昭和日本を代表する有名な船、宗谷 南極観測船以外の歴史や活躍とは

ひまつぶし系記事
スポンサーリンク

【はじめに】

1957年(昭和 32 年) 第二次南極観測出発直前の宗谷 Wikipedia より

日本の『南極観測船』としてあまりにも有名な【宗谷(そうや)

おそらくご存知の方は多いでしょう。

ところがこの【宗谷】『南極観測船』としての役割を担ったのは 1956 年(昭和 31 年)から 1962 年(昭和 37 年)までのたかだか 6 年間で、戦前、戦中、戦後、の長きに渡ってあらゆる場面で活躍した、まさに “昭和日本” を代表する船だったのです。

【宗谷】は元はといえば戦前、ソビエト通商代表部に「商船」として引き渡すはずであった 3 隻のうちの 1 隻で、船名も当初は【ボロチャエベツ】

ところが戦争直前の際どい国際情勢から引き渡しはなされず、船名も【地領丸】と改められ、わが国において「商船」としてデビューすることとなりました。

しかしながら、すぐさま日本は戦争へと突入し、【地領丸】も海軍の「特務艦」として過酷な戦場へと駆り出されることとなり、その後は波乱に満ちた人生(船生 ?)を歩むこととなります。

てなわけで、今回は “奇跡の船” ともいわれる【宗谷】『南極観測船』以外の顔をザックリとご紹介しましょう。

スポンサーリンク

【宗谷】の概要・略歴

❶ 1936 年(昭和 11 年)

ソビエト通商代表部からの注文を受け長崎県の造船所にて起工。

❷ 1938 年(昭和 13 年)

竣工 & 進水。

全長約 82m、最大幅約 13m、総トン数約 2200t、といった小回りの利くサイズ(全長=戦艦大和の約 1/3)で、姉妹船【天領丸】&【民領丸】とともにソビエトへの引き渡しはなされず日本の商船【地領丸】としてデビュー。

❸ 1939 年(昭和 14 年)~ 1945 年(昭和 20 年)

帝国海軍に「特務艦」として徴用・買上げされ、船名を【地領丸】から【宗谷】に改める。

戦時中は測量や輸送等の雑用船として激戦地を転々とし、敗戦後は一旦 GHQ の管理下に。

❹ 1945 年(昭和 20 年)~ 1948 年(昭和 23 年)

GHQ から大蔵省へと引き渡され、船名を【宗谷丸】と改めたうえ「復員船」として使用。

次いで民間組織へと引き渡され、「引揚船」として使用。

➎ 1950 年(昭和 25 年)~ 1955 年(昭和 30 年)

海上保安庁に移籍され、船名を【宗谷丸】から再び【宗谷】に戻す。

改装の後、日本各地の灯台に物資を運ぶ第七代「灯台補給船」となる。

❻ 1956 年(昭和 31 年)~ 1978 年(昭和 53 年)

「灯台補給船」から「巡視船」へと種別変更され、大改造を施された後、1962 年までは『南極観測船』(第 1 次 ~ 第 6 次)としての役割を担う。

❼ 1979 年(昭和 54 年)

海上保安庁に所属したまま「巡視船」として引退を迎えた【宗谷】は、 2021 年現在、東京都品川区にある「船の科学館」にて“海上保安庁唯一の保存船” として一般に展示公開されている。

スポンサーリンク

「海軍特務艦」としての【宗谷】

大日本帝国海軍の特別観艦式 Wikipedia より

1940 年(昭和 15 年)2 月 20 日、海軍の「特務艦」に編入された【地領丸】は同日付で新たに【宗谷】と命名されました。

【宗谷】の艦名は海軍では二代目だそうで、初代は日露戦争でロシアから奪った某巡洋艦だとか。

「特務艦」などといえば “極秘任務” を命じられたかのごとく聞こえはいいですが、二代目【宗谷】の役回りは『雑用運送艦』でした。

貨物船ながらも優れた砕氷能力・耐氷能力を持ちあわせ、また当時では珍しい英国製の最新ソナーを装備していたことから海軍上層部には早くから目を付けられていたようです。

「特務艦」時代の【宗谷】は人員の移送や物資の輸送、その他占領地周辺の測量など、危険地帯を行ったり来たりさせられながら数々の修羅場を味わうこととなります。

ちなみに、姉妹船の【天領丸】&【民領丸】は陸軍に徴用され、【天領丸】は昭和 20 年 5 月に、【民領丸】は昭和 19 年 2 月に、それぞれ米潜水艦の魚雷攻撃によって沈没しています。

スポンサーリンク

奇跡の船【宗谷】

【宗谷】“奇跡の船” と呼ばれるゆえんは、この「特務艦」時代に数多くの危機一髪を乗り越えてきたからに他なりません。

ミッドウェーやラバウルなど激戦地を転々とさせられていた【宗谷】は、そのつど米潜水艦や戦闘機・爆撃機の標的となり激しい攻撃にさらされました。

しかしながらすべて致命傷に至ることはなく、時には魚雷が命中したにもかかわらずたまたま不発だったため難を逃れた、なんてことも。

“濃霧” など自然現象で救われたこともあり、周囲の艦船が次から次へと撃沈されゆく中で、なぜか【宗谷】だけは神にでも守られているかのごとく毎回奇跡的に生還することができたのです。

「復員船」・「引揚船」としての【宗谷】

終戦直後の 1945 年 10 月、GHQ から大蔵省の管理下に移された【宗谷】は船名を【宗谷丸】と改め、国外に残された兵隊を日本に帰還させるための「復員船(復員輸送艦)として、主に東南アジア諸国へと出向きました。

復員任務が一段落した後は大蔵省から民間組織へと移籍され、国外の民間人を帰国させるための「引揚船」として、主に中国、朝鮮、樺太などへと出向き、累計 2 万人近い引揚者を運んだとされています。

ちなみに、この引揚時に【宗谷丸】の船内で誕生した女児が複数名存在するようですが、名付け親になった当時の船長はみな「宗子(もとこ)と名付けたようです。(苦笑)

スポンサーリンク

「灯台補給船」としての【宗谷】

戦後約 4 年が経過し、GHQ より「引揚船」としての任を解かれた【宗谷丸】は、その後引退するまで一貫して海上保安庁に所属することとなります。

船名を再び【宗谷】に改め、1950 年(昭和 25 年)、必要な改装が施されたのち真っ先に与えられたのは、日本の津々浦々にある灯台やそれを管理する灯台守、及びその家族へ向けて必要な物資を輸送する「灯台補給船」としての任務です。

民間からチャーターしていた第六代「灯台補給船」を船主に返還しなくてはならなくなったため、その代船として急遽【宗谷】に白羽の矢が立てられたのでした。

今でこそ日本の灯台はすべて無人化されていますが、2006 年まではわが国にも “灯台守(とうだいもり) といった人達が存在していたのです。

北の果てから南の果てまで、灯台の多くは人里離れた厳しい環境に存在し、海に面した灯台への物資輸送は陸路に比べ船を使う方がより確実でした。

東京港を母校として、夏は北海道、秋は九州、といったように季節によってコースが定められており、灯台守やその家族からは「燈台の白姫」「海のサンタクロース」などと呼ばれ親しまれていたそうです。

「灯台守」についての詳細は以下記事にて

過酷な勤務地と生活実態 観音埼に始まり女島に終わった日本の灯台守
人の寄り付かない険しい島や岬の先端などで船の安全を見守り続ける灯台。それを住み込みで保全管理する人々が灯台守です。過酷な自然と孤独な環境を余儀なくされ、適応できずに発狂死する者も。今回は灯台の起源や歴史と併せ、今は無き日本の灯台守についてもご紹介。
スポンサーリンク

「巡視船」としての【宗谷】

【宗谷】南極への通常ルート Wikipedia より
第 2 次観測前の【宗谷】 Wikipedia より

約 5 年半「灯台補給船」として任務を全うした【宗谷】は、 “運の強さ” など様々な点から考慮された結果、初代『南極観測船』(種別は「巡視船」)へと大抜擢され、すぐさま大掛かりな改造が施されることとなりました。

そして 1956 年(昭和 31 年)の第 1 次観測から 1962 年(昭和 37 年)の第 6 次観測までの 6 年間、日本と南極との往復を繰り返しながら “タロジロ物語” など様々なドラマを築き上げ、【宗谷】の名は一気に日本全国へと広まりました。

その後、二代目『南極観測船』の【ふじ】へとバトンタッチして以降引退までの約 16 年間は、“海上保安庁最大の「巡視船」” として様々なイベント活動や救助活動、調査活動などで日本の海を東奔西走することとなります。

125 隻の船、1000 名以上の救助実績を上げ「海の守り神」とも呼ばれるようになりました。

「巡視船」の解役式に海上保安庁の長官自らが出席したのはこの【宗谷】のみ(2017 年時点で)だそうで、こうしたことからもこの船の偉大さが窺い知れましょう。

スポンサーリンク

最後に

【宗谷】「船の科学館」にて Wikipedia より

「奇跡の船」「不可能を可能にする船」「燈台の白姫」「海のサンタクロース」「福音の使者」「帝国海軍最後の生き残り」… etc

これら多数の愛称を持つことからも【宗谷】の深い歴史と愛されぶりがよくわかります。

記事作成にあたって参考にしたある資料〖国立国会図書館デジタルコレクション〗「太平洋学会誌」に、【宗谷】は日本人のお父さん” との例えが記されていました。

社命ひとつで各地を転々とさせられ、クタクタになりながらも一生懸命にコツコツと働く…

激動の昭和を生き抜き、陰に日向にと日本を支え続けた【宗谷】は、まさに “昭和のお父さん” そのものの姿に他なりません。

おん年 80 歳を回った彼は、現在東京都品川区にある「船の科学館」にてゆっくり過ごしてらっしゃいます。

入館料も無料ですし、興味のある方はぜひ一度足を運ばれてみてはいかがでしょうか ?

〖船の科学館 HP〗では【宗谷】“360 度バーチャル見学” やドローンによる “空撮動画” も楽しめますのでこちらもオススメ !

あと、どうでもいい話ですが…

日本の “ダッチワイフ” として名高い「南極 1 号」は、当時の文部省が南極越冬隊員のために作らせたのがその名の由来なんだとか…

お堅い日本の省庁が我々の税金で “ダッチワイフ” を作らせただなんてなんだか意外ですね。(笑)

おすすめ映画

タロジロの感動の実話〖南極物語〗や、灯台守の厳しい日常を描いた〖喜びも悲しみも幾歳月〗は日本映画を代表する名作で、まだ見られたことのない方にはぜひオススメいたします。

古い映画ですが、両作品とも動画配信サービス「U-NEXT」にて現状(2021 年 12 月現在)タダでご覧になれます。
詳しくは以下記事にて

人気雑誌が読み放題でAVも見放題 VOD選ぶならコスパ最高のコレ
コロナ禍の昨今、映画は自宅でって方が大半だとか。今やすっかり定着した動画配信サービスのVODですが今後検討される方は多数ある中からどれを選ぶべきか大きく悩まされるカモ。他社を圧倒する動画本数に加え、雑誌読み放題&AVも見放題でコスパ最高なのはコレ
スポンサーリンク



【オススメ記事】

楽しく簡単に収入UP 隙間時間はPCスマホでポイント&小遣い稼ぎ
アンケートの回答やゲームで遊ぶだけでポイントが手に入るアンケートサイトやポイントサイト。今回はその中から信頼ある「ちょびリッチ」と「infoQ」をご紹介。貯まったポイントは現金や電子マネー等に交換できます。空き時間をうまく活用してお小遣いGET!
有名な日本の幽霊船【良栄丸】 食人疑惑も残る太平洋漂流漁船の記録
日本を代表する幽霊船として名高い良栄丸。和歌山船籍の小型マグロ漁船で、大正15年、乗組員12名と共に出漁し北太平洋で行方不明に。アメリカに漂着した彼らは既にミイラと白骨でした。一説には食人の可能性も。残された航海日誌と遺書からその航跡を辿る。
墜落原因は虫⁉蜂が計器と操作を狂わせた有名な飛行機事故の詳細とは
1996年2月6日夜、ドミニカ共和国プエルト・プラタ空港発の飛行機が離陸直後大西洋に墜落。調査の結果原因は蜂の可能性が最も高いとされました。小さな虫で巨大な飛行機が墜落したその背景は何なのか。今回は有名なバージェン航空301便の墜落事故をご紹介。
佐渡以外にもあった有名な大金山!鹿児島県山ヶ野金山の歴史や現状等
世界遺産への推薦が決定した新潟県の佐渡金山。日本最大の金鉱山として有名ですが、鹿児島県にもこれに匹敵する金山が存在していました。発見は鎌倉以前だとも言われ江戸時代には産出量日本一にも。今回は旧薩摩藩の財政を大きく潤した山ヶ野金山の栄枯盛衰をご紹介。
過酷な勤務地と生活実態 観音埼に始まり女島に終わった日本の灯台守
人の寄り付かない険しい島や岬の先端などで船の安全を見守り続ける灯台。それを住み込みで保全管理する人々が灯台守です。過酷な自然と孤独な環境を余儀なくされ、適応できずに発狂死する者も。今回は灯台の起源や歴史と併せ、今は無き日本の灯台守についてもご紹介。
自宅PCでネット閲覧できる国立国会図書館の資料や書籍の検索保存法
日本の図書館の総本山たる国立国会図書館。貴重な書物の宝庫として日々多くの人が訪れます。著作権等で保護対象のもの以外はネット公開もされており自宅PCでの閲覧が自由に可能です。今回は基本的な検索方法と併せ「国立国会図書館デジタルコレクション」をご紹介。
日本唯一の渡り蝶「アサギマダラ」 驚異的距離を飛行する謎多き生態実態
海を越え、驚く距離を旅する日本唯一の渡り蝶アサギマダラ。 中には台湾を越え中国大陸の香港にまで到達した個体も。 マーキング調査の開始以降、飛行距離や飛行日数などその実態が少しずつ解明されてはきましたが、まだまだその多くは謎に包まれています。
監禁暴行虐殺を実態としたタコ部屋労働の恐怖 現場からは人柱の骨も
明治以降北海道開拓を主に存在したタコ部屋労働。 海のタコ部屋たる蟹工船とともに死者続出の過酷な労働環境が明らかとなり当時の日本を震撼させました。 噂の人柱もトンネルの壁奥から人骨が発見され現実に。 悪名高きタコ部屋労働とははたして何だったのか!
日本最強の戦闘機部隊アグレッサー ド派手塗装の機体が担う任務とは
航空自衛隊の主力戦闘機F15イーグル。そのパイロットの中から特に優秀な者だけが選抜され構成されるのが、空自最強の戦闘機部隊、飛行教導群(アグレッサー部隊)です。 ド派手な塗装の機体とともに日本全国の基地を転々とする彼らの任務や実像等を詳しくご紹介。
実在せぬ太平洋小笠原の幽霊島グランパス島 謎多きお宝島の詳細とは
現在の日本最東端は小笠原諸島の南鳥島ですが、明治から戦後に至るまでは存在しない中ノ鳥島(ガンジス島)が地図上では日本最東端でした。近代科学発達以前には多数存在したという実態不明の疑存島(幻島)。今回は日本近海の有名な疑存島、グランパス島をご紹介。


【セレクション】

【UC プラチナカード】は UC ブランドの最上位にランクされるクレジットカードで、2021 年 6 月にデビューした今注目の一枚です。
年会費は税込み 16,500 円とプラチナカードの中では割安なコストで所有でき、家族カードも1枚税込み 3,300 円とファミリーで所有しても低コストに使えます。
空港ラウンジコンシェルジュといったプラチナらしい贅沢な特典だけでなく、コロナ禍だからこそ使いたいスマホや PC などの端末補償やオンラインサービスの特典なども付帯された、豪華さと便利さを併せ持ったクレジットカードです。

◆おすすめユーザー◆
30 代以上の男女

ユーシーカード株式会社

【セレクション倉庫】(PC・タブレット での閲覧推奨)
有料無料を問わず【便利なモノ】【オトクなモノ】【珍しいモノ】などさまざまな商品やサービスがズラリです。宝探し気分でどうぞ。(数が多いためスマホでの閲覧はキツイかも…)


【自宅時間を有効活用】

【イードアワード受賞歴】
☆★こども英語教材 「小学生」顧客満足 No.1 
2018・2019・2021 年 受賞
☆★通信教育 「小学生タブレット」顧客満足度 No.1
2017・2018 年 受賞
☆★こども英語教材 「未就学児」顧客満足度 No.1
2019・2020 年 受賞

資料請求無料!
約 2 週間自宅でお試し《全額返金保証》実施中!

紙のように書いて学べ、お子さまを飽きさせない仕組みなどで利用者から高い評価を受け続けている、幼児・小学生・中学生 向けタブレット型通信教育サービス「スマイルゼミ」。
2022 年 4 月より幼児コース・小学生コースでは学年を超えて 学べる無学年学習[コアトレ]が加わります!

<特徴>

●すまいるぜみ幼児コース●
1. 小学校入学までに身につけたい、ひらがな、カナカナ、時計、数字、図形など 10 分野が学べる!
2. 大画面、専用タブレットで学ぶから、安心してお子さまにお使い頂ける!
3. 楽しみながら繰り返し学べる仕組みでお子さまが一人でもすすめやすい!

●スマイルゼミ小学コース●
1. 教科書準拠。5 教科標準配信!
2. 迷うことなく学習できるタブレットだから一人でもどんどん学べる!
3. 英語やプログラミングも標準配信!
4. 学習状況はスマホでいつでもカンタンに確認できる!

● SMIE ZEMI 中学コース●
1. 全 9 教科・全教材が個別指導式で最適に学べる!
2. 中学 3 年間の家庭学習を徹底サポート!
3. “ジブン専用” の定期テスト対策で 9 教科まるごと点数アップ!
4. “ジブン専用” の入試攻略プランで無駄なく志望校合格へ導く!

★無学年学習[コアトレ]とは?★
2022 年 4 月より幼児コース・小学生コースに搭載される、学年を超えて、先取りやさかのぼり学習ができる新しい学習スタイル。
幼児レベルから中学レベルまで、学びの土台となる「算数・数学」「国語」の幅広い領域を学習できます。
幼児コース・小学生コースの加入者は追加料金なしで利用出来ます。

〖スマイルゼミと他社タブレットの比較〗

株式会社ジャストシステム

TechAcademyジュニア
オンライン英会話「レアジョブ」


【外出不要チンごはん】

ベジ活スープ食

コメント

タイトルとURLをコピーしました