寝取られ女が後妻妾に大復讐!古き日本の有名な奇習うわなりうちとは

ひまつぶし系記事
スポンサーリンク

【はじめに】

数十人もの血気盛んな女たちが竹刀や木刀を手に大暴れ…

普通の男なら絶対に近付きたくない光景ではないでしょうか。

先日ある時代劇を見ていたら、古来より江戸時代まで続いていたというブッ飛びな風習【うわなりうち(後妻打ち)なるものが題材として取り上げられており、思わず口をアングリ見入ってしまいました。

なんでもその昔、旦那を寝取られた正妻や先妻が仲間を募り、妾(めかけ=愛人)や後妻の家へゾロゾロと “うっぷん晴らし” に行くという女だけの奇妙な風習があったらしく、それを【うわなりうち(後妻打ち)と言ったんだそうです。

そもそもの元凶たる夫や元夫は完全に蚊帳の外だったらしく、いつの時代も “女の敵は女” だということでしょう。

以前何かの番組で、

『この世で最も得体の知れぬ生き物は “オンナ” である』

と、どこぞの偉い先生がおっしゃってましたが、まさにおっしゃる通り。

その “得体の知れぬ生き物” たちが鬼の形相で大暴れする様は名だたる戦国武将たちもタジタジだったにちがいありません。

もっとも時代劇の中では乱闘中のポロリ “パイチラ” などを目当てに多くの男たちが身を乗り出して見物しておりましたが…

てなわけで、今回は平安時代より始まったとされる寝取られ女の復讐奇習、【うわなりうち(後妻打ち)なるものをご紹介。

スポンサーリンク

【うわなりうち(後妻打ち)】の歴史

観察するほどに不可解、かつ興味深い “オンナ” の世界。

【うわなりうち(後妻打ち)も時代劇などに取り上げられるだけあってなかなかに強烈な女の風習ですが、そう多くの史料が残されているわけではなく、細かな部分は伝聞や推測によるところも大きいようです。

数少ない文献の中で、【うわなりうち(後妻打ち)らしき記述が見て取れる最も古いものは、平安時代中期に《藤原行成(ふじわらのゆきなり)の記した日記、権記(ごんき)だとされています。

その内容はというと、1010 年、当時のボスである《藤原道長(ふじわらのみちなが)に仕えていたある侍女が、夫の愛人宅を約 30 人もの下女を引き連れ襲撃したというもの。

この侍女、よほど喧嘩っ早い性格だったのか、さらにこの 2 年後にも別の愛人宅を襲撃。

この二度目の襲撃については、ボス《藤原道長》がその日記、「御堂関白記(みどうかんぱくき)において直々に記しており、ここでようやく宇波成打(うはなりうち)なる言葉がお目見えすることとなりました。

【うわなりうち(後妻打ち)の風習はその後も武家を中心に鎌倉時代や室町時代へと引き継がれたようですが、別段 “禁止令” などが出された形跡がないにもかかわらず、なぜか江戸時代の初期(1600 年代前半)には自然消滅したとされています。

その根拠は 1732 年に完成したとされる「昔々物語(むかしむかしものがたり)なる書物の中に、それを類推させる記述があることによります。

う~ん…

だとすれば 1700 年代が舞台の時代劇に【うわなりうち(後妻打ち)が登場するのは矛盾してるってことなのか…

“武家の風習” としては見られなくなったものの、以下浮世絵のごとく一部町人たちの間ではホウキやシャモジを手にその後も長く行われていたのかもしれません。

歌川広重 作「往古うはなり打の図」 Wikipedia より
スポンサーリンク

風習としての【うわなりうち(後妻打ち)】

史料の少なさから、【うわなりうち(後妻打ち)】武家以外でも行われていたのかや、世間一般にどの程度浸透していたのかなどの細かな点はイマイチはっきりしていません。

ただ、当初は怒りに任せるがまま存分に暴れていた【うわなりうち(後妻打ち)】も、時代とともにやがては “ルール” や “手順” みたいなものが出来上がったようです。

前述の「昔々物語」によれば、江戸時代に入る頃にはもはや “復讐” というより単なる “儀式” のごとくなっており、武器も人命にかかわるような危険なものはご法度とされました。

“ゲームセット” も頃合いを見計らった第三者によって強制終了がかけられたようです。

「昔々物語」に記されているそのルールや手順は以下のごとし。

スポンサーリンク

「昔々物語」に見る【うわなりうち(後妻打ち)】のルールや手順 等

 攻撃側の使者が先方の家に赴き、攻撃日時・人数・武器 などを伝えて宣戦布告。

【うわなりうち(後妻打ち)】が認められたのは “旧夫が先妻を離縁したのち 1 ヶ月以内に新妻をめとった場合” のみに限られました。
すなわち旧文献に見られる 正妻 vs 妾 のパターンは江戸期前後におけるルールでは認められませんでした。

「離縁後 1 ヶ月以内」とされたのは “この短い期間に新妻をめとるのは婚姻中から浮気していた可能性が極めて高い” ってのがその理由だそうです。

 決行当日、攻撃側は仲間数十人とともに相手宅に押しかけ、台所を中心に家財道具をめちゃくちゃにぶっ壊す。

気分次第 ? だかなんだか戦闘パターンにもいろいろあったようで、“やられる側は基本反撃せず好きにやらせる”“双方武器を振りかざして組んずほぐれつの大乱闘” などなど。

 頃合いを見計らい、事前にたてられていたストッパー役の第三者が『ささ、もうここらで…』と仲介に乗り出してその場を収める。

…という建前にはなっていたようですが、ひとたび戦闘モードに突入したオナゴが『は~い』と素直に引き上げるなどまずありえないでしょう。

ほとんどの場合やめることなく叩いたり引っかいたりと心満たされるまで暴れ続けたにちがいありません。

あくまで個人的推測ですが…

何はともあれ、そこに元夫の介入する余地はまったくなく、メチャクチャに壊されゆく家財道具たちをただ指をくわえて眺めている他ありませんでした。

何人もの妾を囲い、一方的に妻を離縁できた古き日本の男性社会。

過激な大暴れが風習の一環として黙認されていたのも、そうした社会に生きる女性達のストレス解消のため、ある意味仕方なかったのかもしれません。

暴れるだけ暴れてスッキリしたオナゴ達は、おそらく団子やおはぎなどのスウィーツを囲みゴキゲン顔で頬張っていたことでしょう。

このあたりは貴殿のご家庭や職場のオナゴ達もさほど変わらないのではないでしょうか ?

スポンサーリンク

最も有名な【うわなりうち(後妻打ち)】、「亀の前事件」とは

蛭ヶ小島(静岡県伊豆の国市)の源頼朝と北条政子の像

ワタクシ同様、女性の凄まじい嫉妬と逆上に辟易したことのある御仁も多いかと思われますが、鎌倉初期のボス《源頼朝(みなもとのよりとも)氏に比べればその足元にも及ばないでしょう。

彼のカミさんの恐ろしさはまさに折り紙つきです。

【参考】

「平治の乱(1160 年)で敗れた《源頼朝》は、同年《平清盛(たいらのきよもり)によって伊豆へ流され、挙兵するまでの 20 年近くを蛭ヶ小島(ひるがこじま)で過ごしたと言われている。
その間に《北条政子(ほうじょうまさこ)と結婚もしている。
しかし、歴史的には「伊豆国に配流」と記録されるのみであり真偽のほどは不明。
蛭ヶ小島における発掘調査では、弥生・古墳時代の遺構・遺物のみで、平安時代末期の遺構は確認されていない。

Wikipedia より(一部加工)

菊池容斎 画 《北条政子》 Wikipedia より

《源頼朝》の妻《北条政子》《日野富子(ひのとみこ)と並び日本史における “強い女” の代表格とされていますが、その嫉妬深さもハンパなく、彼女の行った有名な【うわなりうち(後妻打ち)】「亀の前事件」

《亀の前》とは《政子》の目を盗んで逢瀬を重ねていた《頼朝》の愛人の名で、それを知った《政子》に鉄槌をくらわされたってのが当事件の概要です。

この時代の【うわなりうち(後妻打ち)】はルールなど存在せず、《亀の前》が囲われていた屋敷は《政子》の命により無残にもぶっ壊されたそうです。

その様子が詳しく記されているのが以下史料で、続きをお読みになりたい方は下の “タイトル” をクリックしてどうぞ。

【日本史蹟文庫 北条執権】 国立国会図書館デジタルコレクション より

多数の愛人を持つのがステイタスとされた武家社会において《源頼朝》の妾が少なかったのは、ひとえに妻《北条政子》に恐れをなしてのことだと言われています。

以下は北条一門の繁栄をつづった鎌倉時代の軍記、「吾妻鏡(あづまかがみ)に見られる《北条政子》の人物像についてを説明した資料から一部抜粋したものです。

ご参考まで。

《北条政子》は伊豆の豪族《北条時政》の長女として生まれた。
父、《時政》が流人である《源頼朝》の監視役になるのだが、《政子》《頼朝》と恋仲になってしまった。

彼女の恋愛観は一途なもので、《頼朝》のそれとは大きな違いをみせる。
一人の女性に縛られない京風の愛を求める《頼朝》に対して、東国育ちの《政子》は激しく嫉妬し、彼の浮気を責める。
互いに育ってきた文化の違いから生ずる葛藤であった。
《政子》は後に《頼朝》の愛人の家を壊すなど、感情をあらわにする一面もあった。

北条政子の生涯 (国立国会図書館デジタルコレクション)より一部抜粋 (一部加工)

【動画で解説】 詳しく知ろう「亀の前事件」

〖【鎌倉殿の13人】北条政子の「後妻打」〗

約 8 分
スポンサーリンク

最後に

奥様や彼女の嫉妬や逆上は恐ろしい限りでしょうが、それ以上に恐ろしいのは嫉妬や逆上すら一切されなくなること。

こうなりゃ夫婦なんてものはただの “同居人” に過ぎず、愛する奥様もどこかの輩とゴロニャンの可能性大です。

そして、そうした時期は意外にも早く訪れるのがこの世の常。

女心秋の空…

結婚生活に甘い未来を思い描く若き男児たちよ、

心してたもう。

スポンサーリンク



【オススメ記事】

楽しく簡単に収入UP 隙間時間はPCスマホでポイント&小遣い稼ぎ
アンケートの回答やゲームで遊ぶだけでポイントが手に入るアンケートサイトやポイントサイト。今回はその中から信頼ある「ちょびリッチ」と「infoQ」をご紹介。貯まったポイントは現金や電子マネー等に交換できます。空き時間をうまく活用してお小遣いGET!
江戸幕府公認の売春街遊廓 吉原の歴史他、人気遊女の太夫や花魁とは
ソープ街で有名な吉原。江戸時代に設立された幕府公認の売春街【吉原遊廓】がその起源で、日本文化の発信地でもありました。美貌・知識・教養に富み、日本中の男を虜にした太夫や花魁とははたしてどんな遊女だったのか。その実像と併せ、吉原遊廓の栄枯盛衰をご紹介。
隠密【江戸城御庭番】は忍者?徳川幕府の将軍直属諜報機関の実像とは
江戸幕府で隠密や警備として重用された伊賀甲賀の忍者。彼らとは別に将軍の命令のみで動いたスパイ組織が御庭番です。時代劇では忍者さながらの御庭番ですが実像実態はどうだったのでしょうか。今回は8代将軍徳川吉宗が設立した将軍直属の諜報機関「御庭番」をご紹介。
贅沢と確執で有名な大奥 女中の階級や収入等謎多き組織の実態や詳細
欲望、確執、嫉妬、が渦巻く男子禁制の女の園、江戸城大奥。将軍の跡継ぎを確実に得ることが大きな役割で、男では将軍のみが自由な出入りを許されました。奥女中達のボスは誰なのか?将軍の子作り相手は誰なのか?などなどベールに包まれたその中身を詳しくご紹介。
佐渡以外にもあった有名な大金山!鹿児島県山ヶ野金山の歴史や現状等
世界遺産への推薦が決定した新潟県の佐渡金山。日本最大の金鉱山として有名ですが、鹿児島県にもこれに匹敵する金山が存在していました。発見は鎌倉以前だとも言われ江戸時代には産出量日本一にも。今回は旧薩摩藩の財政を大きく潤した山ヶ野金山の栄枯盛衰をご紹介。
小野小町の晩年は乞食⁉ 美貌と逸話で有名な平安歌人の謎や伝承とは
世界三大美人の一人、小野小町。平安時代の歌人で百人一首にも登場する彼女ですが、出生から晩年までそのほとんどが明らかにされていません。老いた姿や死後のおぞましい九相図など美女とはかけ離れた絵も。今回はこの謎に満ちた美女、小野小町の諸説伝承等をご紹介。
昭和日本を代表する有名な船、宗谷 南極観測船以外の歴史や活躍とは
日本の初代南極観測船として有名な「宗谷」。戦前より、商船、海軍特務艦、復員船、引揚船、灯台補給船、とそれ以外の活躍も多数あり、数々の修羅場を潜り抜けた奇跡の船としても有名です。今回は昭和日本を代表する船「宗谷」の南極観測船以外の顔をご紹介。
過酷な勤務地と生活実態 観音埼に始まり女島に終わった日本の灯台守
人の寄り付かない険しい島や岬の先端などで船の安全を見守り続ける灯台。それを住み込みで保全管理する人々が灯台守です。過酷な自然と孤独な環境を余儀なくされ、適応できずに発狂死する者も。今回は灯台の起源や歴史と併せ、今は無き日本の灯台守についてもご紹介。
【小倉百人一首】読み札画像付現代語訳一覧&坊主めくりの遊び方動画
歌がるたや坊主めくりなど家族みんなで楽しめる小倉百人一首。元は鎌倉時代に編集された歌撰で、藤原定家が100人の歌人の優秀な和歌を一首ずつ色紙にしたためたものがその原型です。今回はその歌番号100番までの全てを現代語訳とともに読み札画像付でご紹介。
元日本兵小野田少尉も出身 旧陸軍極秘のスパイ養成機関中野学校とは
太平洋戦争直前、諜報謀略防諜の必要性から日本にスパイ養成機関が誕生。映画化もされましたが、旧日本兵がフィリピンルバング島のジャングルで発見され一躍有名に。彼はその姉妹校の出身でした。今回は小野田寛郎元少尉の人物像と併せ陸軍中野学校をご紹介。
監禁暴行虐殺を実態としたタコ部屋労働の恐怖 現場からは人柱の骨も
明治以降北海道開拓を主に存在したタコ部屋労働。 海のタコ部屋たる蟹工船とともに死者続出の過酷な労働環境が明らかとなり当時の日本を震撼させました。 噂の人柱もトンネルの壁奥から人骨が発見され現実に。 悪名高きタコ部屋労働とははたして何だったのか!
日本の村々に戦後まで存在した性の風習「夜這い」の実態を書籍に見る
性行為目的で深夜女性の部屋にこっそりと忍び入る「夜這い」。歴史的風習として戦後に至るまで日本各地で行われてきました。性犯罪とはまた違ういわば地域公認の制度です。今回はこの「夜這い」の何たるやと併せ、その実態をリアルに記した赤松啓介氏の書籍をご紹介。
場所はどこ?現状は? 日本に実在する売春島の真相実態をルポにみる
噂の「売春島」が本当に存在した。起源は江戸時代にあるものの、戦後来島した4人の女が置屋を設け、売春産業を大々的に立ち上げたのが事の始まりです。 が、時代の流れはあまりにも無情でした。三重県渡鹿野島の繁栄と衰退の歴史を人気書籍と併せご紹介。
昭和日本の有名脱獄王、白鳥由栄の天才的脱獄法を小説「破獄」に見る
網走等計4ヶ所の刑務所を次々と脱獄した「昭和の脱獄王」こと白鳥由栄。 驚異的な身体能力や頭脳を駆使してなされたその神業的な脱出劇はもはや伝説ともなっており、そんな彼の人生をモデルとした吉村昭著「破獄」はぜひ一度お読み頂きたいオススメの小説です。
貴重な書籍文献が見放題!国立国会図書館ならネットで検索&閲覧可能!
日本の図書館の総本山たる国立国会図書館。貴重な書物の宝庫として日々多くの人が訪れます。著作権等で保護対象のもの以外はネット公開もされており自宅PCでの閲覧が自由に可能です。今回は基本的な検索方法と併せ「国立国会図書館デジタルコレクション」をご紹介。


【セレクション】

【UC プラチナカード】は UC ブランドの最上位にランクされるクレジットカードで、2021 年 6 月にデビューした今注目の一枚です。
年会費は税込み 16,500 円とプラチナカードの中では割安なコストで所有でき、家族カードも1枚税込み 3,300 円とファミリーで所有しても低コストに使えます。
空港ラウンジコンシェルジュといったプラチナらしい贅沢な特典だけでなく、コロナ禍だからこそ使いたいスマホや PC などの端末補償やオンラインサービスの特典なども付帯された、豪華さと便利さを併せ持ったクレジットカードです。

◆おすすめユーザー◆
30 代以上の男女

ユーシーカード株式会社


【節約のお供に】


【自宅時間を有効活用】

【イードアワード受賞歴】
☆★こども英語教材 「小学生」顧客満足 No.1 
2018・2019・2021 年 受賞
☆★通信教育 「小学生タブレット」顧客満足度 No.1
2017・2018 年 受賞
☆★こども英語教材 「未就学児」顧客満足度 No.1
2019・2020 年 受賞

資料請求無料!
約 2 週間自宅でお試し《全額返金保証》実施中!

紙のように書いて学べ、お子さまを飽きさせない仕組みなどで利用者から高い評価を受け続けている、幼児・小学生・中学生 向けタブレット型通信教育サービス「スマイルゼミ」。
2022 年 4 月より幼児コース・小学生コースでは学年を超えて 学べる無学年学習[コアトレ]が加わります!

<特徴>

●すまいるぜみ幼児コース●
1. 小学校入学までに身につけたい、ひらがな、カナカナ、時計、数字、図形など 10 分野が学べる!
2. 大画面、専用タブレットで学ぶから、安心してお子さまにお使い頂ける!
3. 楽しみながら繰り返し学べる仕組みでお子さまが一人でもすすめやすい!

●スマイルゼミ小学コース●
1. 教科書準拠。5 教科標準配信!
2. 迷うことなく学習できるタブレットだから一人でもどんどん学べる!
3. 英語やプログラミングも標準配信!
4. 学習状況はスマホでいつでもカンタンに確認できる!

● SMIE ZEMI 中学コース●
1. 全 9 教科・全教材が個別指導式で最適に学べる!
2. 中学 3 年間の家庭学習を徹底サポート!
3. “ジブン専用” の定期テスト対策で 9 教科まるごと点数アップ!
4. “ジブン専用” の入試攻略プランで無駄なく志望校合格へ導く!

★無学年学習[コアトレ]とは?★
2022 年 4 月より幼児コース・小学生コースに搭載される、学年を超えて、先取りやさかのぼり学習ができる新しい学習スタイル。
幼児レベルから中学レベルまで、学びの土台となる「算数・数学」「国語」の幅広い領域を学習できます。
幼児コース・小学生コースの加入者は追加料金なしで利用出来ます。

〖スマイルゼミと他社タブレットの比較〗

株式会社ジャストシステム

オンライン英会話「レアジョブ」


【外出不要チンごはん】

ベジ活スープ食
【セレクション倉庫】(PC・タブレット での閲覧推奨)
有料無料を問わず【便利なモノ】【オトクなモノ】【珍しいモノ】などさまざまな商品やサービスがズラリです。宝探し気分でどうぞ。(数が多いためスマホでの閲覧はキツイかも…)

コメント

タイトルとURLをコピーしました