甲府は一生生き地獄の赴任先⁉ 江戸武士が最も恐れた有名な左遷とは

ひまつぶし系記事
スポンサーリンク

【はじめに】

〖甲府へ行くくれーなら死罪のほうがマシじゃぁぁ !!〗

江戸時代、幕府より【甲府勤番詰(こうふきんばんづめ)を命じられた武士たちはみなそう言って涙したそうな。

“甲府勤番” は現代社会に生きる官僚やエリートサラリーマンたちの間でも、返り咲き不可能な “死刑” のごとき左遷を意味する言葉としてよく使われたりもします。

それにしても、罪人による強制労働ならまだしも、彼らの身分は “武士” で一応は当時の支配者階級の一員です。

そんな彼らがこぞって “死んだほうがマシ” と嘆き、実際多くの自殺者をも出したというその赴任先とは果たしてどんなものだったのでしょうか。

一足遅れで任地にやって来るはずだった新妻がいつまで経っても来てくれず、数年後に発狂して庭の木で首を吊った… なんて事例も。

てなわけで、今回は江戸時代の旗本や御家人たちを奈落の底に突き落としたとされる有名な左遷、【甲府勤番詰】なるものをご紹介。

スポンサーリンク

“甲府” 支配の移り変わり(鎌倉~江戸)

甲府城の古絵図

Wikipedia より

昔の “甲府” とはザックリ言えば今の山梨県のことで、鎌倉時代に入ると源氏一門の《武田》氏が【守護】として当時の当地 “甲斐国(かいのくに)” を支配することとなり、やがて戦国時代には《武田信玄》が治水や金山の整備開発を行うなどして大きく発展させました。

その後は、《徳川》家 ⇨《豊臣》家 の支配を経て江戸時代には再び《徳川》家が支配することとなり、中でも “甲府藩” は幕府の重要拠点でもあったことからその【大名(甲府城主)】には主に《徳川》家の者が任命され、のち 1724 年には 8 代将軍《徳川吉宗》によって “藩” から幕府直轄地の “天領” へとさらなる格上げがなされました。

スポンサーリンク

“甲府勤番” とは

甲府城の図 国立国会図書館デジタルコレクション より

通常 “天領” を管理監督する者は【勘定奉行】配下の【郡代】【代官】ですが、甲府は「甲府城」をも抱えたその土地の重要性から、さらに【老中】直轄として 2 名の【甲府勤番支配】(追手 & 山手)なる役職も上級旗本より選任されました。(上図参照)

ようするに、【代官】【甲府勤番支配】のダブル支配ってことです。

【甲府勤番支配】といった役職はしょせん出世コースの一通過点であり、特に問題さえなければ彼らは数年でその地を離れることができましたが、反面、配下の武士たる【甲府勤番士】(甲府勤番詰)はというと、ひとたび辞令が下ればもはや返り咲くことはほぼ不可能で、その多くが一生その地から離れることはできませんでした。

“死罪のほうがマシ” と言わしめるだけあって、生活環境の厳しい山々に囲まれた地で一生を終えるのは、華美な江戸の町に慣れ親しんできた旗本や御家人たちにとってはこの上なく耐え難いものだったようです。

「旗本(はたもと)とは 1 万石以下の将軍直属の家臣(直参(じきさん))のうち 将軍に謁見できる者” をいいます。
同じく直参で、将軍に謁見できない者”「御家人(ごけにん)です。
両者の格差は大きく、「御家人」から「旗本」への昇進はよほどの功績でもない以上はほぼ不可能でした。

【甲府勤番】の設立・職務・編成

国立国会図書館デジタルコレクション より

“甲府勤番” なる職制は、江戸中期(1724 年)に “甲府藩” が廃止され “天領” に格上げされたタイミングで代官所(数ヶ所)とともに設置されました。

地域地域における租税の徴収や戸籍調査がメインの代官所役人とは違い、より一層重要な甲府城の守備警護や城下の行政・治安維持などを司るというのが彼らの役割で、設立当初の構成人員は、【甲府勤番支配】2 名、【甲府勤番士】200 名、【与力】20 名、【同心】50 名と定められていたようです。

幕府の重要な “左遷先” でもあり、これより増えることはあっても減ることはなかったのではないでしょうか。

スポンサーリンク

やがて “ボンクラ武士” の巣窟に

誰もに忌み嫌われた【甲府勤番詰】は、いわば必然的に問題のある旗本や御家人の左遷先とされるようになりました。

法では裁けず、あるいは法で裁くほどでもない旗本や御家人をこらしめる場として幕府上層部にうまく “活用” されたってわけです。

中には芸者に狂った旗本の “付き人” だったというたったそれだけで上層部に睨まれ甲府送りになった、などという哀れな御家人も…

人生終わりの彼らにはもはや忠誠心やヤル気などこれっぽっちもなく、すぐさまボンクラ揃いの掃き溜め集団へとなり果てていきました。

というか、まともな人間は発狂するか死を選び、結果としてボンクラだけが溜まっていったというのが正解なのかもしれません。

足元で起こったいつぞやの一揆では自力鎮圧できずに隣の藩に助けてもらい、また幕末期にいたっては敵軍に攻め入られる前に勤番士のほとんどが甲府城から逃げ去ったそうです。

情けなや…

しかしながら、中央からは何らの干渉もされず、毎日フラフラと過ごしながらも “一公務員” として給料だけはもらえていたのであれば、辛いどころか人によっちゃそれこそ “天国” だったのではないでしょうか。

似たような “税金泥棒士” は今の日本にもワンサカいらっしゃるような気がしてなりません。

スポンサーリンク

【参考動画】

〖甲府城〗

約 2 分半

【オススメ書籍】〖江戸の組織人〗山本 博文 著

【Amazon】(通常版)※ 試し読み可

【Amazon】(電子版)※ 試し読み可

【楽天】(通常版)

【楽天】(電子版)

【U-NEXT】なら格安で読める !

U-NEXT より
スポンサーリンク



【各種ご案内】

【オススメ記事】

楽しく簡単に収入UP 隙間時間はPCスマホでポイント&小遣い稼ぎ
アンケートの回答やゲームで遊ぶだけでポイントが手に入るアンケートサイトやポイントサイト。今回はその中から信頼ある「ちょびリッチ」と「infoQ」をご紹介。貯まったポイントは現金や電子マネー等に交換できます。空き時間をうまく活用してお小遣いGET!
作者は誰?歌詞の意味は? 謎多き日本国歌【君が代】誕生の背景歴史
日本人なら事ある毎に聞かされ歌わされる【君が代】。その歴史は古く、平安時代の有名な古今和歌集がその起源だとか。果たしてどのような経緯で日本国歌となったのか、また作者は誰で歌詞の意味は何なのか、などなど今回は諸説渦巻く謎多き日本国歌【君が代】をご紹介。
寝取られ女が後妻妾に大復讐!古き日本の有名な奇習うわなりうちとは
夫を寝取られた女が愛人や後妻に力で復讐する【うわなりうち】。江戸時代まで続いた奇妙な風習で、嫉妬に狂った北条政子による「亀の前事件」は最も有名。当時の女達に認められた恐るべき奇習の実態とは果たしてどんなものだったのか、当時の史料文献をもとにご紹介。
太夫や花魁って何?歴史や実態は?江戸最大の遊女街吉原遊廓を大解剖!
ソープ街で有名な吉原。江戸時代に設立された幕府公認の売春街【吉原遊廓】がその起源で、日本文化の発信地でもありました。美貌・知識・教養に富み、日本中の男を虜にした太夫や花魁とははたしてどんな遊女だったのか。その実像と併せ、吉原遊廓の栄枯盛衰をご紹介。
有名な日本の幽霊船【良栄丸】 食人疑惑も残る太平洋漂流漁船の記録
日本を代表する幽霊船として名高い良栄丸。和歌山船籍の小型マグロ漁船で、大正15年、乗組員12名と共に出漁し北太平洋で行方不明に。アメリカに漂着した彼らは既にミイラ化白骨化しており一説には食人の可能性も。残された航海日誌や遺書等からその航跡を辿る。
隠密【江戸城御庭番】は忍者?徳川幕府の将軍直属諜報機関の実像とは
江戸幕府で隠密や警備として重用された伊賀甲賀の忍者。彼らとは別に将軍の命令のみで動いたスパイ組織が御庭番です。時代劇では忍者さながらの御庭番ですが実像実態はどうだったのでしょうか。今回は8代将軍徳川吉宗が設立した将軍直属の諜報機関「御庭番」をご紹介。
贅沢と確執で有名な大奥 女中の階級や収入等謎多き組織の実態や詳細
欲望、確執、嫉妬、が渦巻く男子禁制の女の園、江戸城大奥。将軍の跡継ぎを確実に得ることが大きな役割で、男では将軍のみが自由な出入りを許されました。奥女中達のボスは誰なのか?将軍の子作り相手は誰なのか?などなどベールに包まれたその中身を詳しくご紹介。
佐渡以外にもあった有名な大金山!鹿児島県山ヶ野金山の歴史や現状等
世界遺産への推薦が決定した新潟県の佐渡金山。日本最大の金鉱山として有名ですが、鹿児島県にもこれに匹敵する金山が存在していました。発見は鎌倉以前だとも言われ江戸時代には産出量日本一にも。今回は旧薩摩藩の財政を大きく潤した山ヶ野金山の栄枯盛衰をご紹介。
小野小町の晩年は乞食⁉ 美貌と逸話で有名な平安歌人の謎や伝承とは
世界三大美人の一人、小野小町。平安時代の歌人で百人一首にも登場する彼女ですが、出生から晩年までそのほとんどが明らかにされていません。老いた姿や死後のおぞましい九相図など美女とはかけ離れた絵も。今回はこの謎に満ちた美女、小野小町の諸説伝承等をご紹介。
昭和日本を代表する有名な船 宗谷 南極観測船以外の歴史や活躍とは
日本の初代南極観測船として有名な「宗谷」。戦前より、商船、海軍特務艦、復員船、引揚船、灯台補給船、とそれ以外の活躍も多数あり、数々の修羅場を潜り抜けた奇跡の船としても有名です。今回は昭和日本を代表する船「宗谷」の南極観測船以外の顔をご紹介。
過酷な勤務地と生活実態 観音埼に始まり女島に終わった日本の灯台守
人の寄り付かない険しい島や岬の先端などで船の安全を見守り続ける灯台。それを住み込みで保全管理する人々が灯台守です。過酷な自然と孤独な環境を余儀なくされ、適応できずに発狂死する者も。今回は灯台の起源や歴史と併せ、今は無き日本の灯台守についてもご紹介。
【小倉百人一首】読み札画像付現代語訳一覧&坊主めくりの遊び方動画
歌がるたや坊主めくりなど家族みんなで楽しめる小倉百人一首。元は鎌倉時代に編集された歌撰で、藤原定家が100人の歌人の優秀な和歌を一首ずつ色紙にしたためたものがその原型です。今回はその歌番号100番までの全てを現代語訳とともに読み札画像付でご紹介。
日本の村々に戦後まで存在した性の風習「夜這い」の実態を書籍に見る
性行為目的で深夜女性の部屋にこっそりと忍び入る「夜這い」。歴史的風習として戦後に至るまで日本各地で行われてきました。性犯罪とはまた違ういわば地域公認の制度です。今回はこの「夜這い」の何たるやと併せ、その実態をリアルに記した赤松啓介氏の書籍をご紹介。


【セレクション】

【UC プラチナカード】は UC ブランドの最上位にランクされるクレジットカードで、2021 年 6 月にデビューした今注目の一枚です。
年会費は税込み 16,500 円とプラチナカードの中では割安なコストで所有でき、家族カードも1枚税込み 3,300 円とファミリーで所有しても低コストに使えます。
空港ラウンジコンシェルジュといったプラチナらしい贅沢な特典だけでなく、コロナ禍だからこそ使いたいスマホや PC などの端末補償やオンラインサービスの特典なども付帯された、豪華さと便利さを併せ持ったクレジットカードです。

◆おすすめユーザー◆
30 代以上の男女

ユーシーカード株式会社


【節約のお供に】


【自宅時間を有効活用】

【イードアワード受賞歴】
☆★こども英語教材 「小学生」顧客満足 No.1 
2018・2019・2021 年 受賞
☆★通信教育 「小学生タブレット」顧客満足度 No.1
2017・2018 年 受賞
☆★こども英語教材 「未就学児」顧客満足度 No.1
2019・2020 年 受賞

資料請求無料!
約 2 週間自宅でお試し《全額返金保証》実施中!

紙のように書いて学べ、お子さまを飽きさせない仕組みなどで利用者から高い評価を受け続けている、幼児・小学生・中学生 向けタブレット型通信教育サービス「スマイルゼミ」。
2022 年 4 月より幼児コース・小学生コースでは学年を超えて 学べる無学年学習[コアトレ]が加わります!

<特徴>

●すまいるぜみ幼児コース●
1. 小学校入学までに身につけたい、ひらがな、カナカナ、時計、数字、図形など 10 分野が学べる!
2. 大画面、専用タブレットで学ぶから、安心してお子さまにお使い頂ける!
3. 楽しみながら繰り返し学べる仕組みでお子さまが一人でもすすめやすい!

●スマイルゼミ小学コース●
1. 教科書準拠。5 教科標準配信!
2. 迷うことなく学習できるタブレットだから一人でもどんどん学べる!
3. 英語やプログラミングも標準配信!
4. 学習状況はスマホでいつでもカンタンに確認できる!

● SMIE ZEMI 中学コース●
1. 全 9 教科・全教材が個別指導式で最適に学べる!
2. 中学 3 年間の家庭学習を徹底サポート!
3. “ジブン専用” の定期テスト対策で 9 教科まるごと点数アップ!
4. “ジブン専用” の入試攻略プランで無駄なく志望校合格へ導く!

★無学年学習[コアトレ]とは?★
2022 年 4 月より幼児コース・小学生コースに搭載される、学年を超えて、先取りやさかのぼり学習ができる新しい学習スタイル。
幼児レベルから中学レベルまで、学びの土台となる「算数・数学」「国語」の幅広い領域を学習できます。
幼児コース・小学生コースの加入者は追加料金なしで利用出来ます。

〖スマイルゼミと他社タブレットの比較〗

株式会社ジャストシステム

オンライン英会話「レアジョブ」


【外出不要チンごはん】

ベジ活スープ食
【セレクション倉庫】(PC・タブレット での閲覧推奨)
有料無料を問わず【便利なモノ】【オトクなモノ】【珍しいモノ】などさまざまな商品やサービスがズラリです。宝探し気分でどうぞ。(数が多いためスマホでの閲覧はキツイかも…)
~ プロフィール ~
アナトミアン

旅好き、映画好き、読書好き、お酒好き、仕事嫌い、の兵庫県在住中年オヤジ。
ブログは無理せぬレベルでマイペースに更新。
電子書籍にて小説3作も販売してますが、内容が内容のため涙を飲んで宣伝自粛(悲)
中盤をこえた残りわずかな人生、お金では買えない何かを求め目下迷走中。

アナトミアンをフォローする
ひまつぶし系記事
スポンサーリンク
アナトミアンをフォローする
【アナトミア】

コメント

タイトルとURLをコピーしました