ナチスはUFOも開発⁉秘密兵器の極秘書類を手に消えたSS将校の謎

〖ひまつぶし系記事〗
残酷非道ナチスSS大将ハンス・カムラー 機密書類はどこへ? 彼と専用機はどこへ?
〖ひまつぶし系記事〗
〚記事内に広告含む〛
スポンサーリンク

【はじめに】

ハンス・カムラー ナチスドイツ SS 大将 Wikipedia より

第二次世界大戦終結後に生死不明や行方不明とされるナチスドイツの高官は数多く存在しますが、写真の男もその一人。

名は《ハンス・カムラー》(ハンス・フリードリヒ・カール・フランツ・カムラー)で、最終階級はナチス親衛隊(SS)の大将

ユダヤ人絶滅収容所の建設や新兵器の生産監督など、主にナチスドイツの “ハード部門” を渡り歩き、やがてはそっち方面のトップにまで昇りつめた “エリート” とされる人物です。

写真だけ見ればどことなく穏やかそうな紳士、って感じがしないでもありませんが、騙されてはいけません。

冷酷無比な連中が居並ぶ SS 高官の中でもその悪逆非道さは抜きん出ていたとされ、敗戦間際の逃亡にあたっては証拠隠滅のため身内の研究者たちをも多数殺害した男です。

てなわけで、今回はこのナチス SS 極悪大将《ハンス・カムラー》を筆頭に、有名な秘密兵器をも併せてご紹介。





冷酷無比の SS 首脳部 中央が長官のハインリヒ・ヒムラー Wikipedia より
スポンサーリンク

ハンス・カムラーの略歴や生存説 等

第二次大戦中、ナチスドイツではジェット戦闘機弾道ミサイルなど画期的な秘密兵器がいくつも研究開発されており、戦争が長引いていたならドイツが勝利したのでは、とさえ言われています。

一説には、特殊な原理で宙に浮かぶとされる “UFO” さながらの航空機も研究(開発も ?)されていたとか。

終戦直後、それら生産の総責任者であったカムラーは目撃証言等から服毒自殺したとされていますが、他の有力説などもあって真相はイマイチ定かではありません。

敗戦寸前、SS 長官ヒムラーからの出頭命令を断ったあげく、秘密兵器等の極秘書類を手に逃亡を図ったカムラーは当然身内からも追われるハメに。“ヒトラー”“ヒムラー”“カムラー” … 紛らわしくてイラッときますがお間違えなきよう)

カムラー本人や極秘書類だけでなく、彼の専用機ユンカース Ju 390】(下写真参照)までも 1 機行方不明になったままで現在に至るまで発見されていない、って点も大きな謎とされています。

ユンカース Ju 390 Wikipedia より
スポンサーリンク

ハンス・カムラーの略歴

 1901 年 8 月、ドイツ領「シュテッティン」(現ポーランド)にて生まれる

 工科大学で学んだ後、卒業後は技術系公務員に

 20 代後半に結婚(息子 2 人・娘 4 人)

 1932 年 3 月(30 歳)ナチス党(国家社会主義ドイツ労働者党)に入党

 1933 年 5 月(31 歳)ナチス親衛隊に入隊(以降、技術・建設・経済部門を渡り歩く)

 1936 年 4 月(34 歳)親衛隊少尉(以降、9 年間で 9 階級昇進という異例のスピードで出世)

 1944 年 8 月(42 歳)、秘密兵器「V2 ロケット」の生産監督を任される

 1945 年 3 月(43 歳)全ミサイルの生産監督を任され大将に昇進

 同年 4 月(43 歳)全航空機の生産監督も任される(その直後に科学者ら 64 名を銃殺して逃亡)

 同年 5 月(43 歳)、ドイツの無条件降伏直後、逃亡中にプラハ南部の森林内にて服毒自殺  ??

スポンサーリンク

カムラー死亡説はカモフラージュ ??

目撃証言等から一応の “公式記録” では服毒自殺したとされているカムラーですが、遺体は発見されておらず、専用機が行方不明といった件もあわせてその信憑性は乏しいようです。

そうした中、2014 年、ベルリン・フンボルト大学講師で歴史家の《ライナー・カールシュ》氏によって “カムラー服毒自殺説” を真っ向から否定する内容のテキストが公表されました。

その根拠としたのがこれら。

 「アルソス・ミッション」に関与した旧 OSS(CIA の前身機関の一つ)の特別代理人、《ドナルド・W・リチャードソン》氏による カムラーを米国に連行した” という主張

「アルソス・ミッション」とは、米・英が第二次大戦中に敵の科学的発展を発見するために組織した、軍事関係者・科学者・諜報員 のチームによる取り組みのことです。
簡単に言えば『敵の先端技術を探って奪って活用しよう !』といったミッションです。

 カムラー服毒自殺したとされる 1945 年、彼はすでに「ペーパークリップ作戦」の保護リストに掲載されていた

「ペーパークリップ作戦」とは、第二次大戦末期から戦後にかけて行われた米国のミッションで、これは優秀なドイツ人科学者等をリストアップし、戦犯訴追しない & させないという “保護” を条件としてアメリカに亡命させ、その発展に尽くしてもらおうといった作戦です。
簡単に言えば『ソ連よりも先に優秀な科学者を GET しよう !』といった作戦です。
のち、米国 CIA にてなされた極秘洗脳計画(MK ウルトラ計画)では、この時アメリカに渡った元ドイツ人科学者らも多数関与したとされています。

Hulu

上記 のリチャードソン氏は、死の直前に戦中戦後の経験を息子たちに語ったそうで、それによれば カムラー連行後も 1947 年までは彼の監督をしていた” とか。

出どころは不明ながら、カムラーは米国入国後、日の目も見れぬ完全隔離された状況の中で最後は首を吊って自殺した、とする説が現在通説となっているようです。

ちなみに個人的見解では…

カムラー
は “優秀な頭脳” を持った科学者達とはまた違うため、仮に極秘文書を手土産にアメリカへ亡命したのだとすれば、アメリカにとっては書類さえ入手すればもはや “用無し” の男です。

完全幽閉の中で自殺するように仕向けられたか、あるいは自殺に見せかけて殺されたか…

どちらにしても CIA あたりの匂いがプンプンします。



スポンサーリンク

ナチスドイツの代表的な秘密兵器

メッサーシュミット Me262 Wikipedia より

カムラーも関与したナチスドイツの秘密兵器で有名なものが、ジェット戦闘機の【メッサーシュミット Me262】と、“液体燃料” を使用した弾道ミサイルの【V2 ロケット】です。

どちらも “世界初” とされるもので、戦争終結前にギリ実用化はされましたが、まだまだ改良の余地も多く、何より “時すでに遅し” で戦況を覆すまでには至りませんでした。

また【V2 ロケット】に関しては、発射後の迎撃が困難なことから連合国側は発射基地そのものを叩くより他なく、それにより空襲が激化されドイツの敗戦を早めたという皮肉な結果すら生んでいます。

戦後、これらドイツの先端技術は技術者もろともほとんどがアメリカの手に渡り、結果、世界一の軍事大国誕生の一翼を担うこととなりました。

スポンサーリンク

ジェット戦闘機【メッサーシュミット Me262】概要

Wikipedia より

ドイツでは、第二次世界大戦開始の 1 年前(1938 年)よりジェット戦闘機の開発が進められていましたが、「メッサーシュミット社」【Me262】の開発に取り組み、その試作機第 1 号を完成させたのは 1941 年のこと。

その後は試行錯誤だの失敗だのを繰り返しながら試作機 6 号まで作り続けられ、ようやく 1944 年に実戦投入されました。

ジェットエンジンだけあって【Me262】のスピードは驚異的で、高度 6000m での水平飛行で最高時速 870km を誇ったとされます。

これは当時最速とされていた戦闘機よりも約 150km も速く、“敵機よりも 30km 速ければ優位に立つことができる” と言われた当時の空戦事情からすればもはや敵なしとされるスピードでした。

「片方のエンジンが停止した 【Me262】 を追跡したがまったく追いつけなかった」

とは、当時のフランス空軍エースパイロット《ピエール・アンリ・クロステルマン》氏の言。

…にもかかわらず、戦況を大きく変えることができなかったのは、実戦投入が遅すぎたことに加え、戦闘機そのものにも欠点が多かったからとされています。

故障の多いエンジン、燃費の悪さ、機動性の悪さ、加速性の悪さ、貧弱な機体構造… etc

“速い” だけが取り柄でその他諸々がないがしろにされていたのでは話になりません。

これらの欠点をしっかり研究し、克服したものが戦後アメリカなどによって生み出された “強い戦闘機” ってわけです。

メッサーシュミット Me262 地下工場 Wikipedia より



スポンサーリンク

弾道ミサイル【V2 ロケット】概要

全長 14m・直系 1.7m・最大射程 320㎞・最大高度 88㎞…

第二次世界大戦後、兵器に限らず全世界で開発された高性能ロケットはナチスドイツが開発したこの【V2 ロケット】(上写真参照)がほぼ原型だとされています。

そしてそれは 1932 年、単なるアマチュア研究者だった《ヴェルナー・フォン・ブラウン》(上写真参照)がその才能を軍部(陸軍)に見いだされたことから始まりました。

彼は軍部のバックアップのもと、何度も実験や失敗を繰り返しながら 1944 年 9 月、ようやく【V2 ロケット】を実戦デビューさせることができました。

とはいえ、彼のロケット開発への情熱は “戦争” のためではなく本来は “宇宙” に向けたもの。

のちの「ペーパークリップ作戦」によりアメリカへ渡った彼は「アポロ計画」等数々の宇宙ミッションを成功へと導き、同時に彼本来の目的をも見事果たすことができました。

ちなみに実戦投入された当時の【V2 ロケット】はお世辞にも “デキ” のいいロケットとは言えなかったらしく、“誘導システム” も名ばかりで命中精度はかなり低かったそうです。

発射後の故障や暴発も多く、ロンドンに向けて発射された千数百発のうち到達したのはなんと半分以下だったとか。

生産コストもハンパなく、ミサイル 4 発分で爆撃機 1 機が製造できたそうです。

V2 ロケット生産工場 Wikipedia より

【V2 ロケット】の生産は、空から発見されぬようドイツ中部にある岩塩採掘抗跡の工場(写真参照)にてなされましたが、近くの強制収容所より駆り出された、主にフランス人 & ソ連人の労働者(戦争捕虜)は劣悪極まりない環境の中で、約 1 万人が過労死したり殺されたりしたそうです。

この数は、皮肉にもロケットそのものによる死者数より多いと言われています。

スポンサーリンク

ライバル【V1 飛行爆弾】について

V1 飛行爆弾 Wikipedia より
V1 飛行爆弾の爆発現場(1944 年 ロンドン) Wikipedia より

【V2 ロケット】のライバルとしてほぼ同時期(1944 年 3 月)空軍により実戦配備されたのが “元祖巡行ミサイル” とも言われる【V1 飛行爆弾】です。(写真参照)

各種性能は【V2 ロケット】より劣ったものの、構造が簡素で故障も少なく、生産コストが格安(約 1/10)で量産も可能だったことから “費用対効果” の面では【V2 ロケット】よりも遥かに勝っていました(破壊力も【V2 ロケット】より勝っていたそうです)

また、「ブンブン爆弾」などとも呼ばれ、耳障りな独特のエンジン音がロンドン市民を恐怖に陥れるといった、いわゆる “心理的効果” も高かったとされています。

「ペーパークリップ作戦」で渡米したドイツ人科学者たち Wikipedia より
スポンサーリンク

【参考動画】

ナチスドイツが第二次大戦中に研究しただの開発しただのと噂される “UFO” チックな航空機については、都市伝説の可能性も高く資料も乏しいため正直よく分かりません !

てなわけで、そのあたりについては以下騒がしいユーチューバー達におまかせいたします。

ではよろしく。

〖ナチスが極秘に開発していた UFO【都市伝説】〗

約 4 分半
スポンサーリンク
人気ブログランキング


人気ブログランキングでフォロー
オカルトランキング
芸術・人文ランキング
生活・文化ランキング
歴史ランキング
雑学・豆知識ランキング
趣味・ホビーランキング

【オススメ記事】

ポイ活定番人気サイト 選べばコレ!暇潰しはPCスマホで小遣い稼ぎ!
アンケートの回答やゲームで遊ぶだけでポイントが貯まるアンケートサイトやポイントサイト。中でも信頼&実績ある人気どころが「ちょびリッチ」と「infoQ」。ポイントは現金や電子マネーに交換してお好きに使えます。暇な時間を有効活用して小遣い稼ぎ&...
作戦大失敗の爆殺計画 有名なH総統暗殺未遂事件の背景全容を映画に見る
ヒトラー暗殺の計画や未遂の中で最も有名な7月20日事件。総統の爆殺とワルキューレ作戦の成功が鍵を握る陸軍将校主体のクーデター計画です。が結果は見事に失敗。首謀者は誰?目的は何?なぜ失敗した?…等々、事件の背景や全容を人気映画【ワルキューレ】と併せご紹介。
本当は実話?無音巨大原潜をソ連が開発!が内容の米ソ冷戦超大作映画はコレ
ソ連がスクリュー不要の無音推進潜水艦を開発し、核ミサイル満載で米国へ向けやって来る…、という東西冷戦時を背景とした米大ヒット映画が【レッドオクトーバーを追え】です。原作小説はレーガン大統領をも虜にし、フィクションながら真実味をも漂わせる内容で超必見!
暗殺せず別人に改造⁉米ナチ転覆仰天計画H総統女性化作戦の真相全容とは
第二次大戦とユダヤ人虐殺を煽動した旧ナチスドイツの悪名高き独裁者アドルフ・ヒトラー。狂った彼を総統の座から失脚させるべく米諜報機関OSSが極秘に計画したのが珍妙仰天チョビ髭をも落とそうとした女性ホルモン投与作戦。果たしてその全容・背景・成否たるやいかに!
謎多き現場と変死体 解明なるか超有名ロシア雪山遭難事件の真相全容
遺体の状況等不可解な事実が多く、未だ真相不明のディアトロフ峠事件。旧ソ連の若者ら9名がウラル山脈で変死した世界一有名であろう雪山遭難怪死事件です。雪崩に殺人にUFOに雪男… 諸説渦巻くその真相全容は何なのか、綿密な調査検証を元に某動画が解き明かす。
映画でも有名なモーツァルト晩年の未完曲レクイエム 謎の真相はコレ
映画アマデウスでも有名なモーツァルト晩年の謎多き未完曲レクイエム。長年作曲背景は不明でしたが1964年に見事その真相が判明。一体誰が何の目的で作曲を依頼したのか… 今回はその作品完成までの背景に加え、モーツァルトの実像&有名なエピソード等も併せてご紹介。
九龍城砦の歴史や実態は?貧困犯罪迷路で有名な香港無法ビル街大解剖!
香港映画等でお馴染みの九龍城砦。かつて中国香港に存在し長らく無法地帯とされた悪名高きスラム街です。内部は昼なお暗く部外者が入れば簡単には抜け出せぬまさに迷宮。が、元は治安維持を目的とした本物の城塞がそこにあったとか。その歴史や実態を動画と併せご紹介。
真相不明の謎多き人魂 霊か自然現象かその正体実態&発生原因有力説とは
古来より多くの人々に目撃され万葉集にも登場する人魂。日本では死者の魂が宿った火の玉だとされ鬼火や狐火と並び恐れられてきました。が、時代の流れに伴い真相究明を試みる科学者らが出現。心霊現象か自然現象か、果たしてその正体実態や発生原因有力説とは何なのか!
世界三大怪物フランケンシュタイン誕生の背景&女性小説原作者の実像とは
ドラキュラ、狼男と並ぶ有名怪物フランケンシュタイン。その顔は今やすっかりお馴染みですが、原作とは全く違い名前も本来ありません。若く美しい原作者メアリーシェリーはどのような生活環境の中でこの名作を編み出したのか、彼女の実像と併せその背景等を詳しくご紹介。
オウムAの正体はUFO⁉ 真相解明なるか太陽系外からの謎の飛来物
2017年、ハワイの天文台で正体不明の物体が発見されオウムアムアと命名された。観測史上初の恒星間天体であるが、彗星とも小惑星ともとれぬ観測データからUFO説も浮上。謎多きこの来訪者の正体実態は一体何なのか。最新の有力説や注目の探査計画と併せご紹介。
有名な日本の幽霊船【良栄丸】 食人疑惑も残る太平洋漂流漁船の記録
日本を代表する幽霊船として名高い良栄丸。和歌山船籍の小型マグロ漁船で、大正15年、乗組員12名と共に出漁し北太平洋で行方不明に。アメリカに漂着した彼らは既にミイラ化白骨化しており一説には食人の可能性も。残された航海日誌や遺書等からその航跡を辿る。
墜落原因は虫⁉蜂が計器と操作を狂わせた有名な飛行機事故の背景詳細とは
1996年2月6日夜、ドミニカ共和国プエルト・プラタ空港発の飛行機が離陸直後大西洋に墜落。調査の結果原因は蜂の可能性が最も高いとされました。小さな虫で巨大な飛行機が墜落したその背景は何なのか。今回は有名なバージェン航空301便の墜落事故をご紹介。
解読なるか中世の不可解な暗号書物!超有名な謎の手稿がネット閲覧可
中世ヨーロッパ発、謎多き書物として世界一有名なヴォイニッチ手稿。意味不明な挿絵と不可解な文字で構成され、何かの暗号ともされていますが未だ解明ならず。手稿は現在イエール大学の図書館に収蔵されネットにて公開中。お暇潰しに暗号解読などいかがでしょうか?
元日本兵小野田さんも出身 旧陸軍極秘組織のスパイ養成機関中野学校とは
太平洋戦争直前、諜報謀略防諜の必要性から日本にスパイ養成機関が誕生。映画化もされましたが、旧日本兵がフィリピンルバング島のジャングルで発見され一躍有名に。彼はその姉妹校の出身でした。今回は小野田寛郎元少尉の人物像と併せ陸軍中野学校をご紹介。
暗殺で有名イスラエル諜報機関モサド 世界最強スパイ組織の実像実態とは! 
米国のCIAやNSA、英国のMI6をも上回る世界最強の対外諜報機関がモサド(イスラエル諜報特務庁)です。情報収集や元ナチス戦犯の逮捕、敵対国への攻撃や要人の暗殺等が主な任務で、ユダヤ人社会の平和と存続のために設立されました。果たしてその実態やいかに!
核戦争勃発寸前過去最大の世界危機 映画でも有名な米ソミサイル事件とは
西側と東側が核弾頭を突き合わせて睨み合う冷戦のさなかに第三次大戦勃発寸前にまでさせたキューバ危機。アメリカの目と鼻の先キューバに旧ソ連がこっそりミサイル基地を建設していたというものです。発見後アメリカは爆撃も含めた対応協議を即開始し世界は恐怖の渦に。
日本最強の戦闘機部隊アグレッサー ド派手塗装の機体が担う特殊任務とは
航空自衛隊の主力戦闘機F15イーグル。そのパイロットの中から特に優秀な者だけが選抜され構成されるのが、空自最強の戦闘機部隊、飛行教導群(アグレッサー部隊)です。 ド派手な塗装の機体とともに日本全国の基地を転々とする彼らの任務や実像等を詳しくご紹介。
地球は小さな点 セーガンが最後に撮らせたボイジャーの有名写真とは
地球から最も遠い人工物ボイジャー1号。木星や土星を調査したNASAの宇宙探査機です。彼の撮影した有名な写真がほぼ見えない地球「ペイル・ブルー・ドット」。故カールセーガン氏の平和への想いがこの1枚に凝縮しています。偉大なるボイジャー兄弟と併せご紹介。
秘密結社〚フリーメイソンリー〛の活動や組織の全貌実態、入会条件や方法とは
歴史も長く、世界最大の友愛結社として名高いフリーメイソンリー。政界財界の著名人なども多数名を連ね、“世界を支配する闇の組織”などと思われがちですが、現実はかなりちがう様子。その活動内容や組織の実態と併せ、入会条件や入会方法など幅広くご紹介。
量産可能で用途広い世界最強ミノムシの糸 実用化で産業社会は大変化
これまでのカイコシルクに加え研究されてきた新素材、クモの糸やミノムシの糸の実用化がここ最近ようやく現実味を帯びてきました。中でも日本発ミノムシの糸はクモの糸を凌ぐ自然界最強の糸だと証明され、今後あらゆる分野での幅広い活用が期待されています。
「#宇宙」人気ブログランキング
「#歴史人物」人気ブログランキング
「#事件事故」人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
~ プロフィール ~
アナトミアン

旅好き、映画好き、読書好き、お酒好き、仕事嫌い、の兵庫県在住中年オヤジ。
ブログは無理せぬレベルでマイペースに更新。
電子書籍にて小説3作も販売してますが、内容が内容のため涙を飲んで宣伝自粛(悲)
中盤をこえた残りわずかな人生、お金では買えない何かを求め目下迷走中。

アナトミアンをフォローする
スポンサーリンク
アナトミアンをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました