて計 66 頭で、うち 32 頭が死亡

 行政によって対策本部が設けられ、リーダー 1 名・ハンター 11 名からなる計 12 名の機動部隊が結成されるも、一向に 捕獲・駆除 に至らず被害は拡大の一途をたどる。

対策会議(左端が対策班リーダー)
ハンター(右が前述の赤石正男氏)
日本で使用可能な最大口径の猟銃

NHK より

 2023 年 7 月 28 日、北海道釧路町の牧草地で 1 頭のヒグマ(「OSO18」かどうかは不明)が役場職員(猟銃免許あり)によって目撃される。

❹ 2023 年 7 月 30 日、単独で “鹿” の駆除に出向いた同役場職員が、一昨日と近い場所で再びヒグマを目撃し、前回目撃したヒグマと同一である可能性が高く、また、人への警戒心も感じられないことから “駆除要” と判断し、午前 5 時ごろ猟銃により射殺

駆除現場とされている牧場 HTB NEWS より
スポンサーリンク

 当該ヒグマが「OSO18」とは考えもしなかった同役場職員は、即日解体業者へと引き渡す。

解体前の「OSO18」 HTB NEWS より

 解体業者より “食肉” として各方面へと売りさばかれる。

肉片と化した「OSO18」
味噌煮込み料理と化した「OSO18」
人間の胃袋へと収まった「OSO18」

HTB NEWS より

 後日、射殺した役場職員が、『あの熊、結構大きかったし、まさかオソでは…』とふと気になったことから、釧路町標茶町を通じて残されていた体毛を DNA 鑑定に。

 2023 年 8 月 18 日、DNA 鑑定の結果、体毛が「OSO18」のものだと判明標茶町に伝えられる。

❾ 2023 年 8 月 21 日、鑑定結果が標茶町より釧路町へと知らされる。

【参考動画】 TBS NEWS DIG

〖異名は “忍者グマ” 乳牛 66 頭を襲ったヒグマ「OSO18」を駆除 捕獲に苦戦してきたワケは?〗

約 5 分半
スポンサーリンク

最後に

NHK より

いつぞや北海道厚岸町の森でヒグマに襲われ、瀕死の重傷を負いながらも九死に一生を得た男性の方が NHK の〖某番組〗にてその脅威を以下のように述べています。

・ロックオンされたら逃げられません
・ヒグマが襲ってくるときは本当に一瞬です
・足音が聞こえた時にはもうかじられていた
・足の半分がえぐられた
・粉砕骨折で骨がバラバラになった

・水道の蛇口をひねった時の水と同じくらいの血が頭から噴き出した
・手足の切断を覚悟するよう主治医に言われた
・あと数センチずれていたら頸動脈であの世行きだった
・鈴やラジオなど鳴り物対策してても襲ってくる熊は関係なく襲ってくる
・何度も練習してたけど腰につけた熊スプレーなど全く間に合わない

彼は一介の旅行者などではない、長年地元の山で林業に携わってこられた方で、当然にヒグマとの遭遇には常日頃から用心しており、“鳴り物” をぶら下げたり “熊よけスプレー” を携帯するなどして最大限の警戒を怠ってはいませんでした。

が、それでもに襲われ、そのスピードとパワーには何をどうすることもできなかったのです。

年々住めるエリアや木の実などが減り続け、も生きるために必死です。

日本最大の獣害事件、【三毛別羆(さんけべつひぐま)事件】を凌駕する悲惨な事件が起こる日もそう遠くはないのかもしれません。

【参考動画】

〖【初証言】肋骨 6 本縫合 100 針 札幌の住宅街でヒグマに襲われた男性語る「恐怖の瞬間」〗

約 6 分半






スポンサーリンク

【オススメ書籍】 吉村 昭 著 「羆嵐」

【羆嵐】内容紹介(Amazon より)

「クマだ」、男の口から、低い声がもれた……。
村を阿鼻叫喚のどん底に陥れた凶暴な肉食獣!
実際の事件を基に、その恐怖を再現する。

北海道天塩山麓の開拓村を突然恐怖の渦に巻込んだ一頭の羆(ひぐま)の出現! 

日本獣害史上最大の惨事は大正 4 年 12 月に起った。冬眠の時期を逸した羆が、わずか 2 日間に 6 人の男女を殺害したのである。鮮血に染まる雪、羆を潜める闇、人骨を齧る不気味な音……。自然の猛威の前で、なす術のない人間たちと、ただ一人沈着に羆と対決する老練な猟師の姿を浮彫りにする、ドキュメンタリー長編。

【本文より】
渡道して以来かれらは、多くの先住者たちから羆(ひぐま)が内地の熊=ツキノワグマとは異った野生動物であることを知らされていた。内地の熊が最大のものでも三十貫(110 キロ余)程度であるのに、羆は百貫を越えるものすらある。また内地の熊が木の実などの植物を常食としているのとは異って、羆は肉食獣でもある。その力はきわめて強大で、牛馬の頸骨を一撃でたたき折り内臓、骨まで食べつくす。むろん人間も、羆にとっては恰好の餌にすぎないという。

スポンサーリンク

巨大人喰い熊を映画に見る

Hulu
スポンサーリンク

【ふるさと納税】 希少なヒグマ肉が味わえる!



【ふるさと納税】の制度をよくご存じない方は以下記事内にて詳しく説明しておりますので、よろしければ併せてどうぞ。

格安国産鰻は実現なるか!養殖の現状や今後と謎多き鰻の生態&豆知識
江戸時代とは違い今や財布泣かせの高級魚「鰻」ですが、完全養殖の成功に続き、大量生産&低予算化が実現すれば激安国産鰻の出現も夢ではありません。今回はそうした鰻の現状、その他生態や豆知識などもアレコレご紹介。なんと日本産高級鰻を超格安で手に入れる奥の手も⁉

おまけ動画

〖【ヒグマ】史上最多の被害…都市の“住宅街出没”の真相とは『every.特集』〗

約 16 分半

〖【ヒグマ】約 300kg の大物を捕獲。追跡から捕獲までを撮影【有害鳥獣駆除】〗
(発砲場面:13 分 55 秒付近)

約 23 分
スポンサーリンク
人気ブログランキング


人気ブログランキングでフォロー
グルメランキング
オカルトランキング
生活・文化ランキング
雑学・豆知識ランキング

【オススメ記事】

ポイ活定番人気サイト選べばコレ!隙間時間にPCスマホで小遣い稼ぎ!
アンケートの回答やゲームで遊ぶだけでポイントが貯まるアンケートサイトやポイントサイト。中でも信頼&実績ある人気どころが「ちょびリッチ」と「infoQ」。ポイントは現金や電子マネーに交換してお好きに使えます。暇な時間を有効活用して小遣い稼ぎ&生活改善!
日本最恐【無想吊橋】ってどこにあるどんな橋?今の現状は?仮想渡橋も可!
日本一怖いとTV紹介もされた静岡県大井川上流域の秘境に架かる無想吊橋。一部の方にのみ有名な林業用に造られた長く高い簡素な吊り橋です。が、老朽化で今や通行禁止に。場所や行き方は?廃林道の現状は?橋の損壊具合は?等、日本最恐吊橋に絡む様々を動画を軸にご紹介。
恐怖妖刀伝説と凄い斬れ味で有名な日本刀〚村正〛 悪い噂の背景根拠真相とは
コスパ最高凄い切れ味(斬れ味)で戦国武士達の心を掴んだ日本刀村正。徳川家臣にも大人気だった名刀です。が、家康祖父の不幸な事件を端緒に江戸時代以降は妖刀たる悪評で有名に。徳川家を滅ぼす?気が狂う?血を求む?奇怪な恐怖伝説が広まったその背景や真相を探る。
映画【八甲田山】は真実?有名な陸軍雪中訓練大量遭難凍死事件の背景全容とは
1902年、史上最悪たる軍訓練中の死亡事故が青森県八甲田にて発生し、今やそこは心霊スポットとしても超有名。事件は小説や映画で世に大きく知られましたが、その内容は本当に真実なのか。今回は未だ真相定かでない八甲田山雪中行軍遭難事件の背景全容を詳しくご紹介。
高給?過酷?有名な噂は本当?謎多き遠洋マグロ漁船の真相実態や現状とは
超過酷と言われる日本の遠洋マグロ漁。その漁船は借金のカタにムリヤリ乗せられるといった都市伝説的噂で昔から有名です。が、実際本当なのか、漁師達の収入はそれほど高額なのか、等、今回は謎多き遠洋マグロ延縄漁の真相実態現状などをマグロ料理のレシピも併せご紹介。
どこが光る?富山産なぜ旨い?全容未解明謎多きホタルイカの生態実態
日本海の春の味覚ホタルイカ。富山湾沿岸では定置網漁と早朝の美しいイルミネーションでも有名です。が、その生態には謎が多く未だ全容は未解明。何のためにどこが光る?富山産はなぜ旨い?今回は下ごしらえ&レシピ動画と併せホタルイカの生態実態を可能な限りご紹介。
格安国産鰻は実現なるか!養殖の現状や今後と謎多き鰻の生態&豆知識
江戸時代とは違い今や財布泣かせの高級魚「鰻」ですが、完全養殖の成功に続き、大量生産&低予算化が実現すれば激安国産鰻の出現も夢ではありません。今回はそうした鰻の現状、その他生態や豆知識などもアレコレご紹介。なんと日本産高級鰻を超格安で手に入れる奥の手も⁉
隠密【江戸城御庭番】は忍者?徳川幕府の将軍直属諜報機関の実像実態とは
江戸幕府で隠密や警備として重用された伊賀甲賀の忍者。彼らとは別に将軍の命令のみで動いたスパイ組織が御庭番です。時代劇では忍者さながらの御庭番ですが実像実態はどうだったのでしょうか。今回は8代将軍徳川吉宗が設立した将軍直属の諜報機関「御庭番」をご紹介。
面白い求愛ダンスで有名な極楽鳥ってどこの国のどんな鳥?爆笑動画有
ド派手な模様や飾りが特徴の極楽鳥(風鳥)のオス。その羽や飾りを駆使して面白い求愛ダンスを繰り広げることでも有名です。40種以上が存在し見た目も様々ながら踊りも様々。中には本番前に雑巾がけする者も。今回はその代表格ともいえる風鳥三者を動画にてご紹介。
真相不明の謎多き人魂 霊か自然現象かその正体実態&発生原因有力説とは
古来より多くの人々に目撃され万葉集にも登場する人魂。日本では死者の魂が宿った火の玉だとされ鬼火や狐火と並び恐れられてきました。が、時代の流れに伴い真相究明を試みる科学者らが出現。心霊現象か自然現象か、果たしてその正体実態や発生原因有力説とは何なのか!
日本唯一の渡り蝶「アサギマダラ」 驚異的距離を飛行する謎多き生態実態
海を越え、驚く距離を旅する日本唯一の渡り蝶アサギマダラ。 中には台湾を越え中国大陸の香港にまで到達した個体も。 マーキング調査の開始以降、飛行距離や飛行日数などその実態が少しずつ解明されてはきましたが、まだまだその多くは謎に包まれています。
オウムAの正体はUFO⁉ 真相解明なるか太陽系外からの謎の飛来物
2017年、ハワイの天文台で正体不明の物体が発見されオウムアムアと命名された。観測史上初の恒星間天体であるが、彗星とも小惑星ともとれぬ観測データからUFO説も浮上。謎多きこの来訪者の正体実態は一体何なのか。最新の有力説や注目の探査計画と併せご紹介。
有名な日本の幽霊船【良栄丸】 食人疑惑も残る太平洋漂流漁船の記録
日本を代表する幽霊船として名高い良栄丸。和歌山船籍の小型マグロ漁船で、大正15年、乗組員12名と共に出漁し北太平洋で行方不明に。アメリカに漂着した彼らは既にミイラ化白骨化しており一説には食人の可能性も。残された航海日誌や遺書等からその航跡を辿る。
少女を誘拐監禁惨殺その血で入浴 中世の超有名史上最恐極悪女の実像とは
中世ハンガリーの貴婦人エリザベートバートリ、またをバートリエルジェーベト。若さと美貌を求め惨殺した少女は数百人。 搾りたての温かい血で入浴するのが彼女の日課でした。血の伯爵婦人ともいわれ、女吸血鬼のモデルともされた史上最恐(狂)たる極悪女をご紹介。
監禁暴行虐殺を実態としたタコ部屋労働の恐怖 現場からは人柱の骨も
明治以降北海道開拓を主に存在したタコ部屋労働。 海のタコ部屋たる蟹工船とともに死者続出の過酷な労働環境が明らかとなり当時の日本を震撼させました。 噂の人柱もトンネルの壁奥から人骨が発見され現実に。 悪名高きタコ部屋労働とははたして何だったのか!
過酷な勤務地と生活実態 観音埼に始まり女島に終わった日本の灯台守
人の寄り付かない険しい島や岬の先端などで船の安全を見守り続ける灯台。それを住み込みで保全管理する人々が灯台守です。過酷な自然と孤独な環境を余儀なくされ、適応できずに発狂死する者も。今回は灯台の起源や歴史と併せ、今は無き日本の灯台守についてもご紹介。
日本の漁場下に巨大な海底火山⁉ 大爆発の可能性ある大室ダシの脅威
伊豆大島すぐ沖の“大室(おおむろ)ダシ”と呼ばれる海底の台地。 すでに活動を終えた海底火山だとみられていましたが、詳しい調査で今でも噴火の起こりうる活火山だと判明。 水深の浅さから、大きな破壊力を伴う“マグマ水蒸気爆発”を起こす危険性も。
ナチスはUFOも開発⁉秘密兵器の極秘書類を手に消えたSS将校の謎
第二次大戦中に画期的な秘密兵器を多数開発したナチスドイツ。大戦末期にこれらを管理監督した悪名高き親衛隊将校がハンスカムラー大将です。服毒自殺した⁇消えた専用機や機密書類は一体どこへ⁇謎多きこの男の実像と併せ有名なロケットやジェット戦闘機もご紹介。
働き蜂の仕事は?驚異の能力って? 謎で不思議なミツバチ界を大解剖!
今回はミツバチシリーズの第3弾で、その主役たる“働きバチ(メスバチ)”についてです。 キャリアに応じた完璧な分業、正確な意志伝達、高精度な方向探知能力、などなど我々の食卓に欠かせないポリネーター(花粉媒介者)達の驚くべき生態や実態をご紹介。
交尾と産卵だけが役割のミツバチの女王蜂 寿命等謎多きその生態実態
一度きりの交尾で一生産卵⁉ シリーズ第2弾はミツバチの女王バチです。 トウヨウミツバチもセイヨウミツバチも基本生態はよく似ており、どちらもその頂点に君臨するのが1匹の女王バチです。 誕生、交尾、産卵など、その謎めいた生態、実態をご紹介。
天敵オオスズメバチへの超有名な必殺攻撃 ニホンミツバチの “熱殺蜂球” とは 
外敵に弱いセイヨウミツバチは自然環境下では即座に全滅を強いられますが、ニホンミツバチ(トウヨウミツバチ)は天敵への強力な対抗手段を持っているため自然環境下でも生きていけます。ミツバチシリーズ第 1 弾は、その強烈な必殺技“熱殺蜂球”のご紹介です。
迫る富士山大爆発の脅威!噴火でどうなる?火山灰での被害や影響は?
「富士山は、いつ噴火してもおかしくない」、と昨今火山学者達がこぞって警戒感を強めているようです。過去のデータには、南海トラフ地震等巨大地震との同時襲来を予感させるような不気味なものも。富士山の噴火が日本一国を崩壊させる危険性すら指摘されています。
買うなら定番人気のスイス製!非常時用の備えに携帯万能ツールナイフ
日常生活の他、旅先やキャンプなどでも大活躍のアーミーナイフ。災害や遭難等の緊急時には命すらも守ってくれます。数ある中で最も歴史が深く信頼できるメーカーがスイスのビクトリノックス社。軍隊でも採用されている有名なブランドで男性へのプレゼントに最適です。
安く面白く内容豊富で大人気!大人も楽しい小学生向け子供新聞は読売!
丸一日勉強漬けの小学生やスマホでゲームばかりの小学生… どちらも将来心配です。そんな子供にぜひ読んでもらいたいのが【読売KODOMO新聞】。日本で最も読まれている小学生用の子供新聞で今や大人にも大人気。内容充実ながら超格安で購読できコスパも抜群!
南極物語裏話!タロジロが奇跡的に生存できた謎&真の理由は別犬の力⁉
1958年、南極昭和基地にて犬ぞり用の樺太犬15頭が諸般の事情から置き去りにされた。その1年後、奇跡的生存が確認されたタロとジロは一躍有名になるが、その陰には2頭を救ったであろう犬がもう1頭いた様子。元越冬隊犬係が真の南極物語を書籍にて説き明かす。
用具一式全てが現地調達返却可!身軽気軽手ぶらで楽しくソロキャンプ!
今や大人気のソロキャンプ。日常を離れ大自然に一人身を浸せば心が大きく洗われます。ただ用具一式の購入は出費もかさみ現地への持ち帰りも面倒。そこで初心者にご紹介したいのがキャンプ用品一式が現地で受け取れ返却も可能なhinataレンタルのサービス...
観光地二食寮付仕事探して爆速貯金!&温泉旅館ナイトフロント経験談
脱都会!地方の旅館やホテルで働きたい方は必見!給料に寮費・食費・光熱費の一部や全部が込の場合も多く短期貯金が目的の方にももってこい!てなわけで、リゾート系の求人で大人気のグッドフェローズを筆頭にその他数社をご紹介。&筆者の温泉旅館ナイトフロント経験談も。
緊急時は試せ!備中の山中で野生猿に遭遇し撃退できた効果絶大対処法
人気のない山奥で空腹の野生猿に遭遇すれば極めて危険です。そしてその恐怖が我が身にも現実に。岡山県備中松山城への山中で多数の日本猿に囲まれたのです。背水の陣の中、ふと猿の蛇嫌いを思い出し、ズボンのベルトを抜いて両手でクネクネ。果たしてその効果や如何に!
大正日本の有名獣害事件を著した小説【羆嵐】にみる巨大ヒグマの脅威
巨体、且つどう猛で頭のいいヒグマ。大正4年、開拓間もない北海道三毛別においてそのヒグマによる悲惨極まりない事件が発生しました。多数の人間が食い殺された日本最大級の獣害です。吉村昭の著書【羆嵐(くまあらし)】がリアリティ豊かに事件の真相を今に伝える。
海水浴に必須の基礎知識 危険な速い引き波 “離岸流” の脅威と脱出法 
暑い真夏の海水浴。即海に飛び込みたいとこでしょうが、離岸流の脅威はご存じでしょうか? 発生地点不明の離岸流は、その流れに捕まれば大人でも逆らうことができず一気に沖へと流されます。パニックに陥り命を落とさないためにも最小限の知識は得ておきましょう。
~ プロフィール ~
アナトミアン

旅好き、映画好き、読書好き、お酒好き、仕事嫌い、の兵庫県在住中年オヤジ。
ブログは無理せぬレベルでマイペースに更新。
電子書籍にて小説3作も販売してますが、内容が内容のため涙を飲んで宣伝自粛(悲)
中盤をこえた残りわずかな人生、お金では買えない何かを求め目下迷走中。

アナトミアンをフォローする
スポンサーリンク
アナトミアンをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました