緊急時は試せ!備中の山中で野生猿に遭遇し撃退できた効果絶大対処法

〖ご案内系記事〗
ヤンキーモンキーどっか行きっ‼ 一か八かの… 【野生猿 緊急撃退法】
〖ご案内系記事〗
〚記事内に広告含む〛
スポンサーリンク

【はじめに】

箕面(みのお)の猿 Wikipedia より

各種文献など、古来より日本で最もなじみ深い動物といえば犬や猫よりやっぱ「猿(ニホンザル)」ではないでしょうか。

とはいえ現代における猿のイメージはあまりよろしくはなく、日本各地での猿達によるさまざまな被害はみなさんもよくご存知かと思われます。

わが地元にも「箕面(みのお)」というワンパク猿で有名な地域があり、ワタクシ自身もバッグからサンドイッチを取り出した瞬間に奪い去られたことがありました。(上写真参照)

その時の形相たるや、牙を激しくむき出して凄かったのなんの。

一匹の猿にさえ大きな身の危険を感じたのに、もし人気のない山奥で無数の猿の群れになど出くわしたなら…

そんな恐ろしい状況がある日ある場所にて現実のものとなりました。

てなわけで、今回はとある旅先にて体験した “猿物語” を対処法つきでご紹介。

とはいえ、ここに言う「対処法」は一般的に認められているものではなく、仮に試されて効果がなくても責任は持てませんので悪しからずご了承下さい。

スポンサーリンク

【事件現場】岡山県備中松山城の手前山道

高梁市 HP より

JR 岡山駅より特急に乗って 30 分ほどの高梁たかはし(上地図参照)は城下町として知られる観光地で、山のてっぺんには重要文化財の天守を持つ「備中松山城」があって町を見下ろしています。

町一番の観光スポットでもあり、曜日や時間帯によっては訪れる人も多いのでしょうが、ワタクシが訪れたのは平日で、しかも人気のまったくない閉館前の夕方。

この城、季節によっては雲海に囲まれるほど標高の高い山城としても有名で、車やタクシーなどが乗り入れられるのは途中の駐車場まで。

そこから城までは木々に囲まれた山道を 20 分ほど歩かなければなりません。

城内見学を終えたワタクシに事が起こったのはまさにこの区間です。

【参考動画】

約 7 分
スポンサーリンク

日本猿の “超” 大群に遭遇

イメージ

「ん ??」

薄暗い中、山道を下っていると遥か前方におびただしい数のうごめく “何か” が。

そしてすぐ横から

「ガサガサッ !!」

突然の物音にギョッとして覗き込むと、無数の猿が木の上や木の間からこちらをジーッと見ているではないか。

後ろを振り返るといつの間にやら背後にもウジャウジャ。

前方のおびただしい “何か” も近づいてくるにしたがい猿だということが判明。

いったい何匹いたのか分かりませんが 100 匹どころではなかったかと思われます。

ピンチな状況の中、さらにヤバイことに背中のリュックにはおにぎりやお菓子が…

猿達はジーッこちらを睨みながら「ボスの突撃命令」でも待っているかのごとく異様な雰囲気。

「そういや…」

以前どこかで読んだ何かの本に「猿はヘビが大の苦手」とあったのをふと思い出した。

咄嗟の思い付きでズボンのベルトを手早く抜き取り、両手で持ち上げた瞬間猿達の様子が激変 !

スポンサーリンク

猿はベルト一本で撃退できる ! …カモ

両手で持ち上げたベルトを生きているヘビのようにグニャグニャと動かすと、猿達はギャーギャー大騒ぎしながら暗い山中へと一匹残らず姿を消しました。

シーン…

これまでの光景が嘘だったかのような静寂がよみがえり、あとは何事もなく無事生還することができました。

ヘビだと思って逃げたのか、はたまた他に原因があったのか…

実際のとこはよく分かりませんが、血気盛んなヤンキーモンキーとどこかで対峙するハメになった際にはダメ元で試してみられることをオススメします。

以上、猿のいそうな場所へ赴く際はできるだけベルトつきの服装にいたしましょう !

高梁市の HP によると備中松山城周辺の猿は基本的にはおとなしく、また現在は以前より広い範囲を遊動しているため城の周辺に出没することは少なくなっているそうです。

【参考動画】

〖はじめて本物のヘビを見たお猿さん…「危険」と判断する本能やばすぎる…!!!〗

約 3 分
スポンサーリンク

おまけ(ニホンザルの特徴)

 メスザルを中心に 10 ~ 100 頭ほどの群れで生活

 オスザルは 4 ~ 6 歳くらいで群れを離脱し、単独または複数のオスで行動

 視覚・聴覚・嗅覚・触覚・味覚 は人間とほぼ同じ

 雑食性だが、辛さ・におい・アク の強いものはあまり食べない

 ジャンプ力は約 2 メートル

 人間の幼稚園児程度の学習能力や記憶力を持ち、美味しいものの場所や恐怖体験は忘れない

 試行錯誤はできるが応用力はない

 2 ~ 3 年に一度、一頭のみ子を出産する




スポンサーリンク
人気ブログランキング


人気ブログランキングでフォロー
生活・文化ランキング
旅行・観光ランキング
雑学・豆知識ランキング

【オススメ記事】

ポイ活定番人気サイト選べばコレ!隙間時間にPCスマホで小遣い稼ぎ!
アンケートの回答やゲームで遊ぶだけでポイントが貯まるアンケートサイトやポイントサイト。中でも信頼&実績ある人気どころが「ちょびリッチ」と「infoQ」。ポイントは現金や電子マネーに交換してお好きに使えます。暇な時間を有効活用して小遣い稼ぎ&生活改善!
日本最恐【無想吊橋】ってどこにあるどんな橋?今の現状は?仮想渡橋も可!
日本一怖いとTV紹介もされた静岡県大井川上流域の秘境に架かる無想吊橋。一部の方にのみ有名な林業用に造られた長く高い簡素な吊り橋です。が、老朽化で今や通行禁止に。場所や行き方は?廃林道の現状は?橋の損壊具合は?等、日本最恐吊橋に絡む様々を動画を軸にご紹介。
映画【八甲田山】は真実?有名な陸軍雪中訓練大量遭難凍死事件の背景全容とは
1902年、史上最悪たる軍訓練中の死亡事故が青森県八甲田にて発生し、今やそこは心霊スポットとしても超有名。事件は小説や映画で世に大きく知られましたが、その内容は本当に真実なのか。今回は未だ真相定かでない八甲田山雪中行軍遭難事件の背景全容を詳しくご紹介。
謎多き現場と変死体 解明なるか超有名ロシア雪山遭難事件の真相全容
遺体の状況等不可解な事実が多く、未だ真相不明のディアトロフ峠事件。旧ソ連の若者ら9名がウラル山脈で変死した世界一有名であろう雪山遭難怪死事件です。雪崩に殺人にUFOに雪男… 諸説渦巻くその真相全容は何なのか、綿密な調査検証を元に某動画が解き明かす。
買うなら定番人気のスイス製!非常時用の備えに携帯万能ツールナイフ
日常生活の他、旅先やキャンプなどでも大活躍のアーミーナイフ。災害や遭難等の緊急時には命すらも守ってくれます。数ある中で最も歴史が深く信頼できるメーカーがスイスのビクトリノックス社。軍隊でも採用されている有名なブランドで男性へのプレゼントに最適です。
南極物語裏話!タロジロが奇跡的に生存できた謎&真の理由は別犬の力⁉
1958年、南極昭和基地にて犬ぞり用の樺太犬15頭が諸般の事情から置き去りにされた。その1年後、奇跡的生存が確認されたタロとジロは一躍有名になるが、その陰には2頭を救ったであろう犬がもう1頭いた様子。元越冬隊犬係が真の南極物語を書籍にて説き明かす。
用具一式全てが現地調達返却可!身軽気軽手ぶらで楽しくソロキャンプ!
今や大人気のソロキャンプ。日常を離れ大自然に一人身を浸せば心が大きく洗われます。ただ用具一式の購入は出費もかさみ現地への持ち帰りも面倒。そこで初心者にご紹介したいのがキャンプ用品一式が現地で受け取れ返却も可能なhinataレンタルのサービスです。
場所はどこ?今の現状は?江戸期佐渡と並び有名栄えた九州の巨大金山とは
世界遺産への推薦が決定した新潟県の佐渡金山。日本最大の金鉱山として有名ですが、鹿児島県にもこれに匹敵する金山が存在していました。発見は鎌倉以前だとも言われ江戸時代には産出量日本一にも。今回は旧薩摩藩の財政を大きく潤した山ヶ野金山の歴史や現状をご紹介。
面白い求愛ダンスで有名な極楽鳥ってどこの国のどんな鳥?爆笑動画有
ド派手な模様や飾りが特徴の極楽鳥(風鳥)のオス。その羽や飾りを駆使して面白い求愛ダンスを繰り広げることでも有名です。40種以上が存在し見た目も様々ながら踊りも様々。中には本番前に雑巾がけする者も。今回はその代表格ともいえる風鳥三者を動画にて...
大正日本の有名獣害事件を著した小説【羆嵐】にみる巨大ヒグマの脅威
巨体、且つどう猛で頭のいいヒグマ。大正4年、開拓間もない北海道三毛別においてそのヒグマによる悲惨極まりない事件が発生しました。多数の人間が食い殺された日本最大級の獣害です。吉村昭の著書【羆嵐(くまあらし)】がリアリティ豊かに事件の真相を今に伝える。
~ プロフィール ~
アナトミアン

旅好き、映画好き、読書好き、お酒好き、仕事嫌い、の兵庫県在住中年オヤジ。
ブログは無理せぬレベルでマイペースに更新。
電子書籍にて小説3作も販売してますが、内容が内容のため涙を飲んで宣伝自粛(悲)
中盤をこえた残りわずかな人生、お金では買えない何かを求め目下迷走中。

アナトミアンをフォローする
スポンサーリンク
アナトミアンをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました