アホウドリ食べ無人島より奇跡の生還!の吉村小説で有名な漂流男の話

〖ひまつぶし系記事〗
十年以上アホウドリを食べ続けた男 〖野村 長平〗 (東洋のロビンソン・クルーソー)
〖ひまつぶし系記事〗
〚記事内に広告含む〛
スポンサーリンク

【はじめに】

アホウドリ Wikipedia より

みなさんは「アホウドリ」と聞いて真っ先に思い浮かぶものはなんでしょうか ?

デカい ? ノロい ? 可愛い ? 

ま、人それぞれだとは思いますが、《野村 長平(のむら ちょうへい)なる人物を即座に連想された方は、故《吉村 昭(よしむら あきら)氏の小説【漂流】などをお読みになられた可能性も高く、本記事内容などすでに熟知されてらっしゃるかもしれません。

が、『誰、それ ??』てな方は、ぜひこの機会に知って頂きたい。

大海原を何日も漂ったあげく小さな無人島に漂着し、毎日毎日「アホウドリ」を食べ続け、見事 13 年目に生還を果たした “東洋のロビンソン・クルーソー” こと《野村 長平》なる男のことを…

スポンサーリンク

《野村 長平》 奇跡の生還物語

鳥島 Wikipedia より

《野村 長平》を語るにあたって外せないのが「鳥島」「アホウドリ」などの予備知識。

なので、まずはそれらについてをザックリ記しておきたいと思います。

「鳥島」ってどんな島 ?

伊豆諸島 Wikipedia より(一部加工)

その昔、日本の南側の海で遭難した船が漂着する島として定番中の定番だった「鳥島(とりしま)

その名のごとく「鳥」=「アホウドリ」の産卵のためだけに存在していたような小さな島で、それ以外にはこれといって何もない殺伐とした無人の火山島です。

「鳥島」は伊豆半島の沖合いより縦にズラズラっと点在する「伊豆諸島」の最果て近くに位置し、一応「東京都」に属してはいるものの、行政サイドのすったもんだで管轄する市区町村が未だ決まっておらず、現状この島を本籍地として指定することはできません。

明治以降のある時期には「アホウドリ」関連の仕事などで僅かばかりの人々が居住していた時期もあったようですが、1902 年の大噴火で島民 125 名が命を落とし、またその後も活発な火山活動が続いていることから現在は再び無人の島となっています。

【参考動画】

〖絶海の孤島  鳥島〗

約 5 分
スポンサーリンク

「アホウドリ」ってどんな鳥 ?

明治以前は毎年数え切れんばかりに飛来していた「アホウドリ」ですが、乱獲に次ぐ乱獲で累計数百万羽が捕殺されたと言われています。

一時は残り数十羽にまで激減しましたが、「特別天然記念物」に指定されるなど法整備や各方面からの手厚い保護によって 2021 年 6 月時点では約 7000 羽程度にまで回復しているそうです。

生態や現状など「アホウドリ」についてのアレコレをさらに詳しくお知りになりたい方は、ぜひともコチラ、

〖山階鳥類研究所「アホウドリ」コーナー〗

へと飛んで下さい。

当研究所は現在でも気象庁の「旧鳥島気象観測所」の建物(下写真参照)を宿泊所として利用しながら随時調査員を派遣しており、より深い情報が得られるはずです。

旧鳥島気象観測所 Wikipedia より

【山階鳥類研究所 とは】

【山階鳥類研究所】は、故 《山階 芳麿(やましな よしまろ)博士が昭和 7 年に私費を投じて東京都にある山階家私邸内に建てた鳥類標本館が前身です。昭和 17 年には文部省から財団法人の許可を得て「財団法人 山階鳥類研究所」を設立しました。
戦前、戦後を通じて多くの鳥類研究者を育て数々の業績を上げ、現在は自然誌研究室、保全研究室(鳥類標識センター)、事務局、の構成で活動し、鳥類学の拠点として基礎的な調査・研究を行うとともに、環境省の委託を受けて鳥類標識調査を行っています。

公益財団法人 山階鳥類研究所 HP より一部抜粋

「鳥島」にアホほど渡り来ていた「アホウドリ」をアホほど捕殺しまくり絶滅寸前にまで追い込んだアホウな男が、明治から昭和にかけての成金、《玉置半右衛門(たまおきはんえもん)なる実業家。
「アホウドリ」やこの男のことについては以下記事でも触れておりますので、よろしければ併せてご覧下さい



スポンサーリンク

「黒潮」ってどんな海流 ?

「鳥島」上空写真 Wikipedia より
「黒潮」Wikipedia より(一部加工)

太平洋を西から東にかけて流れる巨大海流「黒潮」のご近所に位置することから、舵の利かなくなった船などがその流れに捕まってたびたび「鳥島」に漂着しました。

【漂流】の著者《吉村》氏によれば、記録に残っているものだけでも 15 件程度はあるそうです。

「黒潮」の幅は約 100㎞ もあるそうで、そのスピードは時速にして約 7.4㎞。
これは自転車の平均速度の約半分の速さにもなります。
漂流ののち「鳥島」に漂着できればまだラッキーな方で、そうでなければ最悪以下記事のような末路が待ち受けています。



漂流後、約 5 カ月で外国船に発見救助された漂着者の一人、《ジョン 万次郎》はのちの人生とも相まって多くの人々に知られる有名人ですが、長期に渡る過酷なサバイバルを生き抜いた “ダークホース” 的存在として名高いのは、やはり《野村 長平》ではないでしょうか。

Hulu
スポンサーリンク

《野村 長平》 の人物像

野村長平の銅像
イメージ 国立国会図書館所蔵「長平嶋物語」より
改修前の長平の墓 国立国会図書館所蔵「長平嶋物語」より
【野村 長平】
江戸時代末期(1700 年代半ば ~ 1800 年代前半)の「土佐藩(現高知県)」の船乗りで、難破漂流時の 20 代前半には早くも船頭を任されていました。
海での行方不明から十年以上もが経過し、故郷の土佐ではすでに死んだものとして扱われていたため、帰郷をなした際には何と自身の「13 回忌」が営まれていた最中だったとか。
帰郷時の年齢は 37 歳で享年は 60 歳。
“野村” の姓は生還後に土佐藩から与えられたものだそうですが、周囲からは “無人島” だの “無人島長平” だのと呼ばれ、今も高知に残る彼の墓石(昭和 2 年に改修)にはその姓名とあわせ「無人嶋」といったサブネームもしっかりと刻まれています。
死んだと思っていた《長平》が 13 回忌中に突如帰ってきた時の驚きの様子は、下に貼り付けた【長平嶋物語(ちょうへいじまものがたり)の一節からも伺い知れます。

【長平嶋物語】
(国立国会図書館)

スポンサーリンク

“漂流” から “生還” に至るまで

 江戸時代末期の 1785 年 1 月、米を運搬したその帰りに土佐沖にて嵐に遭遇し、舵も帆も壊れ操船不能となり、仲間 3 名とともに 12 日間大海原を漂流したのち伊豆諸島「鳥島」に漂着。

火山島のため植物はまともに育っておらず、口にできそうなものはアホほどいる「アホウドリ」とその卵、& 僅かばかりの海産物のみ。
「アホウドリ」は動きが鈍く、素手でも簡単に捕らえることができるため、結果、以後それを主食とせざるを得なくなった。
《長平》たちには「火打石」がなかったため、当初はすべてを “生” で食べるより他なく、「アホウドリ」の不在期間(春から秋にかけて)は生肉を乾燥させ保存しておいたものをかじり飢えをしのぐこととした。
また島内には水源が全くなかったため、卵の殻をたくさん並べ、そこに貯めた雨水を節約しながら飲用した。
“羽” も縫い合わせて衣服や敷物を作るなど有効に活用した。

 漂着後 2 年以内に《長平》以外の 3 名全員が死亡

当初、ワンサカいる「アホウドリ」『いつでも捕り放題で食べ放題』だと思い込んでいた《長平》たちは、ある日一斉に飛び立ってしまった彼らに愕然となる。
ようするに「アホウドリ」=「渡り鳥」だという認識がなかったわけで、当然十分な保存肉など準備してようはずもなく、この現実に直面したことが彼らへの最も手厳しい洗礼となった。
最後の仲間が死んで以降新たな漂着者と合流するまでの 1 年 5 カ月間、《長平》は完全なる単独サバイバルを強いられることとなった。

 1788 年 1 月《長平》漂着から約 3 年後)、11 名を乗せた大坂の船が新たに漂着し《長平》と合流。

大坂船漂着者一同、全身に鳥の羽をまとった “先輩” の異様な姿に最初かなりビビる。
《長平》のサバイバル生活は、彼らと合流後に「火打石」が手に入ったことから大きく改善され、「アホウドリ」の脂肪を燃料として暖を取ったり、また肉を焼いて食べることも可能となった。
スポンサーリンク

 1790 年 1 月《長平》漂着から約 5 年後)、6 名を乗せた九州(日向)の船がさらに漂着し《長平》らと合流。

人員豊富ともなり、その後の約 2 年は《長平》& 各々の船頭をリーダーとして、必要なものを作ったり整備するなどしながら順調なる共同生活を送った。
が、救助される見込みがないと悟り、全員が乗れるだけの船を作って自力脱出することを決意する。
主な素材として船本体には流木、帆には衣類を使うこととし、その他昔の漂流者が残していった古釘などありとあらゆるものを活用しながら以後コツコツと船づくりに精を出す。

 造船を決意してから約 5 年後の 1797 年 6 月《長平》漂着から約 12 年後)、ようやく船が完成し、生存者計 14 名は先に亡くなった仲間の遺骨とともに「鳥島」を脱出。

後から漂着した 2 グループの中の 4 名が 1993 年までに相次いで死亡し、先に亡くなった《長平》の仲間 3 名とあわせた計 7 名は再び故郷の地を踏むことが叶わなかった。
死因は厳しい島内生活での “神経衰弱” や、偏った食生活での “ビタミン不足” であろうと推察されている。

 「鳥島」を出港後、「青ヶ島」を経由して数日後には伊豆諸島の拠点「八丈島」へと辿り着く。

 「八丈島」の代官所に次いで、江戸の勘定奉行所(代官所の上部機関)& 土佐藩藩邸 の各 “調べ” を経たのち、1798 年 1 月、漂流から 13 年目にしてようやく故郷土佐へと凱旋








スポンサーリンク

小説《吉村 昭》著 【漂流】のご購入に

【参考動画】

〖長平ものがたり〗香南ケーブルテレビ

約 9 分半

〖記録文学の大家・吉村昭の世界〗

約 10 分半
スポンサーリンク
人気ブログランキング


人気ブログランキングでフォロー
生活・文化ランキング
歴史ランキング
雑学・豆知識ランキング

【オススメ記事】

ポイ活定番人気サイト選べばコレ!隙間時間にPCスマホで小遣い稼ぎ!
アンケートの回答やゲームで遊ぶだけでポイントが貯まるアンケートサイトやポイントサイト。中でも信頼&実績ある人気どころが「ちょびリッチ」と「infoQ」。ポイントは現金や電子マネーに交換してお好きに使えます。暇な時間を有効活用して小遣い稼ぎ&生活改善!
日本最恐【無想吊橋】ってどこにあるどんな橋?今の現状は?仮想渡橋も可!
日本一怖いとTV紹介もされた静岡県大井川上流域の秘境に架かる無想吊橋。一部の方にのみ有名な林業用に造られた長く高い簡素な吊り橋です。が、老朽化で今や通行禁止に。場所や行き方は?廃林道の現状は?橋の損壊具合は?等、日本最恐吊橋に絡む様々を動画を軸にご紹介。
【山下清の真実】線路放浪裸姿の乞食旅でお礼に貼絵残すドラマ話は本当?
昭和の人気番組裸の大将放浪記。天才山下清画伯の日本全国ルンペン旅を描いた作品で芦屋雁之助の妙演が受け大ヒット。が、その内容は実際真実?おむすび大好き赤い傘差して線路を歩く?ちぎり絵や貼り絵をお礼に残す?ドラマとはやや違う彼の人生や人物像を詳しくご紹介。
恐怖妖刀伝説と凄い斬れ味で有名な日本刀〚村正〛 悪い噂の背景根拠真相とは
コスパ最高凄い切れ味(斬れ味)で戦国武士達の心を掴んだ日本刀村正。徳川家臣にも大人気だった名刀です。が、家康祖父の不幸な事件を端緒に江戸時代以降は妖刀たる悪評で有名に。徳川家を滅ぼす?気が狂う?血を求む?奇怪な恐怖伝説が広まったその背景や真相を探る。
悪臭体液に虫 自死孤独死腐敗遺体の惨状と事故物件の実態現実を書籍に見る
日本で今激増している単身世帯者の病死や自死。統計では賃貸住宅での孤独死者の平均年齢は62歳で中心層は無職の男性。長期の放置遺体はどうなる?悪臭・体液・虫にまみれた部屋はどうなる?等、孤独死・事故物件・特殊清掃等の現状や実態を赤裸々に記した書...
映画【八甲田山】は真実?有名な陸軍雪中訓練大量遭難凍死事件の背景全容とは
1902年、史上最悪たる軍訓練中の死亡事故が青森県八甲田にて発生し、今やそこは心霊スポットとしても超有名。事件は小説や映画で世に大きく知られましたが、その内容は本当に真実なのか。今回は未だ真相定かでない八甲田山雪中行軍遭難事件の背景全容を詳しくご紹介。
高給?過酷?有名な噂は本当?謎多き遠洋マグロ漁船の真相実態や現状とは
超過酷と言われる日本の遠洋マグロ漁。その漁船は借金のカタにムリヤリ乗せられるといった都市伝説的噂で昔から有名です。が、実際本当なのか、漁師達の収入はそれほど高額なのか、等、今回は謎多き遠洋マグロ延縄漁の真相実態現状などをマグロ料理のレシピも併せご紹介。
謎多き現場と変死体 解明なるか超有名ロシア雪山遭難事件の真相全容
遺体の状況等不可解な事実が多く、未だ真相不明のディアトロフ峠事件。旧ソ連の若者ら9名がウラル山脈で変死した世界一有名であろう雪山遭難怪死事件です。雪崩に殺人にUFOに雪男… 諸説渦巻くその真相全容は何なのか、綿密な調査検証を元に某動画が解き明かす。
吉村昭の小説に虚構⁉ ホウ雪崩の正体実態や脅威と併せ詳しくご説明 
“泡雪崩(ホウ雪崩)”なる言葉、吉村昭氏のファンなら当然にご存知かと思われます。著作「高熱隧道」の中でその恐ろしい実態がリアルに描かれ、“ホウ雪崩”の知名度も一気に上がりましたが、なんと「“真説”高熱隧道」なるものも密かに存在していたのです。
昭和日本の有名脱獄王白鳥由栄の人生実像天才技を吉村小説破獄に見る
網走等計4ヶ所の刑務所を次々と脱獄した「昭和の脱獄王」こと白鳥由栄。 驚異的な身体能力や頭脳を駆使してなされたその神業的な脱出劇はもはや伝説ともなっており、そんな彼の人生をモデルとした吉村昭著「破獄」はぜひ一度お読み頂きたいオススメの小説です。
大正日本の有名獣害事件を著した小説【羆嵐】にみる巨大ヒグマの脅威
巨体、且つどう猛で頭のいいヒグマ。大正4年、開拓間もない北海道三毛別においてそのヒグマによる悲惨極まりない事件が発生しました。多数の人間が食い殺された日本最大級の獣害です。吉村昭の著書【羆嵐(くまあらし)】がリアリティ豊かに事件の真相を今に伝える。
アホウドリとリン鉱石で大儲け⁉ 幻の日本最東端「中ノ鳥島」の正体真相とは
グランパス島と並び戦前の日本をわかせた幻の島ガンジス島(中ノ鳥島)。 北太平洋小笠原諸島に属する絶海の孤島で、戦後まで日本最東端として地図にのみ存在した姿なき幽霊島です。 大金を生むリン鉱石や多数のアホウドリまで発見報告された謎のお宝島の詳細とは
買うなら定番人気のスイス製!非常時用の備えに携帯万能ツールナイフ
日常生活の他、旅先やキャンプなどでも大活躍のアーミーナイフ。災害や遭難等の緊急時には命すらも守ってくれます。数ある中で最も歴史が深く信頼できるメーカーがスイスのビクトリノックス社。軍隊でも採用されている有名なブランドで男性へのプレゼントに最適です。
用具一式全てが現地調達返却可!身軽気軽手ぶらで楽しくソロキャンプ!
今や大人気のソロキャンプ。日常を離れ大自然に一人身を浸せば心が大きく洗われます。ただ用具一式の購入は出費もかさみ現地への持ち帰りも面倒。そこで初心者にご紹介したいのがキャンプ用品一式が現地で受け取れ返却も可能なhinataレンタルのサービス...
死人の肉食べ奇跡の生還!有名なアンデス飛行機墜落事故を映画に見る!
1972年、ウルグアイ発チリ行の旅客機が南米アンデスの雪山に墜落した。乗客は遠征に赴くラグビー選手団御一行で生存者の救出はなんと2カ月以上もが経過したのち。生き延びるため仲間の遺体を糧としたことで有名で、実話を忠実に再現した映画【生きてこそ】は必見!
南極物語裏話!タロジロが奇跡的に生存できた謎&真の理由は別犬の力⁉
1958年、南極昭和基地にて犬ぞり用の樺太犬15頭が諸般の事情から置き去りにされた。その1年後、奇跡的生存が確認されたタロとジロは一躍有名になるが、その陰には2頭を救ったであろう犬がもう1頭いた様子。元越冬隊犬係が真の南極物語を書籍にて説き明かす。
作者は誰?歌詞の意味は? 謎多き日本国歌【君が代】誕生の背景歴史
日本人なら事ある毎に聞かされ歌わされる【君が代】。その歴史は古く、平安時代の有名な古今和歌集がその起源だとか。果たしてどのような経緯で日本国歌となり、また作者は誰で歌詞の意味は何なのか、等、今回は諸説渦巻く謎多き日本国歌【君が代】の全容解明に挑む!
甲府城は一生生き地獄の赴任先⁉ 江戸直参武士が超恐れた有名な左遷とは
甲府藩消滅以降、江戸の直参武士達を最も恐れさせた有名な左遷が甲府勤番詰です。芸者狂いや借金漬けなどの不良旗本や御家人には死罪以上に酷ともいわれた甲府城の勤務が罰として命ぜられました。過酷な環境と再起不能ともされた境遇から発狂する者や自殺する者までも。
夫奪った後妻妾に先妻本妻大暴れ!古き熱き日本女の復讐奇習を大解剖!
夫を寝取られた女が愛人や後妻に力で復讐する【うわなりうち】。江戸時代まで続いた奇妙かつ有名な風習で、嫉妬に狂った北条政子による亀の前事件は最も有名。当時の女達に認められた恐るべき奇習の全貌実態たるやどんなものだったのか、当時の史料文献をもと...
高級遊女〚花魁・太夫〛の収入や実像は?江戸最大の花街吉原遊廓の歴史実態を探る
ソープ街で有名な吉原。江戸時代に設立された幕府公認の売春街【吉原遊廓】がその起源で、日本文化の発信地でもありました。美貌・知識・教養に富み、日本中の男を虜にした太夫や花魁とははたしてどんな遊女だったのか。その実像と併せ、吉原遊廓の栄枯盛衰をご紹介。
格安国産鰻は実現なるか!養殖の現状や今後と謎多き鰻の生態&豆知識
江戸時代とは違い今や財布泣かせの高級魚「鰻」ですが、完全養殖の成功に続き、大量生産&低予算化が実現すれば激安国産鰻の出現も夢ではありません。今回はそうした鰻の現状、その他生態や豆知識などもアレコレご紹介。なんと日本産高級鰻を超格安で手に入れる奥の手も⁉
墜落原因は虫⁉蜂が計器と操作を狂わせた有名な飛行機事故の背景詳細とは
1996年2月6日夜、ドミニカ共和国プエルト・プラタ空港発の飛行機が離陸直後大西洋に墜落。調査の結果原因は蜂の可能性が最も高いとされました。小さな虫で巨大な飛行機が墜落したその背景は何なのか。今回は有名なバージェン航空301便の墜落事故をご紹介。
将軍専用女中軍団〚江戸城大奥〛 階級収入は?子作り相手や現場の実態は?
欲望、確執、嫉妬、が渦巻く男子禁制の女の園、江戸城大奥。将軍の跡継ぎを確実に得ることが大きな役割で、男では将軍のみが自由な出入りを許されました。奥女中達のボスは誰なのか?将軍の子作り相手は誰なのか?などなどベールに包まれたその中身を詳しくご紹介。
場所はどこ?今の現状は?江戸期佐渡と並び有名栄えた九州の巨大金山とは
世界遺産への推薦が決定した新潟県の佐渡金山。日本最大の金鉱山として有名ですが、鹿児島県にもこれに匹敵する金山が存在していました。発見は鎌倉以前だとも言われ江戸時代には産出量日本一にも。今回は旧薩摩藩の財政を大きく潤した山ヶ野金山の歴史や現状をご紹介。
小野小町の晩年は醜い乞食⁉ 美貌と逸話で有名な平安歌人の謎や伝承とは
世界三大美人の一人、小野小町。平安時代の歌人で百人一首にも登場する彼女ですが、出生から晩年までその実像はほぼ不明とされ、醜い老婆姿や死後のグロテスクな九相図など美女とはかけ離れた絵もあり。今回はこの謎に満ちた有名人、小野小町の諸説伝承等を詳しくご紹介。
今や伝説昭和日本の有名な船 宗谷 南極観測船以外の凄い歴史や活躍とは
日本の初代南極観測船として有名な「宗谷」。戦前より、商船、海軍特務艦、復員船、引揚船、灯台補給船、とそれ以外の活躍も多数あり、数々の修羅場を潜り抜けた奇跡の船としても有名です。今回は昭和日本を代表する船「宗谷」の南極観測船以外の顔をご紹介。
過酷な勤務地と生活実態 観音埼に始まり女島に終わった日本の灯台守
人の寄り付かない険しい島や岬の先端などで船の安全を見守り続ける灯台。それを住み込みで保全管理する人々が灯台守です。過酷な自然と孤独な環境を余儀なくされ、適応できずに発狂死する者も。今回は灯台の起源や歴史と併せ、今は無き日本の灯台守についてもご紹介。
日本唯一の渡り蝶「アサギマダラ」 驚異的距離を飛行する謎多き生態実態
海を越え、驚く距離を旅する日本唯一の渡り蝶アサギマダラ。 中には台湾を越え中国大陸の香港にまで到達した個体も。 マーキング調査の開始以降、飛行距離や飛行日数などその実態が少しずつ解明されてはきましたが、まだまだその多くは謎に包まれています。
監禁暴行虐殺を実態としたタコ部屋労働の恐怖 現場からは人柱の骨も
明治以降北海道開拓を主に存在したタコ部屋労働。 海のタコ部屋たる蟹工船とともに死者続出の過酷な労働環境が明らかとなり当時の日本を震撼させました。 噂の人柱もトンネルの壁奥から人骨が発見され現実に。 悪名高きタコ部屋労働とははたして何だったのか!
日本の漁場下に巨大な海底火山⁉ 大爆発の可能性ある大室ダシの脅威
伊豆大島すぐ沖の“大室(おおむろ)ダシ”と呼ばれる海底の台地。 すでに活動を終えた海底火山だとみられていましたが、詳しい調査で今でも噴火の起こりうる活火山だと判明。 水深の浅さから、大きな破壊力を伴う“マグマ水蒸気爆発”を起こす危険性も。
場所はどこ?現状は? 日本に実在する売春島の真相実態をルポにみる
噂の「売春島」が本当に存在した。起源は江戸時代にあるものの、戦後来島した4人の女が置屋を設け、売春産業を大々的に立ち上げたのが事の始まりです。 が、時代の流れはあまりにも無情でした。三重県渡鹿野島の繁栄と衰退の歴史を人気書籍と併せご紹介。
海水浴に必須の基礎知識 危険な速い引き波 “離岸流” の脅威と脱出法 
暑い真夏の海水浴。即海に飛び込みたいとこでしょうが、離岸流の脅威はご存じでしょうか? 発生地点不明の離岸流は、その流れに捕まれば大人でも逆らうことができず一気に沖へと流されます。パニックに陥り命を落とさないためにも最小限の知識は得ておきましょう。
「#歴史人物」人気ブログランキング
「#事件事故」人気ブログランキング
「#日本史」人気ブログランキング
「#生き物」人気ブログランキング
「#本の紹介」人気ブログランキング
「#電子書籍」人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
~ プロフィール ~
アナトミアン

旅好き、映画好き、読書好き、お酒好き、仕事嫌い、の兵庫県在住中年オヤジ。
ブログは無理せぬレベルでマイペースに更新。
電子書籍にて小説3作も販売してますが、内容が内容のため涙を飲んで宣伝自粛(悲)
中盤をこえた残りわずかな人生、お金では買えない何かを求め目下迷走中。

アナトミアンをフォローする
スポンサーリンク
アナトミアンをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました