赤い天然着色料コチニール色素(カルミン酸色素) の正体実態安全性とは!

〖ひまつぶし系記事〗
その美しい赤色はもしや…
〖ひまつぶし系記事〗
〚記事内に広告含む〛
スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに   

スーパーやコンビニなどに行くと、美味しそうに色付けられた食べ物や飲み物が所狭しと並べられています。

そして、イチゴ味にはピンク、ブドウ味にはといったように、あらゆるものに対してそれに見合った色の「着色料」が使用されていることもよくご存知かと思われます。

ただ大半の方が、人工的に作り出されたものが「合成着色料」、天然素材から抽出されたものが「天然着色料」、などといった大まかな認識しかなく、「コチニール色素」なる表示を目にしてもなんら気にもとめないのが現実ではないでしょうか。

コチニール色素の原料元

コチニール色素の提供者、それはズバリ、“虫” です。

アステカ王国やインカ帝国といった古き時代より、衣服や装飾品の赤系染料として用いられてきた「コチニールカイガラムシ(エンジムシ)」の色素が、なんと今現在でも “動物由来の天然着色料” として、食品、医薬品、化粧品など広範囲にわたって使われ続けています。   

コチニール色素の主たる色素成分は、水溶性、耐熱性、耐光性、に優れたカルミン酸といわれるもので、「カルミン酸色素」と表記される場合もあります。

よく知られる飲料、「ファンタグレープ」「ファイブミニ」などにも以前は当色素が使用されておりましたが、現在は他のものに切り替えられております。

スポンサーリンク

品目ごとの具体的表示名

  1. 【医薬品】“添加物” として  ➡ 「コチニール」「カルミン」「カルミン・コンジョウ被覆雲母チタン」「カルミン被覆雲母チタン」
  2. 【医薬部外品】“成分” として ➡ 「コチニール」「カルミン」「カルミン・コンジョウ被覆雲母チタン」「カルミン被覆雲母チタン」
  3. 【化粧品】“成分” として   ➡ 「コチニール」「カルミン」「カルミン・コンジョウ被覆雲母チタン」「カルミン被覆雲母チタン」
  4. 【食品】“原材料名” として  ➡ 「コチニール色素」「カルミン酸色素」「着色料(コチニール)」「着色料(カルミン酸)」   
スポンサーリンク

コチニールカイガラムシ(エンジムシ)の生態   

コチニールカイガラムシ(エンジムシ)とは、ある特定種のサボテンに寄生する虫で、体長 3㎜ ほどのメスの成虫のみが染料として利用されます。

メキシコや南スペインなどいくつかの地域で養殖されていますが、シェアの 90% 以上が南米のペルー一国によって占められているそうです。

※ 画像 Wikipedia より

メス(画像上)➡ 羽がなく、一度サボテンに住み着くと剥がれなくなり、樹液を吸いながら3ヶ月程度生きるそうです。

オス(画像下)➡ メスよりもかなり小さく、羽があり飛ぶことができます。

オスは生まれつき口がなく、「食べる」という行為ができぬまま交尾を終えるとすぐに死んでしまうそうです。

同じ男として涙がこぼれます。

※ 画像 Wikipedia より

スポンサーリンク

コチニール色素(カルミン酸色素)の安全性や危険性

天然着色料=体に害はない、というのが一般的な思い込みかと思われますが、各種研究や実験データなどから、コチニール色素に急性アレルギー反応(アナフィラキシー)」の原因物としての指摘がなされており、中には呼吸困難など重篤な症例報告もあるようです。

コチニール色素によるものと見られるアレルギー反応は、20 代 ~ 50 代の女性に多いらしく、海外製の化粧品(口紅やアイシャドー)や輸入食品による発症がほとんどのようです。

国内製の食品に関しては、タンパク質含有量(いわゆるそのものの成分)の低減化処理が進められていることもあって、アレルギーのリスクは少なくなってきているといわれています。

こうした状況を重く見た消費者庁は、2012 年 5 月、「コチニール色素に関する注意喚起」といったものを発信し、それを元に厚生労働省からは、症例報告などを徹底させるよう関係各方面に対し通知書が発せられました。  

通知書 原文

色素抽出の行程で、タンパク質を完璧に取り除くことは難しいらしく、これがアレルギーの原因だと考えるのが主流とされていますが、一方でタンパク質をほとんど含まない高純度のカルミン酸を用いた実験でもアレルギー発症の可能性が示され、正確なとこはいまだはっきりしていないようです。


人間に何ら害を及ぼすわけでもなく、ただ赤い色を提供するためだけに命を奪われ続けてきたコチニールカイガラムシの怨念によるものかもしれませんね。

昔、回転寿司なんかでよく口にしたであろう「人工イクラ」

「天然着色料」を使用してたってことですが、“コチニール色素” だったのかどうなのかが今さらながら気になります。
「人工イクラ」って何? てな方は以下記事でどうぞ。



スポンサーリンク
人気ブログランキング


人気ブログランキングでフォロー
グルメ・料理(全般)ランキング
雑学・豆知識ランキング
生活・文化ランキング

【オススメ記事】

ポイ活定番人気サイト 選べばコレ!暇潰しはPCスマホで小遣い稼ぎ!
アンケートの回答やゲームで遊ぶだけでポイントが貯まるアンケートサイトやポイントサイト。中でも信頼&実績ある人気どころが「ちょびリッチ」と「infoQ」。ポイントは現金や電子マネーに交換してお好きに使えます。暇な時間を有効活用して小遣い稼ぎ&...
金銀銅賞で商品評価のモンドS 審査の実態&認証受賞の価値や信頼性とは
【金賞】【銀賞】【銅賞】等、輝くメダルマークで有名な各種商品の評価認証機関モンドセレクション。が、あまり知られぬその実態。果たして審査や賞や授賞式の中身はどういったものなのか、受賞に価値や信頼性はあるのか、などなど組織の全貌や現状を動画と併せご紹介。
味や値段や品質は? ダイエー&イオンの旨い牛肉さつま姫牛を大解剖!
ダイエーやイオンでうまいと評判の和牛が鹿児島県産のさつま姫牛です。自社牧場の徹底した管理の元で育てられた極上の雌牛は、それを食す誰の舌をも唸らせます。果たしてその価格・品質・安全性はいかなるものなのか、お得な購入方法やレシピ動画等と併せ詳しくご紹介。
味もレシピも全く別物⁉ 人気の海軍カレー海自カレーのルーツや違い
旨いカレーの代名詞たる海軍カレー&海自カレーですが、両者の違いは果たして何なのか。どのような背景経緯で旧帝国海軍や現海上自衛隊の定番メニューとなったのか。有名な海自恒例「金曜カレー」は海軍由来のものなのか。それらの疑問や歴史を公式レシピと併せご紹介。
女性好みの綺麗な青!美味く美しい人気カクテルが自宅で簡単に作れる!
美しいマリンブルー色で有名な【ガルフストリーム】。ウォッカベースのフルーティーなカクテルで、美味しく飲みやすく女性ウケは特に抜群。材料は少なくご自宅でも簡単に作れます。今回は女性に超オススメの人気カクテル【ガルフストリーム】&そのレシピ等をご紹介。
格安国産鰻は実現なるか!養殖の現状や今後と謎多き鰻の生態&豆知識
江戸時代とは違い今や財布泣かせの高級魚「鰻」ですが、完全養殖の成功に続き、大量生産&低予算化が実現すれば激安国産鰻の出現も夢ではありません。今回はそうした鰻の現状、その他生態や豆知識などもアレコレご紹介。なんと日本産高級鰻を超格安で手に入れる奥の手も⁉
東京の星数は世界一⁉ミシュランガイドの歴史・調査の実態・星の意味とは
世界各地多くのシェフがその掲載や星の増減に一喜一憂。星の数にはどんな意味があるのか、タイヤメーカーが発行しているその経緯は何か、調査方法や掲載基準はどのようなものなのか、等、今回は歴史も古く世界一有名なレストランガイド【ミシュランガイド】をご紹介。
スーパーに並ぶ安くて美味い「パンガシウス」なる白身魚 正体はナマズ⁉
昨今、イオンやコストコなど大手スーパーでも並ぶようになったパンガシウス(バサ)なる白身魚。 主にベトナム産で、世界中に輸出されている魚肉ですが、その正体実態を知らないヒトも多いはず。 今回はウナギの代用にも期待される“うまいナマズ”をご紹介。
「#食品」人気ブログランキング
「#生き物」人気ブログランキング
「#事件事故」人気ブログランキング
「#便利グッズ」人気ブログランキング
「#自己啓発」人気ブログランキング
「#お小遣い稼ぎ」人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
~ プロフィール ~
アナトミアン

旅好き、映画好き、読書好き、お酒好き、仕事嫌い、の兵庫県在住中年オヤジ。
ブログは無理せぬレベルでマイペースに更新。
電子書籍にて小説3作も販売してますが、内容が内容のため涙を飲んで宣伝自粛(悲)
中盤をこえた残りわずかな人生、お金では買えない何かを求め目下迷走中。

アナトミアンをフォローする
スポンサーリンク
アナトミアンをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました