少女を誘拐監禁惨殺その血で入浴 中世の超有名史上最恐極悪女の実像とは

〖ひまつぶし系記事〗
エリザベート・バートリー 私のお風呂は少女の血 史上最恐極悪女
〖ひまつぶし系記事〗
〚記事内に広告含む〛
スポンサーリンク
スポンサーリンク

実在した女吸血鬼 エリザベートバートリ

感情の起伏が激しく攻撃性豊かなのは女性本来の姿かもしれませんが、どんなに残酷な女性も彼女の右に出る者はいないでしょう。

その名は「エリザベート・バートリ」、またを「バートリ・エルジェーベト」

1600 年代のハンガリーの伯爵婦人で、歴史上の残虐非道な女の中ではおそらくトップに君臨しましょう。

若さと美貌のためだけに 650 人ともいわれる少女を殺害し、殺したばかりのまだ温かい血をバスタブに注ぎ入れて入浴していたという狂気に満ちた女性です。

(画像:エリザベート・バートリ Wikipedia より)

体調の悪い時には栄養を求めてか、少女の顔や乳房にも食らいついたといわれ、もはや吸血鬼といわれても不思議ではありません。

日々のメイクに始まり、エステだのダイエットだのとオンナ達の美への追求はとどまることを知りませんが、真っ赤な温かい血に満たされたバスタブでくつろげる女性はそうはいないはずです。

果たしてエリザベート・バートリとはどういった人物だったのでしょうか。

スポンサーリンク

エリザベートの人物像

エリザベートバートリの残虐性を語るうえで、まず外せないとされるのが「近親婚」です。

王家などとも深いつながりを持つバートリ家の家柄は相当に高く、そこに他の血筋が混ざることを嫌ったバートリ家は必然的に近親婚を繰り返すようになりました。

日本では民法で 3 親等内の血族婚が禁じられていますが、これは優生学上「ヤバイ子孫」が誕生しやすいとされているからです。

身体的にも精神的にもです。

その「ヤバイ子孫」が当然のごとくバートリ家に誕生してしまったわけで、エリザベートだけでなく、悪魔崇拝に憑かれた叔父や、相手構わず婦女子を凌辱した兄弟の行為も近親婚による影響であろうといわれています。

(画像:25 歳のエリザベート Wikipedia より)

エリザベートも若いうちからかんしゃくを起こしやすく、精神異常的な言動もしばしばみられたようですが、本格化したのは結婚して以降といわれています。

夫の死後、夫から贈与されていた「チェイテ城」なる城に移り住んでからはその残虐性にも拍車がかかり、若い女への折檻と惨殺が彼女の日課となりました。

今は城跡の一部を残すのみのチェイテ城ですが、見るからに人里離れた「吸血鬼」に相応しい佇まいといったとこでしょう。

チェイテ城跡 Wikipediaより
スポンサーリンク

求(吸)血のきっかけ

チェイテ城の周囲には何もなく、夫も一年のほとんどを軍の指揮官として戦地に出向いていたため、気を紛らわすためエリザベートの日常は贅沢三昧となりました。

男女問わず愛人達との肉欲交歓にも明け暮れ、そんな中で最も執着したのが若さと美貌を保つことだったといわれています。

40 歳もまわり、自身の美貌にも陰りがみえ始めていたある日、大きな転機が訪れました。

若い女中の通す櫛にエリザベートの髪が引っ掛かって何本か抜けてしまったのです。

激怒したエリザベートが凶器を振りかざして折檻した際、浴びた返り血を拭ったその部分だけがなぜか美しく若返ったように見えました。

「私に必要なのは処女の血…」


650 人もの少女を惨殺する「吸血婦人」が誕生した瞬間でした。

スポンサーリンク

エリザベートによる残虐行為の数々

約 650 人ともいわれる犠牲者のまず序盤は手近な若い女中達です。

最初のうちは折檻による精神的満足を得ていただけでしたが、「血」を求めるようになってからは犠牲者の数も膨大なものとなっていきました。

エリザベートのサディスティックな行為は、残虐なことで有名であった夫「ナーダシュディ・フェレンツ 2 世」(画像参照 Wikipedia より)から教え込まれたともいわれており、「鉄の処女」(下記にて説明)による惨殺以外にも以下のような行為が伝えられています。

  • 棒による殴打やムチ打ち
  • 全身にハチミツを塗ってアリにたからせる
  • 爪先に針を突き刺す
  • 柔らかい部分の肉に噛みつき食べる
  • 餓死させる
  • 火傷させた後に凍死させる
  • ナイフで皮膚や性器を切り裂く

などなどですが、おぞましい行為は他にも数限りなくなさっていたかと思われます。

そして、こうした折檻や殺害はエリザベート単独でなし得るのは困難で、これらに協力した(させられた ??)者も複数名存在しました。

近親婚の影響からか、幼い頃より激しい頭痛に悩まされていたエリザベートでしたが、女中の悲鳴を聞くことによってその頭痛がピタリと治まったそうです。

スポンサーリンク

「鉄の処女」とは

エリザベートが考案したともいわれる殺人マシーン「鉄の処女(アイアンメイデン)(写真参照 Wikipedia より)は、旧ヨーロッパの拷問(処刑)器具として世界各地の博物館などに展示されていますが、現存するものはすべて複製品で、実際に存在したかどうかについては疑問視されています。

微妙な “つくり” の違いはありますが簡単に説明しますと…

等身大より一回り大きな「ヒト」を型どったような外観で、観音開きの前面をバカッと開くと内に向かって伸ばされた無数のトゲトゲが出現します。

そして中の空洞にヒトを押し入れて扉をバカッと閉じるとトゲトゲが全身にブスブスブスッてわけです。

エリザベートオリジナルの「鉄の処女」は、流れ落ちた血がそのままバスタブに注がれる「効率」のいい作りになっていたとか。

Hulu

エリザベートの新たなる獲物

若い女中を惨殺し尽くした後、「血の提供者」を城の外に求めたエリザベート農民の娘達を言葉巧みに、あるいは誘拐して城中に監禁し、同様の残虐行為を行いました。

初めのうちこそ死体は城内のあちこちに埋葬されたそうですが、やがてはゴミのように遺棄されるようになり、城の周囲から多数の遺体が発見されるようになったことによって村人達の疑念は確信へと変わります。

しかしながら、城内を捜査するよう然るべき機関に申し出てもエリザベートが有力者であることから長きにわたり黙殺され続けました。

スポンサーリンク

エリザベートの誤算

悪い噂が広まったこともあり、農民の娘を GET することがままならなくなったエリザベートが次なる「獲物」と定めたのは下級貴族の娘達です。

「礼儀作法を教える」などと半ば強制的に招集したその娘達の血も容赦なく搾り尽くしました。

ただ、下級とはいえ新たなる行方不明者が「貴族」の娘達だったことから王家の耳にも入ることとなります。

王家からの不信感も募るなか、監禁されてた一人の少女が城から逃げ出し、一部始終を証言したことによってようやくチェイテ城に強制捜査が入ることとなりました。

放置されたままの無惨な遺体や、息も絶え絶えの少女達…

捜査で入城した兵士達の目に飛び込んできたのはまさに地獄絵図でした。

スポンサーリンク

エリザベートの末路

エリザベートの協力者達は全員捕らえられ、拷問の後ひとり残らず処刑されます。

が、当のエリザベートに関しては、身分の高さやその他諸々の事情から処刑とはされず、チェイテ城の自室にて「生涯幽閉」の判決が下されました。

とはいえ、ある意味処刑以上に残酷な刑かもしれません。

窓や扉など、隙間という隙間はすべて塗りかためられ、24 時間 365 日、暗黒だけの世界にただ放置です。

食事が 1 日 1 回小窓から入れられるだけでトイレもありません。

普通の人間なら 1 ヶ月ももたず発狂死しそうですが、さすがというか、エリザベートはその漆黒の闇の中 3 年半も生き抜きました。

享年 54 歳。

監視の兵に「寒さ」を訴えたそのすぐ後、死が確認されたそうです。

死後、明るみに出されたエリザベートはいかなるおぞましい姿に変貌していたのでしょう。

誰がどこに埋葬したのかは、いまだはっきりしていないそうです。

怪奇スポットとして現在は観光名所ともされているチェイテ城跡。

出没するらしき幽霊は被害者の少女達なのか、はたまたエリザベートなのか…








スポンサーリンク

【単行本のご案内】 「血の伯爵夫人1」・「血の伯爵夫人2」

単行本 表紙
裏表紙 ※ 拡大画像は下

(1)

(2)

裏表紙一部拡大

【電子書籍のご案内】 「血の伯爵夫人 エリザベート・バートリ」

電子書籍

※ 試し読み可

U-NEXT より
スポンサーリンク
人気ブログランキング


人気ブログランキングでフォロー
オカルトランキング
歴史ランキング
雑学・豆知識ランキング

【オススメ記事】

ポイ活定番人気サイト 選べばコレ!暇潰しはPCスマホで小遣い稼ぎ!
アンケートの回答やゲームで遊ぶだけでポイントが貯まるアンケートサイトやポイントサイト。中でも信頼&実績ある人気どころが「ちょびリッチ」と「infoQ」。ポイントは現金や電子マネーに交換してお好きに使えます。暇な時間を有効活用して小遣い稼ぎ&...
【山下清の真実】線路放浪裸姿の乞食旅でお礼に貼絵残すドラマ話は本当?
昭和の人気番組裸の大将放浪記。天才山下清画伯の日本全国ルンペン旅を描いた作品で芦屋雁之助の妙演が受け大ヒット。が、その内容は実際真実?おむすび大好き赤い傘差して線路を歩く?ちぎり絵や貼り絵をお礼に残す?ドラマとはやや違う彼の人生や人物像を詳しくご紹介。
悪臭体液に虫 自死孤独死腐敗遺体の惨状と事故物件の実態現実を書籍に見る
日本で今激増している単身世帯者の病死や自死。統計では賃貸住宅での孤独死者の平均年齢は62歳で中心層は無職の男性。長期の放置遺体はどうなる?悪臭・体液・虫にまみれた部屋はどうなる?等、孤独死・事故物件・特殊清掃等の現状や実態を赤裸々に記した書...
本当は実話?無音巨大原潜をソ連が開発!が内容の米ソ冷戦超大作映画はコレ
ソ連がスクリュー不要の無音推進潜水艦を開発し、核ミサイル満載で米国へ向けやって来る…、という東西冷戦時を背景とした米大ヒット映画が【レッドオクトーバーを追え】です。原作小説はレーガン大統領をも虜にし、フィクションながら真実味をも漂わせる内容で超必見!
暗殺せず別人に改造⁉米ナチ転覆仰天計画H総統女性化作戦の真相全容とは
第二次大戦とユダヤ人虐殺を煽動した旧ナチスドイツの悪名高き独裁者アドルフ・ヒトラー。狂った彼を総統の座から失脚させるべく米諜報機関OSSが極秘に計画したのが珍妙仰天チョビ髭をも落とそうとした女性ホルモン投与作戦。果たしてその全容・背景・成否たるやいかに!
謎多き現場と変死体 解明なるか超有名ロシア雪山遭難事件の真相全容
遺体の状況等不可解な事実が多く、未だ真相不明のディアトロフ峠事件。旧ソ連の若者ら9名がウラル山脈で変死した世界一有名であろう雪山遭難怪死事件です。雪崩に殺人にUFOに雪男… 諸説渦巻くその真相全容は何なのか、綿密な調査検証を元に某動画が解き明かす。
落札額や音色の実力は? 実験では判らぬ最高級弦楽器ストラドの凄さ
世界一有名高額なイタリアの超高級弦楽器ストラディバリウス。中でもアントニオ・ストラディバリ作のバイオリン「レディ・ブラント」は楽器競売史上最高落札額の約13億円。が、目隠し検証実験ではストラドの音色は現代楽器以下とか。実験の信頼性及び真の実力やいかに!
迷路増築怪現象で有名な米ライフル王夫人の巨大幽霊屋敷を映画に見る!
米サンノゼ市の巨大幽霊屋敷ウィンチェスターミステリーハウス。銃器会社2代目夫人の残した奇怪な邸宅で、今や人気の観光施設&映画化もされた超有名な建物です。彼女は何の目的で迷宮を造り、また死ぬまで増築を続けたのか。今回はこの謎多き建物を映画と共にご紹介。
映画でも有名なモーツァルト晩年の未完曲レクイエム 謎の真相はコレ
映画アマデウスでも有名なモーツァルト晩年の謎多き未完曲レクイエム。長年作曲背景は不明でしたが1964年に見事その真相が判明。一体誰が何の目的で作曲を依頼したのか… 今回はその作品完成までの背景に加え、モーツァルトの実像&有名なエピソード等も併せてご紹介。
日本唯一のデスマスク製作所!著名人同様のリアル顔型がお手頃料金で!
死者の顔を石膏等で型取り作る立体的な顔型「デスマスク」。そのリアルさはある意味不気味でもあり日本での歴史や習慣はほぼなし。が、日本で唯一製作会社が存在しその名も【工房スカラベ】。自分の今の顔「ライフマスク」や手足型だけの注文も可能で今後の需要にご注目。
九龍城砦の歴史や実態は?貧困犯罪迷路で有名な香港無法ビル街大解剖!
香港映画等でお馴染みの九龍城砦。かつて中国香港に存在し長らく無法地帯とされた悪名高きスラム街です。内部は昼なお暗く部外者が入れば簡単には抜け出せぬまさに迷宮。が、元は治安維持を目的とした本物の城塞がそこにあったとか。その歴史や実態を動画と併せご紹介。
真相不明の謎多き人魂 霊か自然現象かその正体実態&発生原因有力説とは
古来より多くの人々に目撃され万葉集にも登場する人魂。日本では死者の魂が宿った火の玉だとされ鬼火や狐火と並び恐れられてきました。が、時代の流れに伴い真相究明を試みる科学者らが出現。心霊現象か自然現象か、果たしてその正体実態や発生原因有力説とは何なのか!
ケーキ発言と浪費贅沢ギロチン刑で有名な旧仏王妃《マリーA》の人生実像とは
浪費、贅沢、不倫、賭博など醜聞まみれの旧フランス王妃マリーアントワネット。しかしケーキ云々の悪名高き名ゼリフについては完全なる濡れ衣なんだとか。ベルサイユの片隅で自由奔放に生き、フランス革命とギロチン刑で世を去った若き王妃の実像その他を詳しくご紹介。
安く面白く内容豊富で大人気!大人も楽しい小学生向け子供新聞は読売!
丸一日勉強漬けの小学生やスマホでゲームばかりの小学生… どちらも将来心配です。そんな子供にぜひ読んでもらいたいのが【読売KODOMO新聞】。日本で最も読まれている小学生用の子供新聞で今や大人にも大人気。内容充実ながら超格安で購読できコスパも抜群!
夫奪った後妻妾に先妻本妻大暴れ!古き熱き日本女の復讐奇習を大解剖!
夫を寝取られた女が愛人や後妻に力で復讐する【うわなりうち】。江戸時代まで続いた奇妙かつ有名な風習で、嫉妬に狂った北条政子による亀の前事件は最も有名。当時の女達に認められた恐るべき奇習の全貌実態たるやどんなものだったのか、当時の史料文献をもとにご紹介。
世界三大怪物フランケンシュタイン誕生の背景&女性小説原作者の実像とは
ドラキュラ、狼男と並ぶ有名怪物フランケンシュタイン。その顔は今やすっかりお馴染みですが、原作とは全く違い名前も本来ありません。若く美しい原作者メアリーシェリーはどのような生活環境の中でこの名作を編み出したのか、彼女の実像と併せその背景等を詳しくご紹介。
将軍専用女中軍団〚江戸城大奥〛 階級収入は?子作り相手や現場の実態は?
欲望、確執、嫉妬、が渦巻く男子禁制の女の園、江戸城大奥。将軍の跡継ぎを確実に得ることが大きな役割で、男では将軍のみが自由な出入りを許されました。奥女中達のボスは誰なのか?将軍の子作り相手は誰なのか?などなどベールに包まれたその中身を詳しくご紹介。
小野小町の晩年は醜い乞食⁉ 美貌と逸話で有名な平安歌人の謎や伝承とは
世界三大美人の一人、小野小町。平安時代の歌人で百人一首にも登場する彼女ですが、出生から晩年までその実像はほぼ不明とされ、醜い老婆姿や死後のグロテスクな九相図など美女とはかけ離れた絵もあり。今回はこの謎に満ちた有名人、小野小町の諸説伝承等を詳しくご紹介。
海外の名所をバーチャル旅行2 国歌を耳に 東欧/北欧/ロシア を映像巡り
第一弾の西欧編に次ぐ第二弾です。ギリシャを起点に東欧(ブルガリア・ルーマニア・ハンガリー・スロバキア・チェコ・ポーランド)、次いで北欧(デンマーク・ノルウェー・スウェーデン・フィンランド)を巡り終着国はロシア。新たな疑似旅行をぜひお楽しみ下...
監禁暴行虐殺を実態としたタコ部屋労働の恐怖 現場からは人柱の骨も
明治以降北海道開拓を主に存在したタコ部屋労働。 海のタコ部屋たる蟹工船とともに死者続出の過酷な労働環境が明らかとなり当時の日本を震撼させました。 噂の人柱もトンネルの壁奥から人骨が発見され現実に。 悪名高きタコ部屋労働とははたして何だったのか!
術後は廃人⁉後遺症で殺人も⁉悪魔のロボトミー手術の残酷な真相実態とは
眼球上部のすきまから細長い器具を突き入れて脳の一部を掻き回す。 拷問ではなく、ノーベル賞まで受賞したロボトミー手術(精神外科手術)の標準方式です。 精神病患者への画期的治療法として世界各地へと広まった悪名高き手術とははたしてどんなものだったのか!
「#事件事故」人気ブログランキング
「#歴史人物」人気ブログランキング
「#本の紹介」人気ブログランキング
「#電子書籍」人気ブログランキング
「#映画紹介」人気ブログランキング
~ プロフィール ~
アナトミアン

旅好き、映画好き、読書好き、お酒好き、仕事嫌い、の兵庫県在住中年オヤジ。
ブログは無理せぬレベルでマイペースに更新。
電子書籍にて小説3作も販売してますが、内容が内容のため涙を飲んで宣伝自粛(悲)
中盤をこえた残りわずかな人生、お金では買えない何かを求め目下迷走中。

アナトミアンをフォローする
スポンサーリンク
アナトミアンをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました