どこが光る?富山産なぜ旨い?全容未解明謎多きホタルイカの生態実態

〖ひまつぶし系記事〗
どこが光る? 富山産はなぜ旨い? 謎多き生物【ホタルイカ】
〖ひまつぶし系記事〗
〚記事内に広告含む〛
スポンサーリンク

【はじめに】

【ホタルイカ】定置網漁 とやま観光ナビ より

春の味覚としてお好きな方も多いであろう【ホタルイカ】

今や日本国中どこにいてもほぼ口にすることができ、日本酒のアテとしても最高です。

が、2023 年、日本で最も有名な産地「富山湾」においては解禁日の 3 月 1 日 以降未曽有の不漁に見舞われているそうな。

その少なさはハンパなく、解禁日から 1 週間の漁獲量は例年の 1/1000 以下で、例えば 3 月 7 日などはたったの 7 匹だったとか。

【ホタルイカ】の群遊が放つ幻想的な “イルミネーション” がウリの観光船もこれじゃ商売あがったりでしょう。

個人的には【ホタルイカ】など食べるばっかでその生態には何ら興味はありませんでしたが、このニュースを知ってちょいと気になる存在に。

なんでも江戸時代に入るより以前、1500 年代の後半頃には現富山県滑川(なめりかわ)で早くも漁獲されていたという記録が残されているらしく、人間様とのお付き合いもかなり長かろう【ホタルイカ】ですが、“何のために発光するのか” や “発光の詳しいしくみ” など、その生態については未だ謎が多く全容解明には至ってないそうです。

てなわけで今回は、“富山湾の神秘” などとも称される【ホタルイカ】の 生態実態、その他アレコレについてをちょいとばかし探ってみました。

末尾には下ごしらえの仕方やレシピの動画なども貼り付けておりますので、調理未経験の方は一度ご挑戦されてみるなどはいかがでしょうか ?

ちなみに前述の “不漁” はあくまで “富山産” に限っての話であり、【ホタルイカ】そのものが獲れなくなっているわけではないのでスーパーから姿を消すなどは現状ありえないはず。

破格値なのをいいことに、他県産の【ホタルイカ】を一流ブランド「富山産」と偽る悪徳業者が出てこないことを祈るばかりなり。

以下動画は 2023 年、富山県滑川(なめりかわ)漁港における解禁日についてのニュースです。

皮肉にも【ホタルイカ】漁に出た船が【ホタルイカ】以外のイカで一杯になったとか…

【参考動画】

〖「ホタルイカ漁」解禁! でも網を引き上げると大漁の…〗 ANN news CH

約 2 分
スポンサーリンク

【ホタルイカ】ってどんなイカ ?

【ホタルイカ】とやま観光ナビ より

古くより地元富山で「マツイカ」と呼ばれていたものを【ホタルイカ】と命名したのは明治時代の生物学者《渡瀬 庄三郎》なる人物。

なんでも、元は昆虫の「蛍」を研究されていた方だそうですが、その過程でたまたま富山に “光を放つイカ” がいることを知り、興味津々浮気に走ったのがそのきっかけだそうです。

【ホタルイカ】はオスよりもメスの方が 2㎝ ほど胴体が長く、5℃ 以下の冷たい海、かつ、200㍍ を超す深い海に生息していて、その寿命は約 1 年。

【ホタルイカ】=「富山産」=「漁獲量 №1」といったイメージをお持ちの方は多いかもしれませんが、実は「富山湾」よりも遥かに多い漁獲量を誇る日本一は、兵庫県の日本海沿岸、「浜坂漁港」で水揚げされたもの。(2023 年時点)

にもかかわらず「富山産」が有名なのは、歴史の深さに加え、新鮮さ・旨さ が約束される富山湾ならではの “漁法” や、その群れが真っ暗な海面で織りなす美しい “イルミネーション” など、他の産地とは一線を画すものがあるからに他なりません。

ちなみに、兵庫県で【ホタルイカ】漁が開始されたのは昭和 60 年頃だとされており、歴史的に見ればまだまだ新参者です。

【ホタルイカ】は栄養価も高いとされていますが、それについて細かく記す気はございませんので気になる方は以下サイトでどうぞ。

日本食品標準成分表 2020 年版 [ほたるいか・ゆで]

スポンサーリンク

「富山湾」と【ホタルイカ】

数万匹、数十万匹の【ホタルイカ】が海岸近くの浅瀬までやってきて産卵するのは、世界広しといえど日本の富山湾だけに見られる現象だとされ、当然 “光のショー” が拝めるのもここだけのもの。

その希少性から富山湾の “ある一定エリア” についてのみ 【ホタルイカ群遊海面】の名称で「特別天然記念物」として定められ保護されています。(2023 年現在)

というか、【ホタルイカ】そのものを「特別天然記念物」にしてしまうと “漁” も “食” もすべて御法度となるため、苦肉の策として “海面” を指定するなどという異色の結論に達したようです。

「ホタルイカの身投げ」 Wikipedia より

上記特徴が、富山湾の【ホタルイカ】にだけ見られるそのワケは、富山湾独特の地形や一気に深くなる海底構造、また、浅瀬に向かう流れに乗って豊富なエサを追い求めてくるなど、沿岸に寄り付きやすい好条件が揃っているためと考えられているようです。

また、月のない真っ暗な早朝に、発光したまま砂浜に打ち上げられそのまま死に絶える、なんてのも名物?だそうで、この現象を「ホタルイカの身投げ」と言うんだそうです。(写真参照)

Hulu

【参考動画】

〖[富山]ホタルイカの身投げ 〗

5 分
スポンサーリンク

鮮度抜群 ! 富山ならではの漁法「定置網漁」

【ホタルイカ】の定置網漁 とやま観光ナビ より

【ホタルイカ】に限らず、ブリ・スルメイカ・アジ・イワシ など富山県沿岸で行われている漁業の 70% 以上が「定置網(ていちあみ)と呼ばれる富山湾発祥の仕掛けによって行われており、富山県産の【ホタルイカ】が他県産のものに比べ新鮮でウマイのはこの “漁法の違い” によるところが最も大きな理由とされています。

兵庫県産など他県産のものは主に「底引き網(そこびきあみ)を用いた漁法で獲られており、その違いを「金魚すくい」で例えるとするならば、“じっと待ち伏せして真上にきた金魚をそっとすくい上げる ってのが「定置網漁」で、“逃げ回る金魚をしつこく追い回して強引にすくい上げる” ってのが「底引き網漁」って感じではないでしょうか。

その後どちらの金魚のほうが元気で生き生きしているかって話です。

しつこく追い回された金魚は、疲れ果て、傷つき、すくい取れたとしてもそれがもとですぐに死んでしまうかもしれません。

鮮度や味の違いはまさにコレです。

2 種類の漁法を具体的に画で見れば以下の通り。

深い海の底でズルズルと引きずり回され、激しい水圧を受けながら数百メートルもの長い距離を勢いよく巻き上げられた【ホタルイカ】がどういう状態で市場に出回るかはもはや想像に難くないはず。

【定置網漁法】 富山漁連 HP より
【底引き網漁法】 広島漁連 HP より

【参考動画】

〖富山市水橋沖 ホタルイカ定置網漁 2014.4〗

1 分半

〖おいしい日本の伝統漁法~富山湾・ホタルイカ~定置網〗

約 8 分
スポンサーリンク

【ホタルイカ】ってどこが光る ? なぜ光る ?

【ホタルイカ】Wikipedia より

まだまだ全容未解明な 【ホタルイカ】の光” ですが、とりあえず発光器官の場所は以下の 3 か所。

❶ 一対の腕(第四腕)の先端

 目の周り

 ボディの下側

“【ホタルイカ】の光” は明るいながらも熱をまったくもたない「冷光」と言われるもので、 には 3 コずつ計 6 コ には 5 コずつ計 10 コ には 700 ~ 1000 コ程度 の発光器官が確認されています。

よく、タコの足は 8 本、イカの足は 10 本、などと言われたりしますが、イカもタコと同じく “足” は 8 本で、紛らわしい残りの 2 本は獲物を捕らえる際などに使う「触腕(しょくわん)」と呼ばれる “腕” なのです。
さらに言えば、タコもイカも “足” とされているものは、「第○腕」などと名付けられていることからも正式にはその全てが “腕” とも言えるのです。
さらにさらに言えば、雄はそのうちの 1 本が生殖器でもあり、“お役目” の際はちぎれて再びまた生えてくるとされています。
ちぎれてそのまま死に絶える “ミツバチの雄” よりかはまだ恵まれてますが…
“イカの体” の基本構造をさらに詳しくお知りになりたい方は以下サイトにてどうぞ。
〖 青森県水産総合研究センター HP 「イカの体」〗



スポンサーリンク

光る目的は ?

【ホタルイカ】富山漁連 HP より

写真でも煌々と輝いていますが、ちょっと触れられたり驚いたりしただけで即 ビカッ ! と反応するのが “腕” の先端にある発光器官。

最も明るく最も敏感なその特徴から、これは突発的な危険から身を守るために敵を威嚇したり驚かせたりするものであろうと言われており、状況によっては目立つ光をあえて見せることによって敵を誘い出し、際どいタイミングで “パッと消してサッと逃げる” といった頭脳プレー的な使われ方もされていると考えられています。

で、さらに “スゴイ” のはボディ下側にワンサカある発光器官。

下側(海底側)に集中しているその理由は、“下から上を見上げた敵に見つかりにくくするため” とされていますが、何がスゴイのかというと、“海面上から降り注ぐ陽光の強弱などにあわせて発光の強弱や色などもそのつど変えている” ようだってこと。

つまり、発光が強すぎれば明るすぎて目立ち、逆に弱すぎればシルエットが浮かび上がって目立つため、そうならぬよう状況を見定めながら巧みにコントラストの調整をなさっているようなのです。

いやはや、「タコ」のカモフラージュは有名ですが、【ホタルイカ】もなかなかに優秀ではないですか。

ちなみに目の周囲の発光器官については、役割等その全てが未だ謎に包まれているようですが、【ホタルイカ】の目は 水色 の 3 種類が識別でき、光の色や強弱をコントロールしながら仲間と会話のようなことをしているなどとも考えられているため、そのあたりと何かしら関係があるのかもしれません。

スポンサーリンク

「富山湾」はなぜ魚が豊富 ?

富山湾の王様【ブリ】
富山湾の神秘【ホタルイカ】
富山湾の宝石【白エビ】

Wikipedia より

「富山湾の王様」=【ブリ】「富山湾の神秘」=【ホタルイカ】「富山湾の宝石」=【白エビ】、の 3 種(上写真)“富山県の魚” として全国的にも有名ですが、それ以外にも多種多様な魚が生息していることから富山湾は「天然の生簀(いけす)などとも呼ばれています。

その秘密は、ポケットのような湾の形状すぐに落ち込む平均 800㍍ もの水深多くの谷が存在する海底地形、などなど恵まれた自然条件が重なっていることにあり、見られる魚はなんと約 500 種類にも及ぶとされています。

富山漁連 HP より

日本海には日本列島に沿って南から北に流れる暖かな海流「対馬海流」が流れていますが、その一部が富山湾にも流れ込んでくることによって暖水系の魚が多く入り込んできます。

一方、富山湾の深い底の方には対馬海流の影響を受けない 2℃ 以下の冷たい水(「日本海固有水」といわれる栄養豊富な深層水)がドンと居座っており、そこには冷水系の魚が豊富に棲みついています。

つまり、富山湾は冷水の上に暖水が乗っかっているという、いわば “2階建て構造” になっており、あらゆるタイプの魚にとって居心地のいい環境が備わっているのです。

なので、現状スタートダッシュにもたついている富山湾の【ホタルイカ】“大漁” で賑わう日がすぐ訪れるにちがいありません。

そして、どうせ食べるなら本場 富山県「滑川市」の提供する【ホタルイカ】をチョイスし、味わってみたいものです。

スポンサーリンク

本場 富山県産【ホタルイカ】を格安 GET !

【ホタルイカ】の酢味噌和え Wikipedia より

やはりこのテのものを超格安で手に入れるには、「ふるさと納税」を利用するのが最も賢く王道でしょう。

てなわけで、富山県の中でも本場「滑川市」より提供されている “【ホタルイカ】がらみの返礼品” を下にズラッと掲載しておきます。

「楽天」会員の方ならダイレクトにご注文(寄付)可能ですのでよろしければご活用下さい。

なお、「ふるさと納税」のシステムについてあまりご存知ない方は、以下記事内にて詳しく記しておりますので、そちらも併せてどうぞ。

簡単に言えば “数万円の寄付をしても最終的に 2000 円の出費で済ますことが可能” な政府お墨付きのオイシイ制度です。



スポンサーリンク

【富山県産 ホタルイカ】(楽天ふるさと納税 富山県滑川市)

金額等は記事執筆時のものです。
お申し込みの際はリンク先にて再度ご確認をお願いいたします。







スポンサーリンク

おまけ動画

〖【酒の肴】ホタルイカのバター醤油炒めの作り方 簡単レシピ 〗

約 1 分半

〖【板前が教える】ホタルイカの下ごしらえ・冷凍方法と食べ方 〗

約 12 分

〖【板前が教える】ホタルイカの下処理とレシピ3品【アテに最高】〗

約 4 分





スポンサーリンク
人気ブログランキング


人気ブログランキングでフォロー
グルメランキング
生活・文化ランキング
雑学・豆知識ランキング
旅行・観光ランキング

【オススメ記事】

ポイ活定番人気サイト 選べばコレ!暇潰しはPCスマホで小遣い稼ぎ!
アンケートの回答やゲームで遊ぶだけでポイントが貯まるアンケートサイトやポイントサイト。中でも信頼&実績ある人気どころが「ちょびリッチ」と「infoQ」。ポイントは現金や電子マネーに交換してお好きに使えます。暇な時間を有効活用して小遣い稼ぎ&...
高給?過酷?有名な噂は本当?謎多き遠洋マグロ漁船の真相実態や現状とは
超過酷と言われる日本の遠洋マグロ漁。その漁船は借金のカタにムリヤリ乗せられるといった都市伝説的噂で昔から有名です。が、実際本当なのか、漁師達の収入はそれほど高額なのか、等、今回は謎多き遠洋マグロ延縄漁の真相実態現状などをマグロ料理のレシピも併せご紹介。
吊橋で有名な徳島の秘境で味わう祖谷伝統囲炉裏端串料理とそのレシピ
日本三大秘境の一つ、徳島県祖谷渓の有名な絶叫吊橋かずら橋。その地で大人気の郷土料理が、じゃがいも・豆腐・蒟蒻等を串に刺して囲炉裏で焼く味噌田楽の【でこまわし】です。どこで食べれる?どうやって行く?レシピは?等々味わうためのアレコレを動画と併せご紹介。
金銀銅賞で商品評価のモンドS 審査の実態&認証受賞の価値や信頼性とは
【金賞】【銀賞】【銅賞】等、輝くメダルマークで有名な各種商品の評価認証機関モンドセレクション。が、あまり知られぬその実態。果たして審査や賞や授賞式の中身はどういったものなのか、受賞に価値や信頼性はあるのか、などなど組織の全貌や現状を動画と併せご紹介。
味もレシピも全く別物⁉ 人気の海軍カレー海自カレーのルーツや違い
旨いカレーの代名詞たる海軍カレー&海自カレーですが、両者の違いは果たして何なのか。どのような背景経緯で旧帝国海軍や現海上自衛隊の定番メニューとなったのか。有名な海自恒例「金曜カレー」は海軍由来のものなのか。それらの疑問や歴史を公式レシピと併せご紹介。
格安国産鰻は実現なるか!養殖の現状や今後と謎多き鰻の生態&豆知識
江戸時代とは違い今や財布泣かせの高級魚「鰻」ですが、完全養殖の成功に続き、大量生産&低予算化が実現すれば激安国産鰻の出現も夢ではありません。今回はそうした鰻の現状、その他生態や豆知識などもアレコレご紹介。なんと日本産高級鰻を超格安で手に入れる奥の手も⁉
東京の星数は世界一⁉ミシュランガイドの歴史・調査の実態・星の意味とは
世界各地多くのシェフがその掲載や星の増減に一喜一憂。星の数にはどんな意味があるのか、タイヤメーカーが発行しているその経緯は何か、調査方法や掲載基準はどのようなものなのか、等、今回は歴史も古く世界一有名なレストランガイド【ミシュランガイド】をご紹介。
歴史や生産流通の現状は? 珈琲好き必見のうんちく&基本常識豆知識
コーヒー豆の大半は発展途上国が生産地で、国際コーヒー協定の破綻以降はコーヒー豆農家の貧困が一気に深刻化しました。コーヒー豆から麻薬の葉の栽培に乗り換える農家も続出。生産者が適正な報酬を受け取れるフェアトレード商品の更なる認知と普及が今後の課...
回転寿司等に使われた人工イクラの正体や見分け方、安全性や現状とは
高級なイクラの代用品として、昔は回転寿司やファミレスなどで重宝された「人工イクラ(人造イクラ)」。 作り方自体は簡単で、「人工イクラ実験セット」は子供達に大人気だとか。 偶然の開発で日本全国に広く流通した人工イクラ(人造イクラ)を詳しくご説明。
天敵オオスズメバチへの超有名な必殺攻撃 ニホンミツバチの “熱殺蜂球” とは 
外敵に弱いセイヨウミツバチは自然環境下では即座に全滅を強いられますが、ニホンミツバチ(トウヨウミツバチ)は天敵への強力な対抗手段を持っているため自然環境下でも生きていけます。ミツバチシリーズ第 1 弾は、その強烈な必殺技“熱殺蜂球”のご紹介です。
赤い天然着色料コチニール色素(カルミン酸色素) の正体実態安全性とは!
冷蔵庫の中のハムやソーセージ、ご愛用の真っ赤な口紅… よくよく見ると、その成分表示や原材料名のどこかに「コチニール」や「カルミン」といった文字が記されていませんか? もし記されていれば、この記事を読まれるや否やゴミ箱直行になるかもしれません。
適量は?いつ抜ける? 知っておきたい酒飲み必須の基本常識基礎知識
頭痛に吐き気に食欲不振… 二日酔いで辛い思いをするたびに「飲み過ぎに気を付けよう」と心に誓うものの結局は同じことの繰り返し。 アルコール中毒になって後悔するその前に、お酒の怖さを知って自己のアルコール適正量をしっかり把握しておきましょう。
文豪達も通った人気の老舗 京菓子の名店祇園鍵善で味わう絶品葛切り
江戸時代創業、京菓子「菊寿糖」で有名な京都祇園八坂神社門前の老舗【鍵善良房】。そのもう一つの人気商品が著名な文人墨客達にも愛された極上の「くずきり」です。奈良吉野産の葛と沖縄波照間島産の黒糖で作られた黒蜜は絶妙な組み合わせで京都好きの甘党女性は必見!
女性好みの綺麗な青!美味く美しい人気カクテルが自宅で簡単に作れる!
美しいマリンブルー色で有名な【ガルフストリーム】。ウォッカベースのフルーティーなカクテルで、美味しく飲みやすく女性ウケは特に抜群。材料は少なくご自宅でも簡単に作れます。今回は女性に超オススメの人気カクテル【ガルフストリーム】&そのレシピ等をご紹介。
近畿在住者超必見!コープの人気冷凍食品が宅配で簡単格安に手に入る!
大阪・京都・滋賀・奈良・和歌山の各府県にお住まいの方必見!生協の人気食品が通常の半額で手に入れられます。コープきんきが宅配で提供している「おためしセット」がそれです。価格は税込み1,000円か500円で送料は無料。この機会にぜひGETいたしましょう!
【ソムリエ厳選白と赤】フランス産の高級ワインが毎月宅配格安GET!
ワインは好きでも多くの中から価値ある一品を見抜くのは素人には簡単にできません。そこでオススメしたいのが、一流ソムリエ厳選のフランス産極上ワインが超格安で自宅に届くサービスです。コロナ禍での宅飲みに月2本だけ贅沢ワインをプラスさせてはみません...
「#食品」人気ブログランキング
「#生き物」人気ブログランキング
~ プロフィール ~
アナトミアン

旅好き、映画好き、読書好き、お酒好き、仕事嫌い、の兵庫県在住中年オヤジ。
ブログは無理せぬレベルでマイペースに更新。
電子書籍にて小説3作も販売してますが、内容が内容のため涙を飲んで宣伝自粛(悲)
中盤をこえた残りわずかな人生、お金では買えない何かを求め目下迷走中。

アナトミアンをフォローする
スポンサーリンク
アナトミアンをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました