隠密【江戸城御庭番】は忍者?徳川幕府の将軍直属諜報機関の実像実態とは

〖ひまつぶし系記事〗
将軍直属諜報機関 江戸城御庭番
〖ひまつぶし系記事〗
〚記事内に広告含む〛
スポンサーリンク

【はじめに】

人気時代劇「暴れん坊将軍で毎回ご登場の「御庭番(おにわばん)

将軍の命令で悪事を探り、ラストのクライマックスでは忍者のようなイデタチで大暴れ !

…てのがお決まりのパターンですが、どうやら実際とはかなりかけ離れた様子。

そもそも彼ら「御庭番」は、いわゆる “忍者” などではなく、紀州藩主だった《徳川吉宗》8 代将軍として江戸城へ移った際、或いは彼の母や子が江戸城へ移った際、それに伴って随行した “元紀州藩士” をその起源としているのです。(元紀州藩士=紀州根来寺の僧兵=根来ねごろ忍者、とする説も一応あり)

幕府正式職としての「御庭番」が発足するまで、それら紀州藩士の一部は形式上「広敷伊賀者(ひろしきいがもの)(江戸城大奥の警備職)に編入されましたが、既存の彼らとは職域も収入も区別され、その主たる任務は当初より “隠密”(諜報活動)とされました。

やがて制度が整い、初代「御庭番」として任命されたのは計 17 名

そして、彼らの家筋(実家 17)、および彼らの弟や次男・三男などで後に「御庭番」に任命された者の家筋(別家 9)、の計 26 家に属す者のみが代々その職を引き継ぐことと定められたのです。(※ 内 4 家については途中で解任)

時には江戸市中にて、時には遥か遠国にて、将軍の “目” となり “耳” となり様々な不正や実態を探索した彼らの実像とは果たしてどういったものだったのでしょうか。

てなわけで、今回は江戸時代、8 代将軍《徳川吉宗》が設立した将軍直属の諜報機関「御庭番」をご紹介。

スポンサーリンク

「御庭番」の設立と位置付け

8 代将軍 徳川吉宗 Wikipedia より
江戸幕府組織図(簡略図)

「御庭番」とは、前述したように 8 代将軍《徳川吉宗》が設立した “将軍直轄” の諜報組織で、幕府においてのポジションは上図の通り。

江戸幕府の政務は、当初より複数名からなる「老中(ろうぢゅう)の合議によって運営されていましたが、将軍によっては最も信頼厚き者を「側御用(そばようにん)「御側御用取次(おそばごようとりつぎ)などに任命し、彼らの意見を老中以上に重きものとしました。

《吉宗》もその一人で、将軍に就任するや否や、側近のほとんどをかねてより信頼してきた紀州藩時代の重臣で固めたのです。

ただ、城の奥深くに籠って外出など滅多にしない将軍はどうしても世情に疎くなりがちで、老中たちに操られることなく政治を主導するためには、自身に代わる “手足”  “目”  “耳” となる者がさらに必要でした。

時代劇「暴れん坊将軍」のごとく “しんさん” などと身分を偽り、将軍自らが城外をウロウロするなどけっしてできなかったはずです。

そうした中で登場することとなったのが、“元紀州藩士” のみで構成された「江戸城御庭番」でした。

かねてより 旗本・御家人を監視” する “隠密”「目付(めつけ)の配下にはおり、また 大名を監視” する「大目付(おおめつけ)などもいるにはいてましたが、他の者に悟られず、スピーディーかつ正確に情報収集するためにはどうしても 将軍直轄” の新たな組織が必要だったのです。

将軍「御庭番」とのやりとりには、基本「側用人」なり「御側御用取次」なりを介しましたが、時には将軍直々に密命を下すこともあったらしく、いかに信頼を寄せていたかが分かります。

三奉行(寺社奉行・勘定奉行・町奉行)など重職にある者たちもしっかり監視対象にされてたそうなので、たとえ身分が低くとも「御庭番」は恐るべき存在だったにちがいありません。

「旗本(はたもと)とは 1 万石以下の将軍直属の家臣(直参(じきさん))のうち 将軍に謁見できる者” をいいます。
同じく直参で、将軍に謁見できない者”「御家人(ごけにん)です。
両者の格差は大きく、「御家人」から「旗本」への昇進はよほどの功績でもない以上はムリでした。
が、将軍の厚き信頼の中で、下っ端の「御庭番」でもその多くは後に「旗本」へと昇進したそうです。
中には「御家人」出身ながら幕府重職たる「勘定奉行」(旗本)にまで取り立てられた者も。

スポンサーリンク

元祖「御庭番」は元紀州藩「薬込役」

鉄砲隊(大坂冬の陣) Wikipedia より

江戸城入りした元紀州藩士 205 名のうち「御庭番」となった 17 名はほぼ全員が紀州藩時代「薬込役(くすりごめやく)という役職に就いていた者でした。(1 名のみ「馬の口取」= 馬の引き役 より任命)

「薬込役」は、元はその名の通り “鉄砲に玉や火薬を詰め込む役” だったそうですが、いつしか女中などの警護を担うようになり、時には藩主の命令によって諜報活動なども行っていたそうです。

ちなみに、江戸城入りした元紀州藩「薬込役」の 16 名ってのはさぞかし優秀な精鋭たちかと思いきや、数多くいた「薬込役」の勤務シフトで “順番上たまたまそうなっただけ” なんだとか。

制度が整い、初代「御庭番」17 名に与えられた職名は「伊賀御庭番(いがおにわばん)

“伊賀” とはいえ “伊賀者”(忍者)とは何ら関係なく、これは最初に編入されていた 「広敷伊賀者」と同格の身分である” といった意味合いでつけられた職名だそうです。

設立当初は下っ端の「御家人」身分で階級も何もありませんでしたが、やがてはその上に 4 つのポストが設けられ、活躍等により昇進することが可能となりました。(以下参照)

Hulu

「御庭番」の階級

【御目見以上】(旗本)

 〖両番格御庭番〗

 〖小十人(こじゅうにん)格御庭番〗

【御目見以下】(御家人)

 〖添番(そえばん)御庭番〗

 〖添番並(そえばんなみ)御庭番〗

 〖伊賀御庭番〗

参考 ⇨ の収入は の半分、 の収入は半分の半分、 は不明。

先代の活躍等ですでに家筋が【御目見以上】(旗本)にランク付けされている場合、その家から任命される「御庭番」は最初から のポストが与えられたそうです。

スポンサーリンク

江戸幕府と「忍者」の関係

「本能寺焼討之図」 Wikipedia より

1603 年の江戸幕府成立以降、幕府により重用されたスパイ軍団が伊賀および甲賀出身の、いわゆる “忍者” です。

事の発端は、1582 年に起きた「本能寺の変」までさかのぼります。

当時《織田信長》と同盟関係にあった《徳川家康》は、ちょうどその時、僅かな家来だけを引き連れて大阪(堺)から本能寺のある京都に向かっている最中でした。

その途中、早馬で《信長》の死を知らされた《家康》は、自身の命をも危険にさらされていることを即座に悟ります。

一刻も早く自国の「三河(みかわ)(現愛知県)へ逃げ帰らねばならぬものの、主要街道は敵に封鎖されているのは明白。

周囲の国々も事件の首謀者《明智光秀》の同盟国ばかりで、助かる可能性があるのは険しい山々を東に突っ切って伊勢湾から船で脱出するルートのみ。

「落ち武者狩り」がウヨウヨ待ち構えるこのルートも決して安全ではなかったですが、この逃避行にて《家康》を最後まで守り抜いたのが甲賀や伊賀の地侍、俗に言う “忍者” だったってわけです。

かくして彼らはその後、“家康公の命の恩人” として隠密や警備を中心に幕府から重用されることとなりました。

この逃避行は「神君伊賀越え」と言われ有名ですが、そのルートは複数説存在し、イマイチ定かではありません。

とりあえずザックリとは地図矢印のごとし。

スポンサーリンク

【参考サイト】

〖家康の「伊賀越え」と甲賀・伊賀者〗(三重県 HP)

一般的には “宿敵のライバル” と思われている “伊賀者”“甲賀者” ですが、「神君伊賀越え」からも分かるように両者は基本協力関係にあったそうです。
“お隣さん” と争っても双方何らメリットはなく、逆に有事にはお互いを助け合う同盟すら結ばれていたそうな。

当初は “隠密” として諜報活動に携わっていた “伊賀者” や “甲賀者” も、「目付」「大目付」など幕府の監察制度が整いゆく中で、次第に通常警備をメインとする任務「広敷伊賀者」など)へと切り替えられていきました。

スポンサーリンク

「御庭番」の表と裏

将軍の命令とあらばどんなスパイ活動も行ったであろう「御庭番」ですが、いわゆる “隠れ蓑” として “表” の仕事(主に大奥中奥近辺⦅下図⦆での警備・監視・取締り)もそれとは別に与えられていました。

江戸城配置図(内郭) Wikipedia より(一部加工)

【“表” 仕事の一例】

夜間、「御庭番」専用の詰所(御庭御番所)にて交替で宿直勤務し、火事や騒動などがあれば拍子木を打って知らせる
城内の主要箇所で建築や修繕が行われる際、出入りする役人や職人を監視する
将軍が日光へ参詣する際の随伴警備

“内密御用” に従事していない時はこれらのような仕事をこなし、氏名や収入など細かな個人情報も、他の家臣同様「武鑑(ぶかん)」なる出版物(以下参照)によって一般公開されていたそうです。

安永三年 大名武鑑】 Wikipedia より

武鑑(ぶかん)とは、江戸時代に出版された大名や江戸幕府役人の氏名・石高・俸給・家紋などを記した年鑑形式の紳士録。
江戸時代になって多数の武家が都市に集まるようになり、武士と取引を行う町人達にはそれらの家を判別する必要があった。
武鑑はそのための実用書であり、また都市を訪れる人々にとってのガイドブックの役割も果たした。
大名を記載した大名武鑑、旗本を記載した旗本武鑑などがある。
Wikipedia

スポンサーリンク

そして “裏” の仕事たる “内密御用” は大きく分けると以下 2 種類。

 江戸城および江戸近辺での情報収集(江戸内地廻り御用)

❷ 江戸近辺以外(各藩や天領など)での情報収集(遠国御用)

に関しては「旗本」「御家人」等の身辺調査や町民の心情調査、 に関しては「大名」「代官」等の身辺調査や各藩・天領の実態調査、などなどでその内容は多岐に渡り、長期出張の場合などは名目上 “病欠” として扱われました。

“内密御用” の命令は、「御側御用取次」があらかじめ「御庭番」家筋の長老やベテラン複数名に “任務に適した者” を選ばせ、その後本人に正式命令を下す、といった流れが慣例だったようです。

結果、「御庭番」として名は連ねていてもまったくお声が掛からず “表” の仕事だけで生涯を終える者も中にはいたんだとか。

スポンサーリンク

悪代官も真っ青 ! …な「御庭番」の遠国御用

上様の命令とあらば、遥か遠くの藩や天領へも調査に出向く「御庭番」

法外な年貢を取り立てて暴利をむさぼる大名や代官らも「御庭番」の調査が入ればもはやアウトです。

“遠国御用” 初任務の「御庭番」には、「誓詞(せいし)(守秘義務などのあらゆる決まり事)を守ることを宣誓した書面を提出させ、また任務も複数名であたらせるなど、江戸近辺の調査に比べより一層の慎重を期しました。

徳川御三家や老中たちの国許であっても例外なく調査対象とされたため、当然この任務には相当能力の高い「御庭番」が選任されたと思われます。

通常 “内密御用” に携わった「御庭番」「風聞書(ふうぶんがき)(いわゆる調査報告書)を作成提出しなければなりませんでしたが、“遠国御用” の場合はそれとは別に、目的地との行き帰り中のアレコレを記した「道中筋風聞書(どうちゅうすじふうぶんがき)なる報告書も添付しなければなりませんでした。

現存する某「道中筋風聞書」には、30 名近い大名や代官などの風聞の他、大名等の素行・米相場・賭博の取り締まり状況、などありとあらゆる内容が記されているそうで、本来の目的と併せたその調査範囲の広さには驚くばかりです。

提出される「風聞書」や「道中筋風聞書」には作成者たる「御庭番」の氏名も記入されましたが、将軍の閲覧後、何らかの必要から老中などにそれらを下げ渡す場合にはその氏名部分のみ切り取られました。
たとえ幕閣の老中といえど調査担当者が誰なのかを知ることはできませんでした。

任命された「御庭番」“御証文”(出張証明書)と “御手当金”(出張費用)を受け取ると、時には数ヵ月やそれ以上にも及ぶ遠隔地調査へと出向いていきました。

当然にその身分は偽装されてたでしょうが、将軍直属の使者とあらば厳しい関所なども書類チラリですんなりパスできたにちがいありません。

晴れて任務を完了し、無事江戸へ戻った暁には「御褒美金(ごほうびきん)とやらが支給されたらしく、「御家人」など低階級の「御庭番」にとってはこれがかなりの “生活の足し” になっていたようです。

この「御褒美金」は “出発から帰宅までの日割り計算” で支給されたそうですが、出張前後の数日間はこっそり自宅で過ごしてその分も GET するというテが常態化していたとか。

一応 “事前準備” だの “報告書作成” だのといった大義名分はあったようですが…

秘密裏に “サボる” というテクニックもさすがだったようです。







スポンサーリンク

おすすめ書籍

U-NEXT より

今回の記事執筆にあたって大きく参考にさせて頂いた、深井雅海 著 の書籍【江戸城御庭番 徳川将軍の目と耳(上画像)は、現存する史料を存分に活用しながら「御庭番」の真の姿を可能な限り明らかとした作品です。

時代劇などでしか知らない「御庭番」の実像や実態をより詳しくお知りになりたい方はぜひご一読されてみてはいかがでしょうか ?

動画や書籍の配信サービス【U-NEXT】なら無料入会で貰えるポイントを使えば格安(236 円)にて読むことが可能なのでオススメ !

⇩【U-NEXT】⇩



【Amazon】

2,420円 送料無料(プライム)

【楽天】

2,420円 送料無料

販売価格等は記事執筆時のものです。
お申し込みの際はリンク先にて再度ご確認をお願いいたします。
スポンサーリンク
人気ブログランキング


江戸城本丸 Wikipedia より
人気ブログランキングでフォロー
芸術・人文ランキング
生活・文化ランキング
歴史ランキング
雑学・豆知識ランキング

【オススメ記事】

ポイ活定番人気サイト選べばコレ!隙間時間にPCスマホで小遣い稼ぎ!
アンケートの回答やゲームで遊ぶだけでポイントが貯まるアンケートサイトやポイントサイト。中でも信頼&実績ある人気どころが「ちょびリッチ」と「infoQ」。ポイントは現金や電子マネーに交換してお好きに使えます。暇な時間を有効活用して小遣い稼ぎ&生活改善!
日本最恐【無想吊橋】ってどこにあるどんな橋?今の現状は?仮想渡橋も可!
日本一怖いとTV紹介もされた静岡県大井川上流域の秘境に架かる無想吊橋。一部の方にのみ有名な林業用に造られた長く高い簡素な吊り橋です。が、老朽化で今や通行禁止に。場所や行き方は?廃林道の現状は?橋の損壊具合は?等、日本最恐吊橋に絡む様々を動画を軸にご紹介。
【山下清の真実】線路放浪裸姿の乞食旅でお礼に貼絵残すドラマ話は本当?
昭和の人気番組裸の大将放浪記。天才山下清画伯の日本全国ルンペン旅を描いた作品で芦屋雁之助の妙演が受け大ヒット。が、その内容は実際真実?おむすび大好き赤い傘差して線路を歩く?ちぎり絵や貼り絵をお礼に残す?ドラマとはやや違う彼の人生や人物像を詳しくご紹介。
恐怖妖刀伝説と凄い斬れ味で有名な日本刀〚村正〛 悪い噂の背景根拠真相とは
コスパ最高凄い切れ味(斬れ味)で戦国武士達の心を掴んだ日本刀村正。徳川家臣にも大人気だった名刀です。が、家康祖父の不幸な事件を端緒に江戸時代以降は妖刀たる悪評で有名に。徳川家を滅ぼす?気が狂う?血を求む?奇怪な恐怖伝説が広まったその背景や真相を探る。
難聴闘病復活⁉ 和風妖怪ヘヴィメタバンドの人気実力歌手黒猫に何があった⁉
多くのヒット曲や各企業とのタイアップでも有名な【陰陽座】。その実力派女性人気ボーカリストが《黒猫》です。が、全国ツアー真っ只中に彼女の耳に異変が。てことで今回は、和風妖怪ヘヴィメタバンド陰陽座のアレコレと併せ、黒猫の人物像や難病等を詳しくご紹介。
将軍専用女中軍団〚江戸城大奥〛 階級収入は?子作り相手や現場の実態は?
欲望、確執、嫉妬、が渦巻く男子禁制の女の園、江戸城大奥。将軍の跡継ぎを確実に得ることが大きな役割で、男では将軍のみが自由な出入りを許されました。奥女中達のボスは誰なのか?将軍の子作り相手は誰なのか?などなどベールに包まれたその中身を詳しくご紹介。
映画【八甲田山】は真実?有名な陸軍雪中訓練大量遭難凍死事件の背景全容とは
1902年、史上最悪たる軍訓練中の死亡事故が青森県八甲田にて発生し、今やそこは心霊スポットとしても超有名。事件は小説や映画で世に大きく知られましたが、その内容は本当に真実なのか。今回は未だ真相定かでない八甲田山雪中行軍遭難事件の背景全容を詳しくご紹介。
九龍城砦の歴史や実態は?貧困犯罪迷路で有名な香港無法ビル街大解剖!
香港映画等でお馴染みの九龍城砦。かつて中国香港に存在し長らく無法地帯とされた悪名高きスラム街です。内部は昼なお暗く部外者が入れば簡単には抜け出せぬまさに迷宮。が、元は治安維持を目的とした本物の城塞がそこにあったとか。その歴史や実態を動画と併せご紹介。
作者は誰?歌詞の意味は? 謎多き日本国歌【君が代】誕生の背景歴史
日本人なら事ある毎に聞かされ歌わされる【君が代】。その歴史は古く、平安時代の有名な古今和歌集がその起源だとか。果たしてどのような経緯で日本国歌となり、また作者は誰で歌詞の意味は何なのか、等、今回は諸説渦巻く謎多き日本国歌【君が代】の全容解明に挑む!
安く面白く内容豊富で大人気!大人も楽しい小学生向け子供新聞は読売!
丸一日勉強漬けの小学生やスマホでゲームばかりの小学生… どちらも将来心配です。そんな子供にぜひ読んでもらいたいのが【読売KODOMO新聞】。日本で最も読まれている小学生用の子供新聞で今や大人にも大人気。内容充実ながら超格安で購読できコスパも抜群!
甲府城は一生生き地獄の赴任先⁉ 江戸直参武士が超恐れた有名な左遷とは
甲府藩消滅以降、江戸の直参武士達を最も恐れさせた有名な左遷が甲府勤番詰です。芸者狂いや借金漬けなどの不良旗本や御家人には死罪以上に酷ともいわれた甲府城の勤務が罰として命ぜられました。過酷な環境と再起不能ともされた境遇から発狂する者や自殺する者までも。
夫奪った後妻妾に先妻本妻大暴れ!古き熱き日本女の復讐奇習を大解剖!
夫を寝取られた女が愛人や後妻に力で復讐する【うわなりうち】。江戸時代まで続いた奇妙かつ有名な風習で、嫉妬に狂った北条政子による亀の前事件は最も有名。当時の女達に認められた恐るべき奇習の全貌実態たるやどんなものだったのか、当時の史料文献をもとにご紹介。
高級遊女〚花魁・太夫〛の収入や実像は?江戸最大の花街吉原遊廓の歴史実態を探る
ソープ街で有名な吉原。江戸時代に設立された幕府公認の売春街【吉原遊廓】がその起源で、日本文化の発信地でもありました。美貌・知識・教養に富み、日本中の男を虜にした太夫や花魁とははたしてどんな遊女だったのか。その実像と併せ、吉原遊廓の栄枯盛衰をご紹介。
ポイ活定番人気サイト 選べばコレ!暇潰しはPCスマホで小遣い稼ぎ!
アンケートの回答やゲームで遊ぶだけでポイントが貯まるアンケートサイトやポイントサイト。中でも信頼&実績ある人気どころが「ちょびリッチ」と「infoQ」。ポイントは現金や電子マネーに交換してお好きに使えます。暇な時間を有効活用して小遣い稼ぎ&...
場所はどこ?今の現状は?江戸期佐渡と並び有名栄えた九州の巨大金山とは
世界遺産への推薦が決定した新潟県の佐渡金山。日本最大の金鉱山として有名ですが、鹿児島県にもこれに匹敵する金山が存在していました。発見は鎌倉以前だとも言われ江戸時代には産出量日本一にも。今回は旧薩摩藩の財政を大きく潤した山ヶ野金山の歴史や現状をご紹介。
小野小町の晩年は醜い乞食⁉ 美貌と逸話で有名な平安歌人の謎や伝承とは
世界三大美人の一人、小野小町。平安時代の歌人で百人一首にも登場する彼女ですが、出生から晩年までその実像はほぼ不明とされ、醜い老婆姿や死後のグロテスクな九相図など美女とはかけ離れた絵もあり。今回はこの謎に満ちた有名人、小野小町の諸説伝承等を詳しくご紹介。
【小倉百人一首】読み札画像付現代語訳一覧&坊主めくりの遊び方動画
歌がるたや坊主めくりなど家族みんなで楽しめる小倉百人一首。元は鎌倉時代に編集された歌撰で、藤原定家が100人の歌人の優秀な和歌を一首ずつ色紙にしたためたものがその原型です。今回はその歌番号100番までの全てを現代語訳とともに読み札画像付でご...
映画アンタッチャブルで知る禁酒法 カポネとネスのその後の人生とは
禁酒法下の米シカゴにおいて暗躍したマフィアのボス、アルカポネ。そんな彼もやがては捕まり魔のアルカトラズ刑務所へと送られます。現場を仕切り、カポネを追い詰めた捜査官エリオットネスの姿は映画アンタッチャブル等でよく知られていますが、事実はかなり違う様子。
日本最強の戦闘機部隊アグレッサー ド派手塗装の機体が担う特殊任務とは
航空自衛隊の主力戦闘機F15イーグル。そのパイロットの中から特に優秀な者だけが選抜され構成されるのが、空自最強の戦闘機部隊、飛行教導群(アグレッサー部隊)です。 ド派手な塗装の機体とともに日本全国の基地を転々とする彼らの任務や実像等を詳しくご紹介。
秘密結社〚フリーメイソンリー〛の活動や組織の全貌実態、入会条件や方法とは
歴史も長く、世界最大の友愛結社として名高いフリーメイソンリー。政界財界の著名人なども多数名を連ね、“世界を支配する闇の組織”などと思われがちですが、現実はかなりちがう様子。その活動内容や組織の実態と併せ、入会条件や入会方法など幅広くご紹介。
日本各地の村に現代まで存在した性風習「夜這い」の真相実態を書籍に見る
性行為目的で深夜女性の部屋にこっそりと忍び入る「夜這い」。歴史的風習として戦後に至るまで日本各地で行われてきました。性犯罪とはまた違ういわば地域公認の制度です。今回はこの「夜這い」の何たるやと併せ、その実態をリアルに記した赤松啓介氏の書籍をご紹介。
「#日本史」人気ブログランキング
「#歴史人物」人気ブログランキング
「#本の紹介」人気ブログランキング
「#電子書籍」人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
~ プロフィール ~
アナトミアン

旅好き、映画好き、読書好き、お酒好き、仕事嫌い、の兵庫県在住中年オヤジ。
ブログは無理せぬレベルでマイペースに更新。
電子書籍にて小説3作も販売してますが、内容が内容のため涙を飲んで宣伝自粛(悲)
中盤をこえた残りわずかな人生、お金では買えない何かを求め目下迷走中。

アナトミアンをフォローする
スポンサーリンク
アナトミアンをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました